何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2014年12月08日

【レゴ製品】新シリーズELVES、未公開の画像(#41074と#41075)。Friendsとの片乗り入れ関係。

 情報源はThe Brick Fanより。


 Azari & The Magic Bakery (41074)
 炎の精霊の娘はSNSを炎上させるのではなくてパンを焼くのが仕事という設定が面白いです。それにしてもレゴで「パン屋」って一体幾つ目? 1974年に1点あって、あとは2010年代入ってからかしら(ウインター系とFriends)。fabulandにもあったような?
 
 閑話休題。看板部品の黒が、入手しやすそうなレンジの製品に入るのはありがたい。
 建物自体は簡易なものですが、山小屋系のクリエイターと組みわせて拡張は面白そうな気がします。
 カウンター部分に使われてる、パールゴールドの新形柵部品も注目! 今後女児向けにガンガン使われそうな? 雰囲気ではあります。


 箱。溶岩でパンを焼いてるって設定でしょうか?
 CONFIDENTIAL版と製品の仕様は大きく変わっていませんが、箱デザインやロゴデザインは変化あり。右手のイメージイラストがより写実的になった感じ。ロゴも線が増えてゴチックな感じを強調?


 LEGO Elves Treetop Hideaway (41075)
 ツリーハウスの隠れ家。おいでよ妖精の森(いい加減深夜アニメから離れろよ自分)。
 
 左右対のデザインなのですが、残念ながら折りたたみ式ではありません。
 ただ、完成度というか雰囲気は悪くないか。パステル系とダーク系の混ざった色使いが凄い組み合わせでありつつ、破綻してないのが凄い。

 この製品にも例の新型柵パーツが使われています。サンドグリーン。「探偵事務所」には間に合いませんでしたが、デコラティブなのでモジュールビルにも似合いそうな部品ですね。

 さて。ミニドールは土の男の子と、炎の女の子。そして、普通の人間な女の子!
 CONFIDENTIAL版の画像も見なおしたら彼女は居ましたので、このシリーズのコンセプトは「普通の女の子が妖精界にいっいちゃいました。てへぺろ」ってことが分かります。
 
 露骨なまでに「Friends」との相互乗り入れ(いや、片乗り入れか)は既定路線のようなのでした。
 しかし、地味な女の子ですよね。Friendsのいつものキャラより「地味子オーラ」が強いです。穿った見方ですが、Friendsの「明るい西海岸ノリ」へのアンチテーゼがElvesなのかも知れません。



 世界観のイメージ。どうやら右手のΦ4プリントレーダーディッシュの部分が異世界ゲートと思われます。

 Friendsとの乗り入れという予想外の展開を見せてくれた新シリーズ。
 ディズニープリンセスに次ぐ三本目の矢にはなれるのでしょうか……?
 
posted by 関山 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック