何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2014年04月30日

【作品紹介】Azur様の「パークモジュール」。16x16が広げる楽園(1:各論)。

 まるで、ご馳走の詰まったお弁当箱!
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=542759

 Azur様の意欲作。先ず、各モジュールについて触れていきましょう。

 
 「円形花壇と噴水」
 文字通り、華やかな噴水。水盤にシンデレラ馬車の車輪が早くも活躍。良い使われ方です。
 よく見るとパーツ数はそれほど多くないのですが、何故か見栄えはして、公園の中心たる。パフォーマンスの高いモジュールでしょう。

 
 「8角形のパーゴラ」
 大きな樹? と思わせて藤棚です。使いにくい斜めプレートや1/4丸ブロックをこうした形で消化……もとい昇華していましょう。ダークタンという色彩も渋く、鮮やかな他モジュールに対して良い対比です。
 二つの丸も良いアクセント。

 
 「大きな木のしたのベンチ」
 こちらこそ大きめの樹。桜……じゃないですよね。木を囲むベンチはお花見時の競争率高そうですし、それ以外の時も心地よい空間を……。樹はよく見るとシンプルな作りです。でも、存在感は十分に。

 
 「リンゴの木」
 もう一つ大きな樹。樹だけで持たせるがゆえの迫力があります。沢山の果実というのは豊かさの象徴! 幹の太さも印象的。樹は「難しく考えるな、とりあえず作れ!」の代表かも知れません。経験値重ねれば造形も良くなってくる? AZUR様のはパーツ数控え目なのにパワーというかオーラ感じられます。

 
 「池のほとりのあずまや」
 使いにくい色?ダークフレッシュベースのあずまや。通常アーチと尖頭アーチがうまく使い分け。小さいのに重厚感ひしひしと。
 水面が華やか。クリア系は「水中(水面)にあるもの」の表現にぴったり。
 大きな葉っぱも楽園的ムード。

 
 「黄色い花壇とあずまや」
 別のあずまや。先の真四角な重厚にたいしてこちらは丸みを持った優雅なもの。9分割系の花壇がメタ的で楽しい。色彩は派手目なようで、実は抑え目なのもこのモジュールの良さ。「タン・鮮緑・ライム・黄色」の4色だけなのでとても落ち着いて見えるのです。

 
 「花いっぱいの温室」
 異色モジュール。丸みのついた屋根が綺麗。よく見るとシンデレラ馬車の模様入りパーツです。公園内の施設でもいいですし、街角に置いたらフラワーショップにも見立てられるでしょう。

 
 「3つの噴水」
 小さい空間なのに、3連の噴水。使いにくそうな薄水色のブロックがベストマッチ。斜め配置もレイアウトの自由度を高めましょうか。背後の「壁」も良いアクセント。レンガブロックが良い仕事しすぎです。
 駅前広場などに単独設置もこなせそうです。オシャレめな車(欧州系小型車?)の背景にもぴったり。

 
 「睡蓮の池」
 トリは東洋的な造園。背後の「岩」が凄く自然を感じさせます。他モジュールが西洋的・近代的であるがゆえに凄く、引き立つ。
 立体的にぐるりと取り囲むような竹パーツの配置がとても巧い。この小空間で回遊してる回廊もまた楽しそうでもあります。2x2丸プレートの階段は凄く優しげ。


 と、いうわけでこの9連の作品は個々に見ても、かなりのチカラを秘めています。それが並ぶと……。
<続>
 
posted by 関山 at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
sekiyamaさん、紹介ありがとうございます。

今回は初めての試みなので、サンプルとしていろいろなタイプを作ってみました。ダークピンクやパステルオレンジの花をふんだんに飾ったり、4分の1円や8角形のプレートを使ったり、これまで使ったことがなかった色や形の組み合わせを試すのが楽しいです。

実際に建物や線路脇においたら、木やパーゴラ、花壇&噴水あたりが使いやすいでしょうか?
Posted by Azur at 2014年05月02日 21:43
◆Azur様
 色々なタイプ造られたことで、何か「楽しまれてる」なぁと思いました。気分が乗っている時のビルドという感じがします。

 16x16で完結すれば、普段使わない・使いにくい色や部品のテストケースにもなりますよね。その意味でもこの規格は優れてると思います。

 あずまやも洒落た待合室的な見立て出来ますし、温室はフラワーショップへの見立ても出来ますから、やっぱりどの組み合わせもいけそうですね。このへんは変に「意図」されるより、あえてランダムな面白さを狙うのもありかもしれません。
Posted by sekiyama at 2014年05月04日 01:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック