何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2014年10月21日

【ヒント・アイディア】1モーターで全軸駆動。Adiemus様のアイディア

 ツイッターより。


 
 全軸駆動の動力ユニット。恰もNゲージの動力ユニットの如し。
 どこにPowerFunctionの機器類(電池ボックス及び、PF受光器)を置くのかという疑問が生じますが、上面処理次第でドライブシャフト上にも置けますね。

 全軸駆動のメリットは、牽引力の確保
 同じ出力でも、駆動軸数が増えると牽引力は増します(何か公式とかありそうな気がするのですが……)。Mモータ1基でも、2軸駆動よりは4軸駆動の方が当然パワーは期待できる。

 無論、ボギーの鉄道車両なら「Mモータ2基使用」とか「トレインモータ2基使用」とかの「力」でゴリ押ししちゃう手もあります。しかし、モータ個数を変えずに駆動軸数を増やすという「技」ってすごく新鮮です。無論、複雑なギアトレーンには効率を下げる懸念もあります。しかし、レゴテクニック系の精度的にはこの程度のメカなら機械効率は許容範囲……?

 上手くいくかどうかは分かりませんが、PFならではの技術的チャレンジは非常に興味深いものです。

 あと、このアイディアは電車だけではなく、電気機関車や(箱型の)ディーゼル機関車にも使えましょうね。どこまで全長を詰められるかも、検討課題になりそうです。
 
posted by 関山 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒント・アイディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック