何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2014年12月12日

【鉄道作品日本形】近鉄12200系。製作中。夢の広がる?汎用特急車

 仕様などは本決まりなので、「試作中」ではなく製作中。

 12200系は近鉄で一番量数の多かった特急車。1969年からの製造なのでやや古い電車ですが、更新を重ねてまだ結構な数が健在です。2両から10両まで柔軟に。他形式との混結もこなす。
 デビウ当時は相方が新旧エースカー(10400/11400系)だったのに、今は「ACE」とペアを組む。
 デビウ当時は新ビス(10100系)の増結に回っていたのに、その先は30000系ビスタIII世……ビスタEXに。

 長寿と大所帯が様々な組み合わせを作ってきた形式。地味ながら名車と言えましょう。

 その長寿ゆえに色々形も変わっていますが、制作の設定年代は1970年代。原型です。汎用車もこの当時は「豪華な新造車」であったのでした(近鉄初のリクライニングシート等)。


 正面から。12200系原型の特急表示は丸に翼が生えたような形状。昨今の爪部品が再現を可能にしました。
 左右にわかれた行先表示板も原型の特徴。子供の頃には「まるで外国の電車のように」エキゾチックに思えたものです。ナハネフ23とともにお気に入りの顔でした。
 テールライトの表現は迷いましたが、行先表示板の真下にプレートちらりで。

 なお、前面は微妙な折妻形状と解釈し、後退角をつけています。
 0.25ポッチほどの後退角で、貫通幌部分は0.5ポッチの張り出し。12200系列は綺麗に貫通幌を隠しているのですが、さすがのそのケース部分がちょっと飛び出していますので。


 真横から。全長33ポッチ。綺麗にドア2箇所・窓が5個・車端のトイレが収まりました。
 台車は撮影用の仮です。

 今回は形状のシンプルな制御車ク12300からの制作。相方の電動車モ12200は窓割りがちょっと面倒そう+すごく楽しみ! ではあります。なにせ「あれ」がありますからね。


 特筆することはない……と申したいのですが、ダークブルーを湯水の如く消費していきます。取り敢えず2両編成作り、今後2+2の4両などへの展開を考えてはおりますが。

 新ビス10100系もA+Bの6両編成考えておりますので、計画完了時には10100系と12200系を組み替えて「柔軟に」近鉄特急ごっこができるようになるでしょう。
 無論、関西方面で製作中/製作予定の30000系や22600系との組み合わせも有りましょうね。

 汎用車であるがゆえの夢、膨らみます。
 
posted by 関山 at 23:57| Comment(3) | TrackBack(0) | 鉄道作品(日本形) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
関山さんに先を越されました(^o^)
でもお手本があると作りやすいです。
自分のは現行形にしようかな
Posted by 薬師山 at 2014年12月13日 13:11
この時点で十分に特徴を掴んでいますね。楽しみです。 
こちらは今日久しぶりに12Vトレインへ電気を通しましたよ。
定期的に目を配ってやらないと渋くなってしまいますからね。
Posted by yonenaga at 2014年12月14日 01:02
◆all
 その後モ12200も車体完成。なんとか2両に目鼻がついた感じ。
 モ12200初期車のスナックコーナー周りの窓表現はやや苦戦しましたが。

◆薬師山様
 そういえば薬師山様も狙われておりましたねこの形式。
 でも、量産された「汎用車」故にエースくん父子も含め、数が揃っても面白そうな気がします。12200系だけが3本くらい並んだらそれはそれでリアルな情景じゃないでしょうか(笑)。
 そんなわけで、薬師山様の作品も楽しみなのです。

◆yonenaga様
 お久しぶりです。また、ご評価ありがとうございます。
 前面貫通型で2両編成の特急……地味に見えて、意外と濃ゆい電車なんですよ。特徴は掴めたと。

 12V、ウチのはちょっと通電してない。一度「虫干し」したほうが良いのかも知れません。
Posted by sekiyama at 2014年12月15日 05:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック