何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2014年01月24日

【組換作品】Mugen様の#10224組換「Town Hotel」王道!

 思えば、モジュールビルシリーズでは、初代の#10182以来「ホテル」という題材はありません。
 その隙間を埋めてくる……すなわち、王道に挑戦する組み換え作品です。



  

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=539095

 ベースは#10224 タウンホール。モジュールシリーズの中でも一回り大きな題材ですが、その物量はパーツ数喰いそうなホテルに変身させるに十分。
 また、平面形から角地物件への変身というのも、いつものMugen氏作品の魅せ方です。

 結果として、ボリューム感のあるコーナーモジュールが生まれました。
 何より、平板な印象が否めなかった#10224のデザイン上の欠点も是正されていましょう。立体的で陰影ある建物に大化けしています。

 左方にはオープンカフェ表現有り。ホテル+カフェという意味で、あの#10182カフェコーナーへのレスペクトも含まれているのですね。

 窓は2-3階は同じパターン並べることで、建物の大きさが強調されていましょうか。
 1階はパターン変えているのが効果的。2×2系の窓を3列というのはインパクトがありますから。
 タイル貼りやフラワーポットもお約束ながら美しい。

 今や遠くなってしまった、あのご先祖との比較は無理があります。
 しかし、カラーリングの上品さではこちらが寧ろ上回ってはいないでしょうか?
 
 あのご先祖と一線を画すのは、今のモジュールビルの標準。インテリア完備ってこと!
 先に明かしておけば、2階にシングル2室。3階はダブル1室。レゴの建物としては十分な規模でしょう。ましてや、制約の多い「組み換え」モデルです。

 1階のフロントとカフェ。地球儀やクレスト、時計という小物の使い方が巧い。カウンター角にあるのは呼び出しベル? カウンター奥の電話も注目です。ありふれた部品がこんな表情ありますとは。
 階段も明るい、見栄えのするもの。変な話でが、#10182よりも高そうなホテルですね(笑)。
 見えない手前にはソファがあります。

 2階。シングル×2。元セットにエレベータの関係でドアが多めだったのが、この組み換えではプラスになっていましょう。水回りは省略ですが、パーツ追加が許されるなら増設スペースは十分にありそう。角に面した部屋は「煩い」のと「狭い」ので少し安そう? でも自分ならこれで十分かな……? いろいろ想像膨らみますよ。

 3階。ダブル。かなり立派な客室です。長櫃とソファが良い効果出しています。壁の絵も。階段ホールも奥に窓があることと、手前のグリーンのお陰で明るい感じがします。

  

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=527023
 Mugen氏で#10224というと、先の「東京駅風」組み換えもびっくりさせられたものですが、今度は全く違う方向で攻めて来られ、そして元セットのポテンシャルを更に引き出しきった感があります。
 #10224を見送ってきた方にこそ、注目して欲しいと思う次第。

◆◇◆◇◆◇◆         ◆◇◆◇◆◇◆


 
 モジュール系が入手難しくなったり値上がり傾向にあるので、この20543円はお得感あります。組み換えは失敗しても元の市役所に戻せば良い。ローリスクでハイリターンな挑戦でもあります(時間とか労力はともかく)。
 
posted by 関山 at 12:34| Comment(6) | TrackBack(0) | セット内組換作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これは凄いです、さすがですね。この作品もインストを発表して欲しいものです。
10224価格がネックでなかなか手を出せませんが、資材面では良セットなんですよね。
パリジャンレストランも欲しいし悩みます。
Posted by ユウユウ at 2014年01月24日 12:54
凄すぎて言葉になりません・・・!!

ユウユウさんの言う通り、こちらもインストが欲しいです!

ホテル以外にも使えそうな外観で、汎用性は高そうです。


本当に、Mugenさんには「匠」という肩書がピッタリですね。
Posted by どん at 2014年01月24日 19:37
1階の2×2系の窓を3列並べた上部の白いアーチが美しいです。
外装も内装も隅々まで気が配られていて、素敵なホテルですね。
タウンホールと並べて飾ったところをみてみたいです。
Posted by Azur at 2014年01月25日 18:43
紹介ありがとうございます。ホテルを制作するとなると個室を作るためにパーツ喰うのが必至なので、パーツ数に余裕のある10224でモジュール組換するならこの題材が有ってると考え制作しました。

外観は間延びさせない事と、個室の仕切りに使うためブロック類の節約を心掛けました。一階窓のアーチの装飾は1×2プレートとプチスロの数が多かったので実現出来ました。アーチパーツ自体は3個だけなので一角はカフェの出入り口にして有ります。歩道の花壇はいい雰囲気が出て(濃灰のタイル節約にもなり)気に入ってます。タイル貼りは限られたパーツの中でなんとか様になるパターンを考え出しました。

肝心の個室の仕切りは幸いにもブロック類は余裕有りましたが、プレート、タイル類はギリギリでした。シングル2室、ダブル1室にしたのはベッドに使ったパーツの数から考えても丁度良かったです。内装は地球儀や時計、絵等元セットの小物が活かせました。ソファは余りパーツで作ってみました。

大型セットの組換はやはり達成感がありますね。インスト作成は前回が意外と大変だったので気長に見て頂ければ有りがたいです(汗)。

ユウユウさん
どんさん
Azurさん
ありがとうございます!
Posted by Mugen at 2014年01月25日 22:46
限られたパーツの中で、破綻しないどころか、外観では綺麗なシンメトリーを、インテリアも、現実味と説得力有る配置を実現されているのが凄いです。
東京駅風も感銘を受けて、CADでやってみた程なのですが、今度は実物化してみたいです。
Mugenさんの手にかかれば10224も公式の3 in 1を名乗るモデルも逃げ出す勢いですね!
Posted by taizoon at 2014年01月26日 02:00
◆ユウユウ様
 凄い……同感です。
 直ぐに「記事書かなきゃ!」って思いました。

 インストは大変そうなので、やはり自分で考える必要があるのかもしれません。それでも、こうして形になったものがあると「この形ができる」と実証されているのは大きいと思います。

 #10224はこの価格がほぼ底値ですし(19990円くらいが最低だったような)、今後値上がりも考えられそうなので優先順位は高めの方が良いかもです。

◆どん様
>ホテル以外にも使えそうな外観
 この外観でオフィスビルとかデパートとかありそうですよね。
 
 「匠」。同感です。
 VWコンテストの出品作も凄いものですし。

◆Azur様
 1階のアーチの手法はたしかカフェコーナーでも使われていたものですが、この組み換え例でも効果的に使わていますよね。アーチは「中に詰め込む」技法が知られて、パーツとして魅力を増したように思います。
 
>素敵なホテル
 本文でも記しましたが、カフェコーナーより快適性というか料金も高そうです(笑)。
 欧州汽車旅行の時はこんな宿に泊まってみたいものですね。無論、駅前で。理想いえば路面電車も走ってて……。

◆Mugen様
 ホテルでインテアリアまで造ると、確かに「壁」が多くなるのが問題ですよね。
 このセット選ばれたのも納得です。

> 外観は間延びさせない事
 元セットは若干の間延び感があったと思うのですが、見事に是正されています。

 アーチが3個しか入ってないので1箇所カフェの入口にしたとのことですが、意図的なデザインかと思ったほど。
 プランターで歩道タイル節約とは恐れ入りました。
 ソファ、あまりパーツにしては出来が良すぎです(笑)。

>大型セットの組換はやはり達成感がありますね
 作品写真から、その雰囲気をたっぷりと感じられますよ。余談ですが、先日のVW各種をこの前に並べたりしても絵になりそうです。インストは……余裕あればで構いません。

 それにしても、いい加減公式も箱裏組み換えモデルを復活させてくれないものかしら。
 クリエイターの3in1だって、それ以上に作例はたくさん出てくるのですし。

◆taizoon様
 シンメトリーなのは心地よいんですよね!
 インテリアの説得力も同感です。
 
 先の東京駅風とはベクトルがぜんぜん違うのですが、どちらもMugenモデルとしての魅力を放っています。

>公式の3 in 1を名乗るモデルも逃げ出す
 公式も、組み換え作例コンテストとかやってほしいなぁと思うのでした。
 賞品は……その製品をもう一箱とかで(笑)。
 
Posted by sekiyama at 2014年01月26日 15:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック