何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2014年07月17日

【レゴ製品】キックスターターで「SBrick」。BTで操作できるPF機器。

 Eurobricksより。

 当該プロジェクトのページ
(kickStarter)





 「Smart way to control all your LEGO(R) Creations」とありますが、早い話が「BlueToothで操作できる、PowerFunctionリモコン受信機」です。

 本家の2chに対して、4ch。複数ユニット重ねて64chも可能。
 本系の赤外線(時々イライラ。あと受光部を露出させる必要あり)に対して、BlueTooth。100mまで。
 送信機は、おなじみスマートフォンが対応(iOS、Android、WindowsPhone)
 プログラミングは当然、可能(但し、Wedoのセンサー類は未対応です。FQAより)。
 それでもって、サイズは本家と同じ。裏面に電池ボックスからの入力を繋ぎ、上面4ポートに出力(モータなど)を繋ぐ? 


 これを資金集めて実現しようとしているわけです。
 Cuusoo(Lego-idea)が腑抜けである以上(以前は新規パーツのような提案も受けてたんですよ。今は完全にNGですが。というか10000集めてもボツられるでしょうねぇ)、kickstarterで自ら手がける、自ら出資する……という形態は現実的なものでありましょう。


 現在、60000ポンドの出資募集に対して、10616ポンドの出資が集まっています。

 出資プランは以下のとおり。
 29ポンド アーリーバード(=早割)。数量限定。
 SBrick 1個

 40ポンド
 SBrick 1個

 55ポンド
 色が選べる SBrick 1個

 その他……市販テクニック製品への組み込みキットなど。
残念ながらSbrick複数個での割引はない模様です。また、送料は一律3ポンドの模様。
(註:1ポンド[GBP]は記事書いてる地点で174円です)

 出資期限は8月14日まで。商品の発送は11月を予定しているそうです。


◆◇◆◇◆◇◆      ◆◇◆◇◆◇◆


 なお、現在wifiを使ってスマホから操作できる汎用リモコン受信機は幾つか市販されています。
 配線は魔改造の必要ありましょうが、それを使うのも一つの手でしょう(教えてくださった方、ありがとうございます)。

 5000円以下でできちゃう!? スマホラジコン自作に挑戦


 京商:iReceiever (アイレシーバー) WR-010(amazon.co.jp)

 見つけられたのはこの2種。他にもあるかもしれません。

◆◇◆◇◆◇◆      ◆◇◆◇◆◇◆


 さて。
 個人的な希望から申せば、1chか2chだけで良いのでこの種の「廉価版」が欲しいです。
 「SBbrick」も「iReceiever」も高度な機能を目指す、もしくは実現してはいるのですが……本家の赤外線受光ユニットと同じ2chだけでいいので、本家と同等の価格の(その上でBTか、wifi。赤外線じゃなくって!)ものって無茶な要望でしょうか?
(まぁ、廉価な玩具ラジコンからユニット抜き取る手法もあるかもしれませんが。ここは未調査です)

 でもまぁ。
 敢えてトレイン用でこの種のプロジェクトを行うのなら、「9V復活」(レール・トレインモーターもしくは集電機能のある車輪)の方がコスト的にも、また資金集めにも現実的でしょうね。
 実は、先にkickstarterで奇跡的にもプロジェクト成立させたMe-modelsは、先のレールの出資者には次回プロジェクトに関するアンケートを送っており、その中には「9V Train motor」なんてものもあり。トレインモーターそのものは無理でも、「集電機能のある車輪」さえ供給されればあとはなんとでもなっちゃうんですよね。レールの上に乗っていれば。
 金属のレールはアルミテープさえあれば作れますし。

 そうは記しつつ、SBrickは少し気になるデバイスです。
 トレインに4chは完全オーバースペックですが、ここはアイディア次第かもしれません。
 
posted by 関山 at 23:24| Comment(3) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こういう受信機があれば、作品に新たな可能性と操作性を生み出すのは間違いないと思います。

LEGOの列車の世界で4つのチャンネル(接続先)を有効活用できる例えとしたら、クレーン車両でしょうか。クレーン台の回転に一つ、クレーンアームの上下移動に一つ、ケーブルまたは紐に一つ、最後は照明か動力に割り当てれば、正規品だお二つの所を、一つの受信機でまかなえ、コンパクトに搭載で実現しちゃいます。

受信感度も正規より良ければ、車両の屋根の下に隠れ、赤外を受信できない問題もおさらばです。

以上。
Posted by K7A4 at 2014年07月18日 16:08
K7A4さんの言うとおりクレーン車両でしょうね。関山さんが以前作ったクレーン車両を思い出しました。
後はライトの表現が出来るのかなと。私みたいに魔改造しなくても前進後進の表現と室内灯のonoffが出来るかなと感じました。

Kickstarterですが、Me-Models ここ暫く続報が来ないですね。進捗が気になるところです。
自分の注文を当初予定のメタルの56Rとストレート各種の他に大カーブをと思い、72R半周と88R半周を追加したのですが、どちらか1周分に変えるか、それぞれを1周分買うか、104Rにも手を出すか、でも、走行会には中々参加出来ないし自分で走行会等を主催する訳でもなし。懐具合も有るしと悩んでいます。
Posted by ユウユウ at 2014年07月18日 19:27
◆K7A4様
 この受信機の切り開く可能性は大きそうなのですが、問題はモーターなどが大ぶりで、鉄道車両内に複数の設置が難しいままであること。あとケーブルの取り回しも。

 実ゆうと以前造った操重車もかなり無理しています。あれは2ch使ってクレーンとウインチ。旋回は手動に割り切り、走行は9Vという造りでしたが……。

 一般の車輌だと、ドアの開閉とかパンタの上下という使い方はありそうです。

◆ユウユウ様
 操重車の問題点はもうひとつあります。
 ……実物は、めったに動かない車輌であるということ(苦笑)。

 そのために高価なユニット類を使ってしまうのは、ちょっと躊躇してしまうのです。
 面白い題材ではあり、リベンジもしたいのですが……。

> 自分で走行会等を主催する訳でもなし。
 いや、オフ会への持ち込みでも良いと思いますよ。
 そこで好評なら、運転会主催のような方向に進歩しても良いのでしょうし。

 ME-MODELSの状況は、まぁ気長に待つことにします。
Posted by sekiyama at 2014年07月19日 02:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック