何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2014年02月19日

【作品紹介】showtime様の585系電車、本製作開始か。

 参考:過去記事
【作品紹介】showtime様のCAD 「寝台電車」585系続報フル編成へ(上)

【作品紹介】showtime様のCAD 「寝台電車」585系続報(下) 博物館模型的な。
 CADを拝見した地点で「実現したら、凄い!」……と思っていたshowtime様の585系電車(自由形。但し、非常にリアルティある設定の!)の実制作が始まった模様です。



  

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=540100

 7幅で全長50ポッチ。インテリアフル装備という究極を目指されたモデル。制作……いや製造中の写真からその重量感・密度感が伝わってきます。また、過去記事で触れてきた「バランスの良さ」も実証された感があります。

 全長比率では#10233が妙に小さく見えてしまう……。鉄道模型の1番ゲージとOゲージの寸法比を思わさえるものがあります。いや、Oゲージもといノーマルのレゴトレインも十分に大きな模型なのですけども。
 同じ世界に共存するのは無理ですけれど、でも、このスケールも「あり」と思わされるのですね。

 側窓上段のヒンジタイルは濃青が存在しないため、普通のタイルで代用されていますがここは気になりません。フロントのラインはやはり美しい。良い意味であの581/583系を彷彿させます。貫通扉の開閉とホロ引き出しもCAD通り、可能な模様。
 
 なお、褒め倒しも何なので、ほんの僅かながら気になったことなのですが。
 台車がレゴトレ標準仕様なのが実にもったいないです。サイズ比こそはリアルなのですが、ディテール・ボリューム感で車体に負けている印象が否めません。動力台車はどうしょうもないですが、それ以外の台車にディテール表現(サスペンションやボルスタアンカなど)が追加されたら更に化けそうな気がします。

  

 インテリア……個室の再現もこの題材の恐るべきところ。ミニフィグのせて全然狭く見えないのがこのスケールの良さ。逆に広すぎて変ってこともなく絶妙といいますか。
 ここもまた、CAD通りに再現ができているようです。

 2014年もまた、大物作品が期待できる一年になりそう。
 そのリーダーとして、完成が楽しみでなりません。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

これは素晴らしいですね!

CADの作品が文句無しの出来栄えだったので、実車の方も是非見たいと思っていました。

車内もとても細かく作り込まれてますし、完成がとても楽しみです。
Posted by Adiemus at 2014年02月20日 13:59
CG以上の出来栄えが期待出来そうな予感がします。見た目の凄いですが、中の精密なインテラにも注目できる作品です。後とが何かドアが格好良く出来上がってます。狭そうに見えて狭く感じないのも魅力の一つかもしれません。
Posted by K7A4 at 2014年02月20日 20:45
6幅の延長にあるスケールかと思っていましたが、
架空の弾丸列車並に大きいのですね!実物はさぞ凄い量感でしょうね。

去年も大型モデルが数点あった事ですし、
そろそろJAMでもこういった大型作品の専用カテゴリーを設けた方がいいかも知れませんね。
PFでもいいので、例の緩曲線の別線があると魅力を引き出せそう。
…というか、さすがに建築限界とかが違いますね。
Posted by G@ひたひた at 2014年02月20日 21:46
◆Adiemus様
 cadであの迫力と存在感でした。
 現物の、それもい編成になるとどれほどの威力になりましょうか……。

 Adiemus様の作品ですが、東急5050も楽しみにしております。中間車の地点デすごいオーラ感じますよ。随所の組み方も斬新な部分多いですし。


◆K7A4様
 ドアが外部だけでなく、内部も開閉可能で再現というのがすごいです。
 まぁ、製品でも#10233はそれをやってますけれども……。
 狭そうに見えて狭くないのは、あのスケールの賜物でしょうね。
 大きさって、CADでは意外と想像つかないものです

◆G@ひたひた様
 スケール感は思っていたよりも遥かに……ですね。
 量感は納得です。

>JAMでもこういった大型作品の専用カテゴリー
 なんとか走行できる場所は考えたいです。
 ただ、スペース考えると専用カテゴリ・専用スペース・専用線は難しいかもしれません。
 
Posted by sekiyama at 2014年02月24日 15:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック