何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2015年02月12日

【作品紹介】隼様のDD51 JRH仕様重連完成「6幅も、また凄い!」

 以前cadを紹介した、隼様のDD51 JR北海道仕様(北斗星仕様)の重連が完成しています。
 この作品は先日の札幌トレインオフで展示・走行されたものの、他の隼氏作品走行が優先であまり出て来ず撮影機会を逃してしまってたもの。
 あの催しではK氏の8幅のDD51(JR貨物更新機)が目立ち、迫力と好プロポーションで8幅の威力を晒しつけておりましたが。

 さて。
 こうして隼様の作品も再見いたしますと、「6幅もまた凄い!」と思わされるのです。


 6幅でありつつボンネットを「太らせて」いるのが隼氏のDD51の特徴。
 これで6幅のDD51で起こりがちだった「ボンネットが4幅では痩せて見える。DD51らしい力強さがない」という問題が解消されています。スマートさも力強さも、共に感じられましょう。

 秘密はレール付きプレートの駆使。そしてタイル貼り。
 ボンネット前端でも巧く使われています。

 全長は40ポッチ。ここにPowerFunction機器一式と省略のない「B-2-B」の車軸配置を収めています。
(上の写真では前の機関車が重連用ダミー)
 凸型機関車へのPF搭載は大変難度が高いものなので、よくぞ収めきったと。

 前面窓は1幅横組み。精密感有り。側窓も2幅分の横組みです。
 台車は中間台車が内側軸受自作台車なのが外見上動台車との差別感が出ているのですね。


 フロントエプロンはスノウプロウも含めてぎっちりパーツ並ぶ。前部手すりは一体部品ですがこれはこれですっきりするメリットが。あと白いバーの手すりが精細感盛り上げる。
 細めの前面窓はやはり引き締まりますね。


 カーブ通過状態。中間台車は左右スライド。動力台車は自作台車枠です。自作台車枠はもう少し「盛る」か通常台車枠+装飾の方が、意外と重量感のあるDD51の台車っぽく見えるかも知れませんが如何でしょうか?

 また、右手ボンネット上の受光部分からpf機器の搭載位置が推し量れましょう。


 重連で大カーブでの列車牽引イメージ。取り敢えずの?気動車用スハネフですが違和感なし! これで既に十分な迫力に存在感!
 これがガチな「北斗星」「トワイラ」「はまなす」ならさぞや盛り上げることでしょう。青いスハネフやスハフ、或いはマヤ34なども何時か製作予定に入れてほしいなと思う次第です。

 また、このディーゼル機関車の流れで、DE10やDE15、DD16やDE50などの展開も考えられることでしょう(DE10やDD16ではボンネットは膨らませないほうがそれっぽい気はしますが)。DD51だって仕様やカラーのバリエーションは大変に豊富です。国鉄時代にユーロ専用機、各種更新機、あとは1号機……。

 見慣れてる? 国鉄型液体式ディーゼル機関車もまだまだ作品作りこみの余地は残されておりましょう。
 
posted by 関山 at 21:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
6幅ディーゼルに心が揺らぎます。隼さんのDD16やらDE10に少し期待しちゃってます。
Posted by tomy at 2015年02月13日 00:09
実車は、今なお活躍する国鉄の名作の1つで、ディーゼル機関車と言えばコレと言う方も多いのでは?
他でも拝見した隼さんのDD51ですが、何度見ても惚れ惚れ。実物を見られないのが残念。
6幅でこの表現は画期的ですし、フード先端の表現もシンプルなのに実車の再現が出来ているところもポイントですね。レゴでトレイン系作ると、前面が平板になりがちなのにこれで表情が豊かに。
歴史に残るDD51。実車もこの作品も。
この作品のフォルムはそのままに、親しみのある原色を作って手元に置いておきたい位です。
Posted by taizoon at 2015年02月15日 01:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック