何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2014年11月07日

【イベント】立命鉄研のレゴトレイン展示レポート(エースくん父子の写真より)

 ……気になる、あの新作がいっぱい!

 「エースくんパパ」様より写真を頂いておりますので、「エースくん」「エースくんパパ」中心での記事に致します。

 「近鉄特集」。23000系「伊勢志摩ライナー」と、50000系「しまかぜ」。そしてエースくんの作品8400系通勤車。
 8400系というのは奈良線用の通勤車8000系の亜種。近鉄最大の両数的グループとなっていました。いわば一番近鉄電車っぽい近鉄電車のひとつ。
 
 通勤型が入ることで世界観はぐっとリアルに引き締まる。現場では鉄研会員にえらく好評だったそうです。

 蛇足。東からも応援してます。10100新ビスはまずA+Bの6両編成にするぞ!

 閑話休題 真正面より。世界観が揃うと心地よいものです。左にいる流線型(#60051顔)は……21000系? とでも思い込むことにしましょう(笑)。
 ところで、8400系の標識灯が左右色違いなのは……近鉄特有の標識灯の種別による片点灯の表現なのですね。「快速急行」は両方、「急行」は片方のみ……でしたっけ?

 側面より。駅周辺をこの角度から撮っても様になるのですね。8400系と伊勢志摩ライナーの並走でしょうか?

 準備中。8400系のドア表現の細かさ。そして省略無く表現された交差式パンタグラフ。側窓の大きさも気になりません。

 複々線を快走! 奈良線大阪線の併走区間のイメージか。

 そして、改めて前面の再現度の高さに驚かされる。凹んだ貫通扉と埋込み型の貫通幌は高度なビルド。
 その上には飛び出した形状の後付の行先・種別表示器。お世辞にもスマートではないのですが(笑)、近鉄らしいパーツです。雰囲気を出しています。
 スカートも近鉄っぽい形状ですね。ただ、左右の1x1ブロックは黒にして、スカートだけが灰色で浮き出た感じのほうがイメージは近いかもしれません。

 エースくんのパパ作の、伊勢志摩ライナーも負けず。以前先頭車のみの完成でしたが今回は4両編成化。インテリアの再現まであるとのこと。前面の半ポッチずらしによる流線型は今なお使える手法ですね。ドア開閉も装備しているようです。

 別途ツイッターからの写真です。想像以上にスマート。そして大窓のコンパートメント車のインパクト! インテリアが見えるのもわかりましょう。

 近鉄特急というジャンル、一気に開発された2014年。その象徴たる作品。

  鮮烈なる、イエローパワー!
 「エースくん」のもう一つの大物は新幹線923形。現行の「ドクターイエロー」。
 700系由来の難易度の高い形状ですが、うまく作りこなされています。ヘッドライト周りの組み方は結構複雑。側帯もきちんと斜め処理を行なってます。

 窓の少なさ・小ささによる特異な感じもよく出てる。パンタ周りや屋根上のパターンも印象的。
 
  薬師山氏の0系と。新幹線の複々線というのは未だ実現しないものですが……。いつかどこかで叶わないものかしら(東京〜品川とか、新大阪〜鳥飼基地みたいな短距離であっても)。

 ヤード全景。時間帯によって並んでる車輌変わるので、雰囲気もまた変わる。
 どうやら0系とETR300が本線走行中の模様。後者は最高速度200km/hなので0系並みの速度では走れたのです……活かす場面は少なかったようですが(笑)。
 103系は小ネタ顔つき。混色の5両編成もリアルといえばリアルです。

 dyson氏のキハ85。先頭車同士で留置されてるのは増結車の待機中という趣。
 そして貨車もいっぱい。世代違いのタンク車が5両づつ見えるのですが、これを纏めて牽引させたら楽しかったことでしょうね!

 あとはやっぱり「渡り線」。機能も良し、見た目も良し。
 「大カーブ」「大アーチ」と並ぶ、今回のインフラ系立役者の一人といえましょう!

<オマケ>


 薬師山様より。やっぱり行われていたお約束の「大山崎」(笑)。新幹線と阪急京都線の併走区間。
 まぁ……あの併走区間は直線なのでちょっと雰囲気は違いますけど。

 ちなみに、1970年代なかばなことですが夕方の下り電車で阪急が新幹線をブチぬく運用があったという都市伝説が(笑)。無論、新幹線の減速運転に拠るものですけど、それでも特異事例でしょう。
 
posted by 関山 at 03:58| Comment(2) | TrackBack(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
直線なのとあわせて細かくつっこむと新幹線と阪急の位置が逆ですね(^^;
梅田レイアウトで高架の直線でやるとよりそれっぽいんですが。
Posted by かう゛ぇ at 2014年11月07日 15:36
◆かう゛ぇ様
 まぁ、そこは言わないお約束で。雰囲気というかお約束の実現はできてる訳で。でも、この勝負は見たかったなぁ。
Posted by sekiyama at 2014年11月16日 04:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。