何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2014年02月23日

【実物鉄道】鉄道玩具王国日本の底力。トイコーのサウンドトレインシリーズ


 オフ会のついででトイザらスなどに寄ると、さり気なく皆が(基本、大学生から大人ですが……)立ち止まってしまうのがトイコーのサウンドトレインシリーズ。
 飽くまで三歳以上対象のホビー性もない玩具ですが、なぜか惹かれる、立ち止まる……。

 理由は幾つもあります。

・リアルとディフォルメ
 リアルなスタイル・塗装。マーキングにレタリングの再現(低年齢向けの玩具でこれが出来てる国って、世界で日本だけでしょう!)。
 それを玩具スケールに押し込んでいるので、リアルとディフォルメの共存した素敵な世界が生まれます。

 サイズがOゲージくらいというか、レゴトレイン32ポッチクラスと共通。その意味で「馴染みのある」寸法・雰囲気といえるのかも知れません。


・アクションの面白さ。
 基本はサウンド4種類。例えば東海道線113系だと発車ベルが「鉄道唱歌」で品川駅。あとは警笛や走行音。
 ドアはレバー手動開閉で3ドア・4ドアともなるとなかなか楽しい(全てが両開き!)。サウンドと組み合わせれば車掌ごっこもできる。
 フリクション走行あり(地味ですが、フリクションやゼンマイってあると楽しいもんです)。

・ラインナップのマニアックさ。
 首都圏の通勤電車各線。山手線と中央・総武緩行線はE231系で、中央線快速・京浜東北線はE233系です。湘南新宿ラインのE231系は中間車(グリーン車)まで。お約束の新幹線各種。
 あと……阪急電車9000系! 関西向けも用意されてるのが嬉しい。

・純粋に、懐かしい。
 管理人の世代はこの種の玩具は未だブリキでした。その辺を思い出してつい郷愁にかられて。

・意外と高いホビー性、コレクション性?
 新幹線も通勤電車も、基本的に現行車種のラインナップ。
 つまり、遠い将来E231系とかが引退して次世代車に入れ替わったら、この玩具もまた次世代車なり、現行品は消えて行く事でしょう。
(ひょっとすると過去には201系や205系の各色がラインナップされてたかも? また、別メーカーかもしれませんが同じ雰囲気の玩具で阪急6300系を見た記憶はあります。1982年ころでプラ製、ドア開閉ギミックありました)
 絶版品にプレミアが付くような玩具ではないのでしょうが、「箱付き美品」で持っていれば新たな郷愁を将来に引き起こせるかもしれません。

 そういえば、ホビー性というと三線式Oゲージの車体に転用した作例も知られています。
 113系転じで、クモヤ791に。これもまた素敵な世界観を呈示していましょう。

 で、三線式Oゲージって、自分がレゴやってなかったらハマってたかもしれないもの。阪急9000系のOゲージ化なんかもいいなぁと思ってしまうのでした。

 サウンドトレインの白眉。「阪急電車9000系」
 印象把握が実に正確。銀縁の窓枠も。彫りの深い前面形状も。社紋に車番。方向幕は「特急」「梅田」。細密な屋上機器。車内もちらりちらりと緑のシートが。

 この品だけは渋めのパッケージ(阪急電車グッズとして大人のコレクターも意識してるのか?)。商品名が阪急電鉄ではなくて「阪急電車」なのもツボ抑えてますよ。
 欲しい……。でも、これ以上物増やしたくないので悩んでしまう。しかし……。

 阪急9000は他の品よりちょっと高め。ライト点灯や展示台も付属しますが。

 東海道線113系はすでに過去の車両ですが、意図的に昔のラインナップを残しているものと思われます。古い感じがする製品で、E231やE233系各種と違って連結器やインテリアはないようです。造形もまだおもちゃ感強し。でも、如何にもな「電車」です。

 マニアックというかキワモノなのがサロE231。流石にトイザらス店頭でみたことはありませんが……。この種の玩具で中間車って極めて異例。サロなのにフリクションで自走はご愛嬌。サウンドは通常の231系とは差別化されてるのかしら……? アテンダントの女声アナウンスとか再現ならちょっと嬉しい。
 なお、インテリア付。先頭車と連結できるのは云うまでもありません。

 その他ラインナップはこちら(amazon.co.jp)。

 メーカーホームページこちら。本社東京。1981年創業とのことで、この種の玩具のメーカーとしては新しい方でしょうか(もっと古い会社の改組かもしれませんが)

 で、このシリーズが創業時からなら(無論、サウンド関連は後付でしょうし、電子音のみの時代もあったことでしょう)、やはり過去には103系や201系に205系辺り。新幹線なら0/100/300系。あと、例の阪急6300もあったんじゃないかと勘ぐりたいところです。
 


posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 実物鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。