何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2014年02月20日

【アジア系互換品】このメーカーの本気……? 「ausini」のトレイン群

 Eurobricksで話題になってます(下手すりゃ公式の2014年トレインよりも?)。リンク先に画像沢山。

 全部鉄道系。数が多すぎて引用しきれません。上記リンク先か、brickshelfにも上がってる方を御覧ください……。

 或いは以下のメーカー公式(!)か。
http://003.tsdn.net/en/ProductList.aspx?Class1=17
 あるわあるわ。何処かで見たような製品の色違いとか微妙なコピペというか。





 で、メーカー(ブランド)名は「ausini」。初めて聞く名です。
 先のパチモノへの激濃レポート「communist lego」でさえ触れられていません。

 ただ、窓(飛行機窓)の造形から「啓蒙(Enlighten)」との関連を想像させます。
 一方でミニフィグの雰囲気は「啓蒙(Enlighten)」よりも更にチープな感じで「communist lego」で云うところの「ゾンビ度」は高い感じ。コピーのコピーと考えると納得ですが。

 あと、デザインセンスも全体に好ましいとはいえません。
 鉄道車両を根本的に勘違いしてる感も否めませんし。このへん、啓蒙は未だ鉄道への愛はありました。というか中国メーカーなら普通にDF4とか22系緑皮車とかやれよって思ったりするんですが。

 側面の英語表記もキテます……。機関車に「locomotive」炭水車に「tranceport coal」って調子ですから微妙に頭が悪そう。
 動力系は対応はない模様。まぁ無茶しないほうがいいでしょう(笑)。

 それから。ひとつ気がかりなのはプロダクツ画像が全てCGにみえること。それ自体は良いのですが、果たして製品の現物は存在するのでしょうか? あまりにも種類が多すぎる故にペーパーウェアを疑ってしまいます。
 いや、実際に製造してるとしたら……クオリティはともかく、鉄道系に余りにやる気無さすぎな本家よりも頑張ってるってことだけは評価せざるをえないのか???

 これだけはかっこ良いかなと認めざるを得ない? #7938の色違い。青い車輪は勘違いしてますがオシャレといえなくも無いですね……。
 
posted by 関山 at 07:51| Comment(3) | TrackBack(0) | アジア系レゴ互換品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こ、これはひどいコピーだ笑
Posted by mune at 2014年02月21日 01:27
パチモンですから論外な商品ですが、「個人ビルドのレゴ」だったら、フリーランスのトレインとしてけっこう自由な発想も入っていておもしろいと思いました。
ボギーの蒸気機関車は、シェイ風・ハイスラー風で、運材車を引くのにぴったりですし、貨車も客車もバリエーション豊かですよね。
蒸気機関車が実は内燃機関だったり、客車窓が観音開きだったり、運材車が下半分箱になっていたりなどと、奇妙なところもたくさんありますが、全体的におおらかな統一感があって、よく言えばむかしのティントイ的な雰囲気を醸し出しているように思いました。
Posted by 薬師山 at 2014年02月21日 23:29
◆mune様
 まぁ、コピーされるほどの実力とか需要があるんだと前向きに考えたいです(笑)。


◆薬師山様
> 自由な発想
 白と青の#7938は……正直なところ嫌いじゃないです(笑)。まぁ青い車輪は使い勝手悪いでしょうけど。7938もどきは前面飾りラインのお陰で、オリジナルより精悍? というか電機っぽいかもです。

>貨車も客車もバリエーション豊か
 これは確かに羨むべきところで……。

>よく言えばむかしのティントイ的な雰囲気
 半分くらい納得です。でも、自分が知るかぎりではティントイのほうが……実物愛があるように感じます(苦笑)。
 昔のでも今のでも、鉄道に限らず玩具って実物に対する知識がある人がデザインしたか否かで全然雰囲気って変わってしまうんですよね。

 ぱちものレゴで言えば、以前の「啓蒙」はちょっと実物愛が感じられたのですが……。今回は……。
Posted by sekiyama at 2014年02月24日 15:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック