何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2014年01月27日

【作品紹介】Mugen様のVW各種(その1)。動力入りとかイージービルド。カルマンギア。

 紹介遅れてしまいましたが、VWビルコン向けのMugen氏作品がbrickshelfにも上がっています。

 ビートルだけで2作。他にTYPE2が3作。そしてカルマンギアと凄いボリューム。また、それぞれ作品の方向性も異なります。 しかして世界観的整合性もあり!
 作者の幅の広さを感じさせる……といえば良いのでしょうか? まずは3作を。

     
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=538739
 先ず、吃驚させられたのがプルバック動力入りのビートル。使用しているのはシェルプロモのフェラーリミニモデル(2012〜)に使われている薄型のもの。薄いとはいえ、微妙にクセのある形状ゆえフィグ乗り車には使いにくいと思っていたのですが、見事に組み込まれてきました。

 この部品、%10039c01です(bricklinkより)。超絶薄型ではあるのですが、写真で左方に伸びているプレート部分が使いにくい印象あり。

 作品をよく見ても、何の無理も違和感もなく組み込まれています。これまでのビートル諸作と並べても違和感は全く感じられない整合性! というか、世界にあまた存在する4幅ビートル作品の中でも再現度はかなり高い部類でしょう。

 %10039c01の仕様上、タイヤがフェンダーからはみ出しますが「動力入り」の前には気にもなりません。なお、細いタイヤで目立たなくしている配慮も大きいです。
 ミニフィグはゆとり持って収まっています。サイドステップ部分が床面のようなので、天井まで3ブロックと2プレート。これなら大丈夫ですね。

 ゼンマイとはいえ、自動車の模型が自走するってことの意義は大きいです。生きてる感じがしますから。


  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=538740
 そして、「Easy to Build」のシャーシ使ったビートル。
 元来なら不人気かつダメ部品扱いされそうな、低年齢向けの一体シャーシ部品%11650c01

 この一見、ゲンナリさせられる部品ですが……いや、しかし!

 斜めに切れたフェンダーであるとか、実は4幅1シーター車に使いやすい寸法であることとか、この部品ならではの魅力で、既に幾つもの秀作が作られてきました。

 その(今のところの)究極と言えるのが、このビートルじゃないでしょうか。
 大仰なフェンダーは、明らかなほどにビートルのそれです。フェンダーとタイヤの間の隙間もフェンダーの張り出しを強調する効果が有りましょう。というか、もしファンダーに合わせた今様の大径タイヤ使ってきたらビートルらしさは損なわれてしまうでしょうね。
 無論、フェンダー間のサイドステップも忘れてはいません。車ドアも無理なく付き、%11650c01の不利を隠しています。

 ボンネット。この部品の特性をここまで生かしてきますとは。90度合わせのカーブスロープは明らかに「あのライン」を再現しきってます! 無理なくついたライトとその下のポチスロ。バンパーレスなのも全く気になりません。全体がスマートなので、寧ろスポーツチューンされたモデルという感じがします。
 真正面も美しい。そして、可愛い!

 リアもフロントと同処理です。グリルスロープ1×2など使うとまた印象が変わったかもしれませんが、敢えて前後同部品というのもありって感じがします。こっちもまたビートルらしい。

 大袈裟に言えば、このモデルはレゴ社が公式化して欲しい水準です。
 AFOL作品にありがちな無理さがなく、素直なパーツ遣いで、そして最小限のパーツ数で「完璧なビートル」を実現しちゃっているのですから。


  

 http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=538741
 カルマンギアという美しい自動車を、美しくモデリングされてきました。
 流れるラインが完璧です。カーズフェンダーを使用しつつ、その前に大きく延長することでパーツのクセを消し、美味しい部分だけを頂いています。
 裾の灰色も綺麗。リアのバンパーにつながるラインを形成してるのですね。
 フロントのバンパーも、取り付け部のごつさが実車の突出部と一致しています。

 オープンでありながら、乗車位置は低め。そのためフィグが乗った状態も様になります。そして幌を出した状態も再現できるのも嬉しいところ。

 リアのカーブは、昨今のCity車で使われている特殊ウェッジで処理。これが丸みの強いラインを作り出しています。

 4幅というスケールゆえの適度なレトロレゴ感、そして潤沢に使われる新部品・新表現。あり得たかもしれないレゴの未来を見られるのがこのモデルなのかもしれません。
 
<続く>
posted by 関山 at 01:01| Comment(6) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
http://www.dgla.jp/shop/index.php?main_page=product_info&cPath=8_88&products_id=20180
きっとビートルをそれらしく見せてるのはこの赤のウェッジの効果が大きいように思います。
正直イージービルドベースは代用ができますが、このウェッジはすごいな、と。

このウェッジが最近オフィシャルビルドでも流行なので、これはいいな、と思っていたところにこの完成度。
完全にやられました(^^;

http://www.dgla.jp/shop/index.php?main_page=product_info&cPath=4_74&products_id=2081
きっとこっちも試されてると思いますが、これじゃダメなんですよね。
このウェッジパーツの登場は大きいように思いす。

カルマンギアのリアもこのウェッジパーツ使ってますよね。
単体で見るとダメパーツなんですが、これはいいなと思ったパーツです。
もちろんmugenさんのようにビルダーの腕によるところが大きいわけですが、このパーツはいいですよ。
デジラさんに赤が出てないので手が出ないという大きな問題がありますがw
Posted by かう゛ぇ at 2014年01月27日 09:31
紹介ありがとうございます。
動力入りビートルはビルコン用に旧作の改修している内に、これはシェルプロモのプルバックモーター組み込める事が出来るのではと思い立ち、採用しました。このモーターは2プレート厚なので底が上がりますが、車高の高めな車に使うなら違和感少ないと考え至りました。思いのほか良く走ります(笑)。外観は屋根からピラーにかけてのフォルムの表現等を改修しました。

一体型カーベース使用のビートルは、使いにくい部品有効利用ネタは好きな物でこのパーツ使われた作品に感銘受けてたので、フェンダーの形状がビートルに有っていると思っていたのも有り後発ですが自分もチャレンジした次第です。フロントとリヤの特殊カーブスロープも合わせたらいいラインが出るので使ってみました。

カルマンギアは見た目はシンプルですが完成するまでにパーツの組み合わせに悩みました。カーズフェンダーとリヤの特殊ウェッジで三次元的ラインを出しました。割と特色が薄めに思ってたので評価頂き嬉しいです。

かう゛ぇさん
ありがとうございます!
あのパーツは普通のカーブスロープに無い表情が出るのが良いですね。
手持ちは一個だけなので撮影時は使い回しですw
Posted by Mugen at 2014年01月27日 22:16
これが公式モデルなら、私は少なくとも2セット買ってしまう事間違い無し。
4幅の可能性を強く感じました。
シンプルなのに、こんなにオーラを出す作品とするのって、なかなか出来るものじゃ無いと思います。
Posted by taizoon at 2014年01月27日 23:08
◆かう゛ぇ様
 %11291ですね。実は車ビルドを変えつつある部品だと思ってます。
 とはいえ、手許にまだ1個も持ってないんですけども(笑)。
http://www.bricklink.com/catalogItem.asp?P=11291
 でも、今後普及していきそうです。確かにカルマンギアのリアはこの部品の力が大きいですよね。

>イージービルドベースは代用
 実は、できなそうです。
 フェンダーアーチの裾が斜めに切れてることのデザイン的影響は、このビートルで自明です。
 Cityタイプフェンダーアーチだと、もっと重い感じになってしまいそう。

>デジラさんに赤が出てない
 赤い車屋根4×6と、猫と魚とおねーさんも手に入る、ファイアチーフカーごと買ってしまうのは如何でしょうか(笑)。

◆Mugen様
 動力の有無以前に、ビートルのアップデートが凄く良い感じです。
 フロントバンパー廻りとかすっきりしてますし。今の部品を使いこなすセンスって大事だなと思わされました。あと、屋根・ピラー系も良くなってますね。

>フェンダーの形状がビートルに有っている
 本文にも記しましたが、同感です。
 良い意味で漫画的というかディフォルメモデル的な効果が出せるんでしょうね。

>カルマンギアは見た目はシンプル
 4幅車ビルドって、一発で決まる時と、なかなか答えが出ないとき両方があります……。でも、このモデルは悩まれた甲斐があったんじゃないでしょうか。
>三次元的ライン
 昨日たまたま実車を観ましたが(!)、三次元的ライン、同感です。
 で、このモデルはそれが上手く出せていると。


◆taizoon様
>これが公式モデルなら、私は少なくとも2セット
 どのモデルでしょうか(笑)。
 ひょっとして3モデルで2セットづつ計6セット?

 いや恐らく、イージービルドの赤いビートルのことだと思いますが……でも、それくらい欲しいですね。どれもこれも(笑)。ゼンマイ入りでフィグ乗り車のモデルなんてやばすぎですし、カルマンギアもかっこよすぎですから。

>シンプルなのに、こんなにオーラを出す作品
 ある意味、レトロレゴに通じているのかも知れませんね。
 世界観的には、灰レールトレインとも合いそうですし。
 
Posted by sekiyama at 2014年01月29日 02:02
イージービルドシャーシ、手軽で大好きなのですがうまくクルマのかたちにならなくって持て余していました。
ファイアーチーフカー仕入れてきましたので、MugenさんのBrickShelfの図解みながら赤ビートルを組んでみようと思います。
ギネス級の量産車ですから何台あってもいいですよね?
Posted by 薬師山 at 2014年01月29日 20:14
◆薬師山様
>手軽で大好きなのですがうまくクルマのかたちにならなくって
 実は上級者向け部品? 使いこなしは難しそうですが、上手く使えば大化けという感じ。

 ところで、あのビートル完成したら、薬師山様のどの作品の前景においても似合いそうですよね(笑)。
 103系の前でも、ETR300の前でさえも。その辺は世界一の量産車強みかもしれません。

 ところで自分も1台作りたいんですが、意外とイージービルドシャーシがパーツでは入手しにくい……。人気なのか不人気なのかわからない状態です(苦笑)。
Posted by sekiyama at 2014年01月31日 08:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック