何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2014年07月08日

【イベント】埼玉オフ、動くレゴの驚異。GBC(グレートボールコントラプション)/テクニック系



 GBC(The Great Ball Contraptionの略/Contraptionは「奇妙な仕掛け」「新式であるが価値の疑わしい機械・考案」)という名称ですが、一般的な言い方では「ピタゴラ装置」?
 「動くレゴ」という意味と、一般への訴求性でトレインを脅かしかねない危険な存在でもあります(註:最大級の賛辞です)。

 「レゴでピタゴラ」装置……と称すれば、7文字で何がどういうことか伝わりますから(笑)。

 また、他テクニック系も紹介いたします。
 今回はテクニックも熱かったのでした。(つくば方面オフ会の「合流」は大きかったようですね)


 リモコン、アクチュエータ内蔵のタチコマ?(すいません正確なところわからなくて)。不思議に動きまわる。操作したかったんですが時間がなくて。


 プニュマティック(空気系)で動く「顔」。沢山のシリンダーとエアスイッチ。複雑怪奇な空気配管。これを制作できる方が信じられません。それもコンパクトにスタイリッシュに実装されてる訳で。
 操作させていただきました。楽しかったです。
 
 

 GBCの全景。この画像だと何がなんだかわからないと思いますので、1装置づつ紹介します。


 特にスタートは決まってないそうなのですが、最初にインパクトのあるところから。

 丸模様の円盤が投げられてきたボールを受け止めます。受けられたボールは左の装置に送られます。
 ところで、運がよいと(悪いと?)ボールが真ん中の穴から抜け落ちてしまう可能性が……。

 右から左にボールを流す装置。シーソー状に二重に動く。


 縦型コンベア。コンベアはキャタピラ。ピンがボールを誘導する仕掛けが珍。高さを稼いで左の装置へ。


 エスカレーター! 階段が回る。装置自体も大型ですごいインパクト。


 反対側から。やはり複雑怪奇。本物のメンテナンス中を思わせます。
 右の赤いクロスが、落ちたボールを再度持ち上げます。


 持ち上げられたボールは穴を通って右のタワー・ブリッジへ。
 無論タワー・ブリッジは製品のままではなく、内部を徹底して弄られたものです。


 タワー・ブリッジ内のエレベータで橋の上部へボールは送られる。
 ボールは橋上部を通って右へ送られます。

 橋を出たボールは塔の真ん中からころんと。
 そして真ん中の「フォーク・シーソー装置」に送られます。
 
 フォーク・シーソー。空気系で動く。レゴの精確さあって初めて成立する装置。そのまま右の発射装置へ向かいます。

 発射装置。右上のフォークシーソーからきたボールを一度持ち上げる。発射装置に送る。送る前に流入量のコントロールしてるのに注目。2基の発射装置に充填され、発射!

 ……丸模様の板で受け止められるという流れ。
 これを繰り返します。

 この規模のものが展示されているのは初めて見ました。
 インパクト、半端じゃありません。

 円周上の配置であるとか、モジュールレイアウトであるとか、鉄道模型的に感じてしまいもするのですが似て非なるもの。でも、産業装置・産業機構と考えるとあまり鉄道(産業系)と差異もないのか?

 考えてみたら、鉄道玩具で積荷を延々とループ的に積卸するものであったり(以前記事にした「おうふくプラレール りったいつみおろしセット」等)や、トミー ビッグローダーもGBCなんですよね。

 レゴトレインでの無限積み下ろしが実現したら……

 ……GBCとトレインの融合という、恐ろしいことも実現しちゃうのかもしれません。

 そんな可能性まで夢想してしまう大規模展示なのでありました。


 
<余談>
 それこそ公式のテーマパーク、レゴランドとかレゴランドDCにはGBCかそれに類する展示は欲しいですよね。
 GBCは無意味に見えて、さりげなく産業装置・オートメーションの模擬でもありますから。これをお子さん方に見せることの教育的効果はとてつもなく大きいことでしょう。

 あと、エデュケーション(Dacta)でもいいので、公式にGBC扱ったセット出てもいいような。動いて制御されるレゴはロボットだけじゃなくてもいいはず。
(というか、生命線たるボールの供給は安定願いたいものです……)


◆◇◆◇◆◇◆


 次はいよいよBFT2014? と言わんばかりの「街なみ計画」です。
 
posted by 関山 at 21:52| Comment(3) | TrackBack(0) | LEGOイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
写真で見るだけでも相当大規模であることが分かりますね。
トレインも頻繁に大規模でやりたいですよね。
カント付き緩和曲線を複々線でできたら...(白目)

あと、細かいツッコミになるのですが、
空気系"pneumatic"は「ニュマティック」か「ニューマティック」ですね。
すみません。
Posted by mazta-k(マツタケ) at 2014年07月08日 23:12
僕とやったらんさんのGBCを紹介して頂いて,ありがとうございます.感激です!!
今回のオフ会は一生の思い出になりそうです.

ところで,GBCには日本にakiyukiさんという第一人者がいまして,GBCとトレインの融合,かなり高いレベルまで進んでいます
https://www.youtube.com/watch?v=pitQaH8Detw

今回は関山さんのサインも頂けましたし,本当に楽しかったです
また機会があったらお会いしましょう!
Posted by カツマタ at 2014年07月09日 01:13
◆mazta-k様
 機械が動いてるというか、オートメーションというか、ガチで小規模なラインが動いているというか……そんな迫力がある展示でした。

 トレインは今回はちょっと元気なかったんですよ。
 JAM前でみなさんパワー抑えておられるのか……?

 空気系の「p」は発音しないんですね。ニューマチックって確かに言いますよね。ご指摘ありがとうございます。

◆カツマタ様
 当日は貴重なお話できました。ありがとうございます。
>今回のオフ会は一生の思い出
 いやいや、これを「一生」にしちゃいけませんよ(笑)。縁起でもない(爆)。
 今年前半か、せめて「今年」の思い出にされるくらいのつもりを期待しています。まだまだ参加されることを期待しております。
(無論、オフの中でも「初参加」「初対面」は特別な思い出にもなり得ますが。でも積み重ねはもっと大事……)

 あと、動画リンクありがとうございます。akiyuki様の作品は以前紹介したこともありましたが……ここまで進化されておりましたとは。あぁ、トレイン側からも何らかの「自動化」へのアプローチ考えるべきかもしれません。

>機会があったらお会いしましょう!
 私も、楽しみにしております。
 またすごい作品見せてください。

Posted by sekiyama at 2014年07月10日 01:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック