何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2014年03月24日

【組換作品紹介】Azur様の#31012組換シリーズ。格子窓のあるカフェは1980年代的雰囲気?

 これも先の「かなレゴ2nd」でお見えした作品です。
 

  

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=541303
 開閉式の、閉状態。
 良い意味で、こじんまりとしたまとまり。塔屋が凄く、可愛い!
 また、シンプルさは1980年代……良き時代の街シリーズ的な雰囲気でもあります。Creatorハウスのなかでも尖ってるというかモダニズム炸裂の#31012なのに、レトロでオーソドックスな方向もここまで叶えられる。製品デザイナーとAZUR様の腕に驚かされるばかり。

 また、閉状態ではどのアングルからでも破綻がありません。窓の少ない面でさえ。
 
 売りの?格子窓も上下比率が好ましい。上3下2で正解でしょう。
 小さな水盤もまたAzur作品の世界観要素。豊かな水と翠のある世界。住んでみたい街であり、世界であり。

  
 開状態。イメージ大きく変わって、ワイドな拡がり。
 このイメージの変わりようこそ、開閉式の魅力。これまでの作品でも開閉式の魅力は追求されてきましたが、この作品では特に顕著といいますか。1セットしか使ってないはずなのに、2セット使用系のような広がりが感じられるのですね。閉状態のちんまり感とは実に対照的と。

 よく見ると屋根のパターンが意外と複雑なのですね。塔屋と母屋の間に回廊があるような作りといいますか。それが相対的に建物を大きく魅せていましょう。
 屋根のL字組みも、普通は避けられるものですが(専用部品がない)、Azur様にとっては難もなく。接合部分に違和感が皆無なのです。
 
  

  

 インテリア完備もお約束。モダンなテーブルに、扇形の飾りのあるカウンター。後者はシンプルな建物の中でのアクセントになっています。装飾要素を控えめに、というのは意外と難しいのですが。
 
 さて。
 塔屋部分はただの吹き抜けか、アクセス不可の空間……と思いきや、ここだけは「重箱」方式でインテリアにアクセス可能なのが嬉しい! この良心? こそがAzur作品の真髄。日差しの差し込む。そして窓の開く季節ならば風のよく通るであろう、気持ちのよさげな空間になっているのですね。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | セット内組換作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
作品紹介ありがとうございます。
オフ会に持って行こうと思った建物を並べたところ
少しバランスが悪くて物足りなく感じたので、この建物を作りました。
建物の大きさは山小屋と同じくらい、意匠(塔屋や大アーチの使い方)はArt Galleryと似せて作っています。国立駅舎の裏側に置くと決めていたのでレトロな雰囲気になったのかも?

これまでは前に作った組換え作品と意匠がかぶらないように「変化」ばかり考えていましたが、今回は他の建物と一緒に展示したときの街並みとしての「調和」を目指したので、ビルドの方向が違って新鮮でした。自作を複数組み合わせてレイアウトするのも楽しい作業でした。
Posted by Azur at 2014年03月26日 08:15
◆Azur様
>街並みとしての「調和」を目指した

 並べた状態の写真も記事にしましたが、建物が揃って街という感じになった時のバランスが素晴らしかったです。
 あと、「変形画廊」の広げた状態が、お隣のJOKER作品の背景になった時も、偶然とはいえ良い効果だしてました。ベクトルは違うのに親和性は高いのですね。

>意匠(塔屋や大アーチの使い方)はArt Galleryと似せて作っています。

 これは納得です。とはいえ、あちらはコンセプトがアバンギャルドなので、コンサバティブなこちらの作品とは好対照でもありますね。両方があるのは嬉しいです。

>自作を複数組み合わせてレイアウトするのも
楽しい作業でした。

 建築の先にあるのは……都市計画。この楽しさも病みつきになられるかと(笑)。

 しかし、Azur様をここまで目覚めさせてしまった#31012はやはりすごい製品なのですね。
Posted by sekiyama at 2014年03月27日 02:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック