何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2015年01月14日

【ヒント・アイディア】レゴモーター各種の比較サイト「LEGO(R) 9V Technic Motors compared characteristics」(Philo氏)



 taizoon様から教えてもらいました
「LEGO(R) 9V Technic Motors compared characteristics」
 Philo様作成。

 レゴの電気系が9Vになって以来のモーター各種の性能比較。小はマイクロモーターから大はNXT用モータまで。マイナーどころでは教育用のみのPF-Eモーターまで!
 気になるトルクに回転数(等)を計測しています。

 トレインに限らず、テクニック等電気系を触る方は必見の内容ですが、ここではトレイン的に興味深い部分を観ていきます。


 以前も指摘されていましたが、9V/RC/PFの各トレインモータは属性が異なります。
 トルクではPF>9V>RCの順であり、2006-2009年規格のRCトレインのダメさが際立っていましょうか。

 また、ホライゾンエクスプレス用いての比較画像で、同じ編成を9VとPowerFunctionで両方走らせて比較した場合、PowerFunctionのほうが明らかにパワー的余裕あった事例を裏付けています。、

 トレイン自作動力で使われることの多いPF-Mモータとその後に出てきたPF-Lモータですが、そのトルク差は 1.7倍にも及びます。寸法差異が少ないがためPF-Lモータの実力って量りかねる部分がありましたが、実際に測定してみると違いは明らかなのですね。
 自作動力車輌で牽引力が欲しい場合、Lモータを選ぶべきなのでしょう。

 なお、XLモータのトルクはとてつもないことになってます(Mモータの4倍!)。大きすぎて使いにくい印象はありますが、一度あの大トルクは使いこなしてみたい……と思わされますね。

 細かいところは……正直、わかりません。
 でも、知っている方が読んだら興味深い資料と思うのです。
 
posted by 関山 at 21:21| Comment(1) | TrackBack(0) | ヒント・アイディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
レゴトレのイベントで、「レゴの電車用部品って有るんですか?」と、よく驚かれすまが、このページ見て「レゴのモーターってこんなに有ったのか!」と自分が驚かされる番でした。
手持ちの小型蒸気をMモーターからLモーターに換装して、どこまで差が出るか試してみたいと思います。
トルクは満足していても、自重不足で空転って事も有り得ますので。

Posted by taizoon at 2015年01月15日 08:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック