何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2014年07月17日

【実物鉄道】ロシアの新型路面電車の理想と現実

 その文字通り、前衛的なデザインが話題になってるようです。一例として。

ロケットニュース:
「世界が嫉妬するレベル! ロシアの路面電車がぐうの音も出ないほどカッコイイ!!」
(画像多数あり)
 

 すごく格好いいのは認めますが……。
 素朴な疑問。ロシア人にこれって、維持できるんでしょうか?

 自分がモスクワやサンクトペテルブルグの路面電車(いわゆるタトラカー)を見た・乗った印象から申せば、この新型電車を使いこなすのは、路面電車事業者の内部から革命しなきゃいけないと思います(笑)。

 まず、あいつら。路面電車を使いきりの鉄クズ程度にしか思ってない。
(これに比べりゃ、JR束の「走るンです」なんて上等なもの)
 日本や欧米の感覚では理解できない整備不良の電車がごろごろ。10年もたってない電車がガタガタ。台枠さえ垂れ下がってる。もともと安普請な上に整備が宜しくない。
 あと、内外がロクに清掃されてない。中も外もサビとホコリまみれ。
 
 従事者の意識が低いというより、整備への十分な費用が掛けられてないんでしょう。
 こんな体制のまま、格好いい新型電車持ち込まれたら……正直、ぞっとします。

 使用実態にあわせて無配慮に増設されるであろう機器。対してカバー類は外されて露出しちゃった足回りとか。ベコベコの外板。剥げかけた塗装……。なまじ元のデザインが良いと荒れるとなお哀れに。
 ……廃墟マニア的には、見応えのある状況になるかもしれませんが。


 まぁ、もしもの可能性として、かっこ良すぎる電車であるがゆえに従事者・経営者の意識が自ずと変わっていくのかもしれませんけれども……そりゃ楽観的すぎですよねぇ。共産主義くらいに(爆)。

 なお、斬新な外見ではありますが、メカ的には低床の二軸車がフローティングの中間車体を挟み込んだこの種の電車の定番的な構造です(日本でも多く採用されています)。とはいえ、整備はやはり面倒らしいですよあの構造は(ましてや積雪地・寒冷地では。書き忘れてましたけど軌道の整備だって宜しくない

 輸出考えてるともありますが、輸出先でなら案外小奇麗に使われるかも……?


 ロシアの名誉のために記しておけば、ロシア鉄道(RZB)の車輌は割と小奇麗ですし整備もなんとか行き届いています。でも、なんで同じ事できないのかなぁ。
 また、ロシアって国は自体は好きですからね(某声優さんとか某漫画家さんほどじゃないにしても)。
 また行きたいなぁ。時間と予算あれば……。
 

 
posted by 関山 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 実物鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
来ましたねえ(笑)路面電車好きな自分はかなり気になっている車両です。
なんせ戦車を作っている工場が作る車両ですからね、色々と気になるとこが
たくさん外装はパネルにするとの情報もありますが、
何より注目はパンタグラフでしょうかT字の溝に入れる感じで
メンテナンスが大変そうなイメージもあります。

一応2018年のw杯輸送に使われる車両ですしそれなりにきれいに使われる
のではないでしょうか。
Posted by ryokuchakuma at 2014年07月18日 01:33
◆ryokuchakuma様
 このニュース、かなり注目・広範に拡散してるようですね。
 ただ、ロシアの路面電車のメンテの悪さについては触れられてないので、ちょっと気になって記してみた次第です。

>外装はパネルにする
 すぐ剥がれそうな……(苦笑)。
 
>2018年のw杯
 その時は良いのかもしれませんが、その後も維持できるかどうかが気がかりです。
 とりあえず、今は未だコンセプトモデルの地点であり、現実に妥協するであろう量産車がどんな姿になるかは不安かつ楽しみではあったりします。

 勿論、この電車が人々の意識を変えてくれるのでしたらいうことはありません。
(実際、欧米や日本の都市では新型電車が公共交通機関への意識を変えるのに成功しているのですから)
 
 ところで、この造形、どなたかレゴで……(笑)。
Posted by sekiyama at 2014年07月19日 02:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック