何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2014年03月04日

【ニュース】3Dプリンタでレゴパーツを作れる時代は来るか?

 情報源:The brick fan


 更にその元は「TIME」の記事「Lego fans may be able to print their own bricks someday」より。

 3Dプリンタに依るパーツ製造は既に一部のカスタムパーツメーカーでは行われています。無論、現状飽くまで「カスタム品」の範疇です。
 また、現状の3Dプリンタの品質や価格はまだまだ現実的ではないものです。ランニングコストだって気になりますし。

 しかし将来、3Dプリンタがもっと普及した先で、ユーザによるパーツの出力はあり得るのか?
 非公式にはともかく、「公式」にはレゴ社のお墨付きが求められるでしょう。で、レゴ社はその方面はどうやら積極的なようです。上の「TIME」の記事では、
「3次元印刷が魅力的な開発であり、確かに新たな道をたくさん開く」ジョン・グッドウィン、レゴの最高財務責任者は語った。
 とあります。ここで「そんなことは絶対に認めない!」と云わないのはかっこ良いですね。
 無論、3Dデータには何らかのDRMなどは掛けられるかもしれません。でも、レゴのブランド性を肯定する多くのユーザはDRMを否定的には考えないでしょう(Itunesとユーザの関係の様に)。

 まぁ今のところは、DRMとか著作権侵害以前に3Dプリンタの出力が、「大企業が低賃金国(東欧や中国など)の工場でインジェクション整形されるもの」のコストを下回るって未来は未だ想像しにくいです。

 おそらく3Dプリンタデータとして供給されるのは、小さなフィグ小物や使用数量の少なそうな特殊パーツに留まるのでしょう。あるいはユーザのアバターであるとか、氏名などの彫り込みであるとかのパーソナライズカスタマイズって方向も考えられます。その意味では需要はありそうにも思えますが……。

 ただ、色はどうする気なんでしょうか?
 そこが技術的に解決するまで(※)、「バラ色」の未来は見えてこないのかもしれません。
(灰色の出力に対して、自分でプラカラーなどで着色するの、レゴのファンにとっては「精神的苦痛」ですよね……公式パーツに自分で塗装はかなり禁じ手って認識ですし)

 ※:一応カラー3Dプリンタは存在するようです……。5500万円もしますけど。

http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1402/18/news110.html
 これ、コストダウン可能な技術なんでしょうか? 
posted by 関山 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | LEGOニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
個人が購入する程度の3dプリンタで使う素材はフィラメントと呼ばれ、10色位はあるようです。果たしてLEGOが純正色をリリースするようになる時代は来るのか?
Posted by TN-FACTORY at 2014年03月08日 21:17
◆TN-FACTORY様
 あ、色付きの素材ってあるんですね。
 レゴパーツなら確かに複数の色使い分ける必要はないですから、カラープリンタまでは不要ですね。
 随分、夢が現実に近ずいた?
 
>LEGOが純正色
 色素入りの素材を純正品として供給するビジネスはありでしょう!

 これなら、「既存金型」×「既存カラーパレット」でのパーツオーダーという夢が叶う可能性があります。出力は個人じゃなくて公式ショップなどで行う方法は考えられましょうし。

 あれ、実は凄いことに近づいているんじゃ??
 
Posted by sekiyama at 2014年03月09日 05:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック