何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2015年04月04日

【作品紹介】エースくんのパパさまの、近鉄30000系ビスタEX+22600系Ace。「究極のショートスケール」

 以前、CADでの設計を紹介した作品がすでに形になっています。
 (おそらくですが)6月のブリックフェスタではこの作品に会えるのですね!

 元画像はこちらから(Flickr)
 ちなみにハイレゾな、綺麗な画像。撮影や編集技術も驚かされます……。


 先ずは30000系ビスタEXから。
 24ポッチ級の4両編成。同じレゴスケールでも32ポッチ級ともまた違った味が出てくるスケール。より鋭いディフォルメのセンスが要されますが、それだけに「密度感」が半端ありません。

 屋根はつるつる仕上げなのですが、ここはCADの印象よりも現物になってみるとより鮮烈。

 先頭車。前頭部はポチスロ横組で構成。滑らかに隙間なく。
 帯部分は1/4丸みプレートで流れは違うのですが、予想外に違和感がありません。
 違和感なしというと、ヘッドライト横の埋めがたい隙間。ここがなにか計算されたかのごとく「視覚的に埋まってる」。前面窓やヘッドライトを大きく見せる効果もありましょうか。

 下部標識灯のケースは0.5ポッチ張り出し。雰囲気が出るもの。
 スカートはちょっとゴツめ。これが「少し前の電車」らしさを強調しておりましょう。

 側窓は2x2パネルの横組+プレート1枚。窓密度が濃くなるとちょっと長く見えるメリットも。
 地味なところですが、行先表示器の1x1プレートがインパクト大、でしょう。

 車端部のVの字塗り分けは実車の印象と微妙に異なりますが、モザイク状の処理は「却って美しい」とも云えましょう。レゴという素材感が良い意味で顕れてると思うのです。

 二階建て車。
 展望窓のポチスロ処理は完全に定着した感がありますが、この車にもしっくり来ていましょう。
 改造で大きく張り上げられた屋根も美しい。ショートなボディながらも濃厚なボリューム感。窓から見えるブルーのシートも心地よい。

 中央のドアは目立つところですが、それだけに1/4ポッチ分の微妙な凹みの効果は大きい。強度やコストからドアは省略したい誘惑に駆られますが、しっかり造ると違うなぁ……。



 代わって22600系「ACE」。当初はビスタEX増結用の2両……とか聞いておりましたので、4両編成には驚かされるばかり。無論、4+4の「VA編成」8両もあり得るのでしょう。すごい迫力になるはず。

 先頭車。二箇所あるプラグドアが両方共開閉です! 腕は2本ですから強度も確保か?
 
 前頭部は垂直でありながら、実車の微妙な傾斜感・更には丸みが表現されているのに驚かされます。
 側面に回り込んだ正面窓の処理、またおでこの滑らかさ、更にはスカートの角度などが「傾斜感」を出しているのでしょう。
 丸み……は不思議なほど。カーブスロープ使ってるのはおでこ部分のみ。他は四角いポチスロなのにきっちり丸く見えるのです。

 正面窓は4幅分横組に対して、3幅分を窓に当てる。整合性を確保しにくい3幅横組はまだまだインパクトある手法と。30000系同様前面窓上には「隙間」がありますが、此処が視覚的に「埋まってる」のも同様。

 中間車のうち1両。動力車。
 貫通幌に受光ユニットを埋め込む薬師山方式。これは現場でチャンネルの設定・確認ができるし、受光も確実とよいとこ尽くめ。

 ドアはやはり開閉。1x1ブロッククリアを贅沢に?使った縦長窓が鮮烈です。
 側窓廻りのダークブルー、車体のオレンジとの寸法比率というか塩梅がまた絶妙。重すぎず軽すぎず。実車の魅力を引き出しきっておりましょう。
 屋上機器はごつくも見えスマートにも見え。絶妙なバランス。パンタ廻りのヒューズ箱なども見逃せません。



 両者に共通するのは、ショートスケールに最大限に詰め込まれた技術・パーツ・そして心配り。
 「究極のショートスケール」と称しても過言ではありますまい……。



 「エースくんのパパ」様の作品。現状でこの並び。「伊勢志摩ライナー」に「ビスタEX」、「ACE」。

 さて、これに確実に?加わりますのはmazta-k氏の既存作「しまかぜ」

 拙作は旧ビスタカー10000形、新ビスタカー10100系が加わります。あと12200系も製作中。
 「近鉄特急」は近い将来の歴代・全形式制覇も叶うんじゃないか……? と思わさんばかりの充実となってきました。先ずは、運転会などでの「特急銀座」を満喫したいものですね。
 
posted by 関山 at 21:52| Comment(1) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
親子でスキルがあがっていくのが見られるというのもおもしろいですね(^^
ある意味、競作というか。
Posted by かう゛ぇ at 2015年04月05日 09:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック