何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2014年06月21日

【海外作品紹介】JK Brickworks様の磁力誘導バス

 情報はカツマタ様から教えて頂きました。ありがとうございます。


http://youtu.be/0jAHlqvR8X4


 最初、動画の走行シーン冒頭見ただけでは動作原理がわかりませんでした。
 まさに魔法! いや、何らかの磁力を使ってるのはわかりましたけど。

 磁力というと、この種のアイディアでは下にレール敷いて(或いはキャタピラでベルトコンベア)上向き磁石の車輌or搬器を走らせ、磁力で誘導するというのが考えられるところ。
(その応用が先日のBuchi氏のナローゲージシステムでもありました)

 そうしたシステムかとも思ったのですが、ロードプレートの急カーブをクリアしていく様子は「何かが、違う!」。それ以前に、走ってるのは普通のテーブルの上です。
 でも、テーブルの中になんか仕掛けがあるんじゃないの?

 バスには単純走行の動力系と、誘導磁石のみが搭載されています。
(もちろん、ステアリング用のモーターとかリモコンはありません)

 バスの動力系。ゴムベルト伝導+ベベルギアのみのシンプルさ。

 気になる誘導部分。磁石を前輪に装備。磁石ごとステアします。また、磁石が「牽引する」ポジションに置かれてるのにも注目。

 動力装置のみでの走行。磁石に引っ張られる?ことで、極めてスムーズというか、大型車のリアルな挙動が再現できています。お尻が振れるいうか、内輪差というか。
 それにしても、6幅の車にロードプレートのカーブは結構な急カーブになってしまいますが、どんな誘導を行なっているのか……?




 タネ明かし。「!」。
 ロードプレートの裏に貼り付けられた、ごくありふれた針金。それをテープで留めているだけ。これに誘導されてバスが走っていく。

 この発想、ありませんでした。
 針金はレゴの純正品じゃないだろって突っ込むのは野暮すぎ(笑)。このアイディアに感服です。

 メリットは計り知れません。
 ベース下のレールやコンベアのような大げさ・大掛かりなジオラマベースは不要(※)。ロードプレートだけでOK! 隙間はセロテープで繋ぐだけ。

 ※:無論、あの種のシステムには車両側にはモーターいらないこと。乗用車のような小さな車も動かせるメリットもあり、一長一短です。

 コースはそれこそ柔軟に設定できる。バス停への幅寄せも出来るでしょう。まぁクロスできるかどうかは「?」ですが。あと、十字路の右左折は出来るのかしら……? 
 バスに搭載するのは電池BOXとモータのみ。受光ユニットやサーボ用モーターは不要。無論、バス以外にトラック系も可動させられるでしょう。

 コスト面・技術面でも実用性は高いシステムに思えます。
 


posted by 関山 at 23:29| Comment(4) | TrackBack(0) | 海外作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トミーテックの「バスコレ走行システム」と同じ仕組みですね。
持ってますが、シンプルで手軽な仕組みなのに存在感のある物なので、見ていて楽しいです

レゴでもこのようにすれば可能なんですね!
針金はどんなものがいいのでしょうか?
「バスコレ走行システム」の開発秘話ではこの鉄線と磁石の相性探しに一苦労したと書いてありました。
引き合う力が強すぎると走行に支障をきたしますし、弱すぎるとカーブを曲がれない……だそうです。まあ、こればかりは実際にやってみないとわかりませんが
Posted by 正乗 at 2014年06月22日 00:47
Fallar社のカーシステムをうまくレゴ化してますね。
磁石で誘導してるので、クロス部分は針金「ナシ」にすれば、慣性でそのまま突っ切れるような気がします。左右どちらにすすんでもかまわないなら、Y字路はふつうに針金を配置しても大丈夫かなと。実験してみないとわかりませんが、簡単に試せそうですね。
もしかしたら、いちばんのハードルはロードプレートを一枚も持っていないことかも(^^;)
Posted by 薬師山 at 2014年06月22日 01:03
車が走るのはやはりインパクトありますね。
コーナリングがスムーズで自然なのが良いですね。
動力内蔵なので不安なく走るのも大きいです。
上手くまとめれば受光ユニットも積めそうですよね。

ステアリング機構の構造もシンプルかつコンパクトにまとめられていて勉強になります。


誘導をエアホースや軟性チューブ等を利用したトロリー線に委ねた6幅バスのアイデアを考えたことがあるのですが、ステアリングとトロリーポールとの連動の時点で面倒くさくなって投げ出していましたが、地中線による誘導なら磁石でステアリングがスムーズに行くのですねぇ。

関山さんがおっしゃっているように、我々の唯一の抗弁(と言うか強がり)は針金がレゴ製じゃないってだけですね(笑)

レゴオンリーで実現するとしたら12Vの集電レールは磁石にくっつきますから(9Vレールは不可)道路下に仕込むと言う代替案はどうでしょうかね。
Posted by BUCHI at 2014年06月22日 14:32
◆正乗様
 あ、バスコレ走行システムも同じですか。なるほどです。

 針金は確かに、どれが良いのかちょっと選択に悩みそうです。映像見る限り、針金そのものには磁力は無さそうですけども。
 ただ、レゴのほうが大きいぶん、バスコレよりは有利なポジションかも知れません。


◆正乗様
 あ、ファーラーの走行システムも同じですか。なるほどです(笑)。
 クロスは確かに慣性で突っ切れそうですよね。左右ランダムのYの字は実用性が低そうかとおもいましたが、バルーンループ(リバース線)に配線すれば、どちらに進んでも問題ないわけですよね。なるほど。
 思ったよりも楽しそう……。

◆BUCHI様
 トロリーバスの架線による誘導も魅力的ですが、たしかに技術難度は高そうです。

 針金がレゴ製じゃない……まぁ、こればかりは致し方なし(笑)。
 あ、でも12V集電レールは彗眼です。ロードプレートとカーブ半径は合いませんけれど。あれが磁石くっつくって意外としられてないものですものね。
Posted by sekiyama at 2014年06月24日 09:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック