何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2015年03月18日

【作品紹介】シャチ(bikkubo)様のDD51 大改良。フルスケールの良さ。

 ディテールなど画期的な要素は多かったものの、実物比で長すぎる印象は否めなかったシャチ(bikkubo)様のDD51が改良されています。これでほぼフルスケールでしょうか?


 目を引くのは前面手すりとフロントエプロンの表現でしょう。省略無く重厚に。
 連結器及び左右のバー表現はなかなか効果的。今は独立タイプのマグネット入手しにくい問題がありますが……。トレイン用ではなく汎用のフォルダ使うと表情も変わってくるもの。フロントエプロンそのものは台車マウント故に走行上での問題も無さそう?

 白いステップもインパクトあり。

 ボンネット側面のディテールとして、水平方向の手すりよりも垂直方面の継ぎ目の方を強調しているのはユニーク。この継ぎ目表現で4幅ボンネットながら、「痩せて見える」問題から解消されています。隼氏とは違うアプローチです。

 フルスケールのメリットですが、2-B-2の車軸配置が無理なく再現できてるのも大きい。特に床下の燃料タンクを省略せずに済むと。


 このアングルからでも、バランスの良さが窺えます。意外と細長く見える実機の印象に近いと云えましょうか。キャブ窓は妻面・側面とも大きめなので明朗な印象。ここも表現の割れる部分ですね。

 ところで、PowerFunction機器は何処に収まってるのでしょう(笑)。
 受光ユニットキャブ内なのは分かりますが。電池はやはりボンネット内?

◆◇◆◇◆◇◆


 やはりDD51は製作者ごとの個性・解釈が別れ、面白い題材ですね。
 「なんでも牽ける」「何を牽かせても様になる」「1960年代前半から現代までのあらゆる状況に対応可」と使い勝手の良い題材でもあります。
 そして意外と豊富なバリエーション。さて……だれか1号機とか初期型(2−16号機)とか、はたまたユーロ専用機とか手がける方おりませんか(笑)。
 
posted by 関山 at 22:37| Comment(1) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おお、すごいスケール感です!車体を短くしたのに、TR101Aの台車があるのがすごいと思います!自分も今DD51の北斗星色を8幅で作っていますが、TR101Aの左右変動機構に一番悩みました。(二段階左右変動機構で解決しましたが...)こんなに小さい車体を9Vモーターで無くPF機器で駆動している点など、参考になります。ボンネットを太らせるため隼さんはタイルをボンネット側面に貼っていましたが、どちらの方法も太く見えて、DD51の太いボンネットの再現方法としてはいいと思います。

旧型連結器、やはり希少になってきていたんですね。購入したいと思っていたので残念です。
Posted by tomy at 2015年03月18日 22:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック