何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2014年04月24日

【作品紹介】隼様の、三井三池の20噸電気機関車。


 2013年年末の作品でしたが、たまたまチェック漏れでした。
 見つけてりゃすぐに記事書きたくなるような、好ましいモデルです。

 先方の記事:レゴで作ったチビ凸

 関水金属のディフォルメ鉄道模型「チビ凸」をモチーフにされたといいますが、色というかなんというか全体の雰囲気が三井三池炭鉱の20噸電気機関車を思わせます。
 
 ディフォルメモデルと製作者は仰ってますが、小さい機関車ですので、これでフルスケール(笑)。
 元はドイツのジーメンス製(だからレゴとの相性もばっちり!)。国産のコピー機も造られ、21世紀に入ってからも一部は現役だったといいます。無論、保存機有り。

 シンプルな造形ながら、プロポーションが凄くいい!
 また、悩まれたというパンタグラフのデキもいい!

 側窓は旧タイプ2x2なのが、古風な機関車にしっくり来ています。
(あの窓、トレイン的には不人気ですよねぇ……)
 背が低いのもこの機関車らしくて好ましい。ドアの靴摺が、小さくシンプルなモデルをぐっと引き締める!

 惜しいのはちょっとホイールベースが長い印象あること。1ポッチづつ内寄せするといい塩梅でしょうか。走行性能的にもそいちらの方が望ましいです。
 また、ディテールの強化で更に化けそうでもあります。

 実物(写真)についてはこちら参照。(下記、蓄電池車の写真もあり)

 今のところは見送られている動力化ですが、貨車にバッテリ積むのが正解でしょうね。なお三井三池には「蓄電池車」があって、電機を蓄電池機関車として使うこともありました。レゴ4.5Vのリアル版でもあり(笑)。
(ただ、三井三池の蓄電池車、背が低いのでレゴ的に機能の再現は難しいですが……。昔の9V角型電池用ならギリギリありか。でもアレPFに繋がらないんですよね[魔改造すりゃ別])
 なお、更に昔は「リール台車」もあって、機関車を外部電源・ワイヤードで動かしてたこともあったそうな……。有線コンセント機関車。

 こんな貨物列車牽いて。貨車より小さく見えるのがいいものですね。
 なお、1984年ころまでは赤い客車(古い電車を改造したもの)も牽いてたそうです。意外と何でもありなのでした。
 
posted by 関山 at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こちらも紹介ありがとうございます

こちらは小さい機関車を作りたいと考えてたとき中古屋でこのタイプの機関車を見ていいなーと思って少し調べてたら赤の旧型窓を見つけ
もしかしたら?と思い作りはじめたものでした

確かにもとが小さいのでこれでもフルスケールになりますねw
小さくてかわいいので自分の中では気に入ってますが(笑)

貨車もいろいろあるっぽいのでバリーエーション増やしたいものですね
赤い客車というのも面白そうです

足回りは79111の貨車からもってきたものをそのまま使ってるので少し広いんですよねー

PF機器があまり始めたら貨車か客車に電池BOX等を積み走行させる予定はあったので追々足回りは変更します

三井三池の蓄電池車ってのもいいですね!
そちらも視野に入れて考えてみようと思います
ただなかなかPF機器が余らなくてそこまで行かなかったり・・・

なんにせよいずれは変更予定ですので
また足回りやディーテル等を変更したらお知らせします
Posted by at 2014年04月27日 00:52
◆隼様
 赤の旧型窓、ほんとうにこの作品に似あってます。
 この種のB凸、やっぱり愛着沸くものですよ。

 三井三池鉱業所の貨車は調べると写真出てきます。多くは九州系の底開き2軸石炭車ですが、これも自社線内用は古典的なのが生き残ってたり。有蓋車や無蓋車も古いのが……。
 「客車」も写真出てくると思いますが、モハ63(クモハ73)モドキはどこから流れてきたんやら……。

 一旦ばらしても、気軽に組み直せるメリットもあります。
 パーツに余裕できたら、動力化も含めて再挑戦されてみてください。
 
Posted by sekiyama at 2014年04月27日 14:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック