何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2014年11月21日

【作品紹介】sato様のEF81。8幅の「誘惑」……。

 もはや全国で競作されてる感のあるEF81のトワイライトエクスプレス仕様(以下「トワ釜」)ですが、もう一つ新作が造られている模様。8幅で2M仕様。ライト点灯。
 色は現状通常緑ですが、将来的には濃緑にする予定とか。
(製作者から頂いた情報・画像です)

 無論、トワイライトエクスプレスの合同プロジェクトとは別の規格であり企画。
 人気題材ですし現状話題の列車でもありますから「競作」は却って望ましいこと。


 前頭部。この題材が基本的に8幅向けであることを深く感じさせます。
 以前にりゅうせん様の8幅EF81が存在しましたが(2013年JAMに出展)、8幅だとEF81の難易度を上げる太めのセンターピラーも、微妙な丸みというか角度も難なく再現できてしまう。
 前面窓も6幅スケールだと2幅横組は大きく見えて違和感がありますのに、8幅だとちょうどよく見える。

 隅の丸みの表現は良い感じ。前面側に「隙間」は空きますが、電機の前面は手すりやスリットなど賑やかですからそれほど気になりません(ダークグリーンにしたらもっと目立たないでしょう)。
 特に目立つ真ん中の2ブロック分横組は綺麗にカバーしておりますし。

 あとヘッドライト・テールライトの位置に大きさも8幅の有利さを感じます。

 連結器はテクニックパーツに市販のネオジム磁石を取り付けたものとのこと。この手法もありでしょうね。ただ、連結器外見はもう少し改良の余地がありそう。
 胴受廻りの重厚感はトワ釜の強化された緩衝器の表現になっていましょう。
 ヘッドマークは……「試運転」仕様とは芸が細かい。ただ、旅客会社所有のカマに「JRF」はご愛嬌でしょうか(笑)。
 
 それにしても、重量感やら、或いは「狭軌感」は十分な誘惑です。


 側面。雰囲気というか迫力は出ています。
 ただ、ここは未だ調整中というか発展途上な感じは否めません。8幅ゆえの「リアル」さはありますから、サイドはグリル部分も横組にして、大きな横長のグリルが7枚並んだあの雰囲気が再現できるのじゃないかと思う次第です。
 中間台車も発展途上……でしょうか? 大きさはありますからカーブ対応の左右遷動機構は難なく組み込めそうです。あと、8幅ですから台車枠の自作も考えられましょうね。

 8幅には使用パーツ量やそれに伴うコストという問題はあります。しかし、迫力やらバランス感、突き詰めればディテールも6幅を凌駕してしまえるスケール。

 可能性を感じさせられる、ちょっと誘惑さえもある作品です。

(……いや、流石に自分は6幅にはこだわりますが。小ささや密度感が好きなのです)


 バランスの良さというか、微妙な狭軌感(=リアルティ)がわかる真正面。
 鉄道模型ではどのゲージでもレールや車輪、軌間のオーバースケールが大きな問題。狭めの軌間と大きめのスケールはその解決策でもありましょう。
 

◆◇◆◇◆◇◆



 比較の意味で、りゅうせん様のEF81。2013年のJAMより。
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=533273

 同じ8幅メリットを生かしておりますが、作品の方向性はちょっと違う? 8幅も深いものです。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご紹介ありがとうございます。側面は、縦組みか横組か悩んでいますが、横組みにすることにしました。
また、中間台車は、どうするかは未定です。ただ、足回りはもう少し工夫したいと思っています。
連結器に関しては、旧型の連結器(〜2006)を使用したかったのですが、客車をけん引できる力があるのか心配でしたので、このような形にしました。ある程度のけん引力が確認され次第、変更する予定です。現在、グリルパーツの全面部分は、タイルにします。
他のカラーでの代用部分が多いので、色は早く統一したいと思っています。
その際は、カンザンブリックでの注文を予定しております。どうぞよろしくお願いします。
ただ、色の統一を含め、落成は3〜4月ごろになると思います。
Posted by sato at 2014年11月22日 08:45
確認したら旧型連結器でも大丈夫そうです。
Posted by tomy at 2014年11月22日 22:18
前面隅の丸みなど8幅のメリットが活かされて、機関車らしい迫力を感じられますね。
前面の隙間は現状でもそれほど気になりませんが、%3176半円形プレート(濃緑は供給あまり良くないですが)が使えましたら埋められそうです。
客車も8幅で作られるのでしたら、コストは掛かりますが内装を作るとしたら大きな利点になりそうに思いました。
Posted by Mugen at 2014年11月23日 18:06
◆sato様
 8幅だとディテールとか表現も高度なものが求められますから、サイドの横組は効果上げると思います。
 足回りに凝りやすいのも8幅のメリットですよね。
 
 現状代用部品が多いとのことですが、うまく雰囲気は伝わっていますよ。完成形が予想できる感じです。

◆tomy様
 連結器の磁石、それなりに力はありますからね。分離するときって極端に走行抵抗が大きすぎるとき位の印象です。

◆Mugen様
 前面隅の丸み、あれは8−10幅の特権でしょうね。
 半円つきプレートは同感です。確かに今は濃緑ありますよね。
 
 8幅で内装付き客車……それはいろんな意味で凄い。ただ、コストだけじゃなくて重量にも留意する必要出てくるかもしれません。8幅の難しさは「どんどんかさむ重量」との戦いでもあります。
Posted by sekiyama at 2014年11月28日 02:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック