何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2014年04月27日

【作品紹介】Mugen様の試作品「500系新幹線」。これが出来る日が遂に来ようとは。<追記有>

 完成ではありませんが、公開許可頂けましたので。
 誰もが知ってる。誰もが憧れる! 究極の……そして伝説の車両。
 あぁ、実物の解説は不要でしょう!

 然し、円筒に近い車体断面、SSTの如き前面形状(空飛ばせりゃマッハ3を目指せる形状……※)。
 これは簡単にはレゴで再現できまい……と思われ、久しかった。

※:0系はDC-8とか云われてました。100系はジェット戦闘機? 500系はXB-70とかのイメージ。700系以降は……ステルス機? 思えば高速列車は「騒音からのステルス」は要求される仕様ですが。

 ですので、自分も最初ご本人から制作計画聞いたときには「ほんとうに大丈夫?」とか思ったものです。
 Mugen氏には既にN700系の究極的作品やら、また東武100系「スペーシア」のような作品が有り、この種の流線型は克服できる方、という認識はあったのです。それでも500系は「本当に?」と思ってしまった。

 でも、疑ったこと、後悔してます。

 このクオリティじゃ余計な講釈垂れる気がしませんが。
 先ず、制作する意欲を削ぐのに十分であった前面から屋根にかけての微妙な青灰色部分は青で割り切る。実物写真でも青に見えることあるので違和感皆無です。車体基本色の灰色も「白」と解釈しているのも気になりません。全体に、明るくすっきりしたというべきでしょう。
 車体断面は2X4カブスロの恩恵を受けて。
 注目すべきは車体裾もカブスロで丸みを表現。これが前頭部にまで及んでいます。床下機器カバーとの出っ張りも実車のフィン状の表現に。
 キャノピー状の前面窓もこの表現がベストに思えます。変形キャノピーなど使う手法も思いつきはしますが、電車というイメージからかけ離れてしまうリスクあります。手堅さも必要でしょう。

 サイドビュウ。
 全長は40ポッチ。尖った前頭部を考慮すると32−34ポッチ級となりますが、この全長で超ロングノーズの表現は驚異です。各部の比率もきっちり500系。客席前端までロングノーズにかかっている部分であったり、新幹線にしては低めの運転台位置なども。

 なお、乗務員ドア・客ドアの開閉も考慮されているのでしょうか……?
 余談ですが、レゴトレインの宿命たる連結器のバッファーも500系以降の新幹線電車では「リアル」になっているんですよね。

 この地点でちょっと気になったのは先頭台車の処理でした。
 全体が物凄いだけに、車輪の露出はちょっと気になるのでした。とはいえ、台車上部のカバーは綺麗な処理です。
 
 以上を受けた改良版。
 先頭台車のカバーを台車マウントにして、通常の車輪枠を使用。この角度は一番隙間など目立つはずですが、全く気になりません。
 美形度が更にアップした……と自分は思いますが、如何でしょうか?

 改良版サイドビュウ。この角度では隙間も全く気になりません。6幅から台車カバーが張り出しているのは或る意味実車通りでもありますし。標準車輪パーツのモールドもちらりと見えると精細感の演出になりますね。
 なお、運転台後部から客席にかけての屋根カーブはカブスロ1x10使って修正の予定とか。完成版は更に美しいボディラインを手にするのでしょう。

 現在、夏のJAMを目指し、4両編成を目指して製作中とのことです。
(W編成イメージか、V編成イメージなのかも気になるところですね)

 500系と複々線、500系とあの長大斜張橋……。行き交う新幹線(同じくMugen氏のN700系は絶対に!)。TGVやICE(mazta-k氏新作)との共演! 参加3年目を更に鮮やかに彩ってくれること、間違いありません。

 
<追記>
 Ryokuchakuma様の指摘で、500系新幹線の海外作品が既にあったことを思い出しました。


  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=416137
 こちらtf2様(中国? 香港?)の作品です。2010年に4両編成を完成されていたようです。
 フルスケール寄り。前頭部は平面に割り切った表現ながら、側面はやはり丸い。ドア開閉もあります。
 台車周りはカバード。
 これも相当にハイレベルな作品でした。4年という時間とか、表現の差異を考えたら甲乙つけるのは無理がありましょう。しかし、やはり後からできたほうが良くなるのも自然な流れと云えましょう……(自分もラインゴルト1962でそのへんを痛感したとこですから)。
 
posted by 関山 at 23:48| Comment(9) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この流れるような流線型まさしく500系です
レゴだと日本初の製作ではないでしょうか?
海外の方の作品はすでに見た記憶が。
Posted by ryokuchakuma at 2014年04月28日 00:11
おおっ すごい!!
「最もクリエイティブな鉄道模型」を地でいってますね。
驚きました。

パーツの使い方がピンポイントに適材適所すぎてまったくつっこむ隙がないですね。
それでもまたそのうちここはこうしたい!っていうのが出てくるのかもしれませんが(^^;;
それもLEGOの良さであり。

足回りも後輪がそのままなのに、前輪をうまくカバーしていることでまったく不自然に見えないという流れがいいですね。

素晴らしい!
Posted by かう゛ぇ at 2014年04月28日 07:32
驚きました。記事にも書かれていますが、車体と車輪の隙間、クオリティ凄すぎます。4両編成の走行、ぜひとも拝見してみたいです。
Posted by エフ at 2014年04月28日 07:50
素敵ですね〜!
円筒形の車体の表現が見事です。ぜひJAMで実物を見たいですね。
余談ですが0系がDC-8なら、100系はDC-10あるいはL-1011、
500系はコンコルド、700系はB777、がわたしのイメージです。
だとするとB787はE5系?
Posted by SIGEZO at 2014年04月28日 12:06
かっこいい
東海道を走っていた頃は毎日見ていました
世界一かっこいい新幹線だと思います

やっぱり16両が好き!なビルドタイガーでした(笑)
Posted by ビルドタイガー at 2014年04月28日 22:17
おおっー!Shinkansen!!
すばらしいです。
やはり500系は華がありますね。
私も半年ほど前にチャレンジしましたが、まったく手に負えませんでした(笑)
8月が楽しみです。
Posted by 薬師山 at 2014年04月28日 23:10
紹介ありがとうございます。
コメントして頂いた皆様ありがとうございます!

500系はやはり人気のある車両なのと、その半面レゴでは制作難度高い形状なので作成できればインパクトあるだろうと思っていましたので以前から構想は練っていたのですが、ここ1年位でパーツの供給状況がかなり良くなったおかげで着手することが出来ました。

色は海外作品を見て違和感無かったので自分も普通の青と白に割り切りました。
円筒状の車体は2幅系のカブスロ様々でした。1x2、2x2カブスロのリリースは大きかったです。ドアはさすがに開閉は諦めましたがなるべく車内空間に影響出ない様な作りにしてあります。乗務員ドアは申しわけ程度ですが切り欠きも表現しました。

前頭部は試作重ねてなんとか形に出来ました。
実車は上下方向の絞り込みは大きいですが左右から中心に掛けての絞り込みは先端部分が大きく、運転台以降は意外とそれほどではない感じだったので、先端部だけ絞り込ませることにしました。
その事によって実車の尖った感じを出しつつ、4ポッチ幅分確保できたライトや運転台の制作がし易くなりました。斜めに配置してる部分も固定はしてあります。
運転台後ろの1x10カブスロは普段はあまり使用しないパーツでしたが他にはないスムーズなラインが出るので良いですね。

台車カバーは改良して良かったです。
イメージはW編成「のぞみ」運用です。500系と言えばやはりこの印象が有りますね。作成するのは4両ですが(笑)。

パーツ不足分もカンブリにお願いしましたので、到着すれば完成に至る予定です。構造や内装等は完成時にアップ致します。
JAMでの披露が楽しみです。
Posted by Mugen at 2014年04月30日 00:23
ではw7系を製作すれば良いわけですね W編成を引き継ぎましたし(違)
あとはどなたか223系を作ってくだされば西のwを冠する車両が
揃うのですが。(だから違) 失礼しました。
Posted by ryokuchakuma at 2014年04月30日 01:00
 予想はしていましたが、やっぱり反響の大きい作品ですね。

◆ryokuchakuma様
 ご指摘通り、過去に海外作品がありました。
 記事に追記しておりますが、方向性の違いは興味深いですね。
 しかし、E7/W7ってほんとに500系の再来に思えます。今見ると微妙に500系も古いんですが、そこが是正されるというか。

 223系。確かに作れそうな題材ですがどなたも手を上げませんね?
 量的には新快速の主力車ですし、両数的なボリュームという意味でも向こうン十年、西の代表車ってポジションは変わらなさそそうです。

◆かう゛ぇ様
 「最もクリエイティブな鉄道模型」このキャッチコピーに確かにふさわしい。
 パーツ遣いは正に適材適所を地で行ってますよね。パーツの見立て・使いこなしこそこの遊びの真髄ですので、そこを感じさせるって意味でも模範作かも。
 後部台車も違和感ないのは同感です。

 やっぱり、素晴らしい。

◆エフ様
 お久しぶりです。
 車体と台車の隙間が静止画でも目立ちません。ましてや走行していると殆ど気にならならないんじゃないでしょうか。また、4両編成の完成は楽しみです。

 ところで、JAM2014での0系新幹線登板は可能でしょうか?
 0−500-N700と揃う意義は大きそうです。誰かが100とか300作ってくだされば、完璧?


◆sigezo様
 円筒形車体は現物観たら、なおのことインパクトがあることでしょうね。
 正に未来の電車というか。宇宙から来たか宇宙に行く電車の如き風情?

>だとするとB787はE5系?
 A380はE1かE4でしょうか(笑)。あと今様のナローボディ機はミニ新幹線?

◆ビルドタイガー様
 世界一かっこいい……同感です。
(個人的好みという意味では水戸岡デザインの800が一番好きですけど。T700も好き)
 短縮されてしまいましたが、足の速さゆえに当面は「こだま」で使われそうなのも嬉しいことではあります。100/300は足の遅さが寿命縮めてしまった感がありましたが、最速列車と同じスジに乗れるV編成なら、意外と長く活躍は拝めるんじゃないかなと思います。その意味でも名車になるのかもしれません。

◆薬師山様
 華、ありますよね。
 全体で見れば少数派だったのもますます希少感を上げ、更に500の価値を高めてたように思います。
 
 ……チャレンジはされていたのですか? それはそれで気になります(笑)。
 それはそうと、8月というと薬師山様の連接で前面展望な電車のプロジェクトも気になって仕方ありません。あれも500に負けず劣らず華やかですよ!

◆Mugen様
 未完成の公開ですが、この盛り上がり。
 いきなり完成度高いものをドカンと公表すると、情報量が多すぎで反応が出てきにくいこともありますので、分割公開はありだと思う次第です。

 500の人気とインパクトは凄いですよね。
 レゴ慣れしてるここの読者諸兄でこれですから、世間に問うたらどうなりますやら。

 tf2氏のもそうですが、青+白は十分に有りですね。
> 1x2、2x2カブスロのリリース
 いろいろ変えてく可能性のある部品でしたが、早くも使いこなされてますよ。
 乗務員ドア上の切り欠きは芸細かいですが、ここもこの電車のポイントの一つですよね。

 客ドアの開閉割愛は、流石に仕方ないかと。

>先端部だけ絞り込ませる
 実物の複雑な造形を違和感ないレベルで単純化する、凄くセンスの要ることだと思います。
 ライトや運転台廻りの4幅も、実物の平べったい印象考えると納得ですよ。3幅とかだと別の印象になってしまうでしょうね。

>1x10カブスロ
 トレインビルドでは通常は「いらない子」ですが、適所を得るとパワー発揮しますね。

>W編成「のぞみ」運用です。
 パンタは逆T形の方ですね。パンタカバーも大きめ。
 そのあたりも前頭部同様、見せ場になると思いますので期待しています。
 
Posted by sekiyama at 2014年05月01日 16:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック