何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2014年09月29日

【イベント】立命鉄研のレゴトレイン展示予定(11月1-2日)/大きなアーチ!

 去年も盛り上がった、立命館大鉄道研究会の展示予定が決まったようです。

 情報源こちら:立命鉄研 学祭2014開催のお知らせ

 日時:11月1〜2日(土・日) 12:00-17:00
 場所:立命館大学びわこ草津キャンパス(BKC) リンクスクエア1階食堂
 レゴトレイン展示がありますのは京都ではなく草津キャンパスですので注意が必要です。但し、それなりの面積を融通してもらっている模様ですね。去年も大曲線での複線とか、面積生かした迫力ある運転が見ものでした。

 そして、今回の目玉になりますのは国内で4事例目(自分が知る限り)のアーチ大屋根。


 なんと、PFの標準カーブレールを芯材に使うという大胆、大規模さ。
 拙作BFT2008版では4.5Vレールを3本のみ使う。先の梅田展示用ではナローカーブレールを3本。

 こちらは標準カーブを8本+直線レール1本! 規模が違います……。この規模のものは世界的にもそうそうありません。
 見たところ、長さの方も相当に期待が持てそう。


 こちらは中身。現代のDBAG仕様での近代的・現代的な駅作り。3面5線を予定とのこと。画像の2面以外に小規模な1面を加えて。ICEとかTGVの長大編成が絵になりそうです。
 
 そして、その前後には例年通りの「大曲線」も加わることでしょう。

 俄然、楽しみになって来ました。
 秋の目玉になること、間違いありません。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
2014って入ってるところがポイントですよね(^^
ただアーチを作りましたっていうのとは違って、ちゃんとデザインされているところにセンスを感じます。
Posted by かう゛ぇ at 2014年09月30日 08:27
早速ご紹介ありがとうございます。
後輩のdyson氏との共同出資で製作をすることになりました。
ブログに実物の試作写真がありますので、ご覧下さい。

ユニットごとに独立しているので、長さの調節ができるようになってますし、輸送も簡単になっています。結構頑丈でちょっと押しても倒れないです。

DBの小物も現在製作中です。できましたらまたブログに上げたいと思います。

>かう”ぇさん
ありがとうございます、白だけではやはり物足りないと思ったので...
最初はRITSUMEIKANロゴを入れたのですが、雑になったので、
汎用性の高いLマークと年号を入れることにしました。

Posted by mazta-k(マツタケ所長) at 2014年09月30日 20:26
mazta-kさんのブログも拝見しましたが、CADより写真の方がスケールの凄さが分かりますね。写真、二度見、いや三度見してしまいました。
駅構内もとっても良い感じ。こんなのを公式セットで出して貰えないものでしょうかね?
緩曲線も去る事ながら、JR西風の駅に留まらず、この手の駅もmazta-kさんのお得意分野。車両だけでなくストラクチャーもしっかりな所、見習いたいです。
立命にもお邪魔して、是非とも実物を拝見したいと思うところです。
Posted by taizoon at 2014年10月04日 20:36
◆かう゛ぇ様
 2014って文字とロゴが最高にクールですよね。展示物の見栄えわかってる感じがします。

◆mazta-k様
 現物試作・製作中を拝見していますが、スケール感が喪失してきそうです。
 輸送・保管の配慮もなるほどと。

 ロゴはマークと年号、これくらいがシンプルで良いですよ。

◆taizoon様
 現物写真。すごいですよね。
 駅構内の小物類もさり気なく得意ジャンル……。良い感じで指標になってると思うのです。

 完成が楽しみです。
Posted by sekiyama at 2014年10月22日 14:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック