何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2014年01月14日

【作品紹介】yanagin様のEF510形 完成 短躯に全てを詰め込んで!

 yanagin様のJR貨物 EF510形電気機関車のモデルが完成した模様です。
 


  


 brickshelf
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=538659

 前回記事
「【作品紹介】yanagin様のJR貨物 EF510形電気機関車。逆スラントの美」

 前回の地点で、逆スラントの付いたちょっと濃い目の表現な前面やら、前頭部屋根カーブ。また精細な屋上機器。また力強いスカート周りなどは完成していました。ただ、側面のロゴなどが手付かずだったので「期待できる・楽しみ」な状態であった由です。

 完成品。期待を大いに上回る出来でした。
 全長32ポッチ?なので、短躯という表現も変なのですが、ショートスケールにすべての表現を取り入れているがため、素晴らしく密度の濃い作品になっていましょう。

 前面は下半部の逆スラントがさらに流麗に。EF510ってこんなに格好良かったのか? と思うほど。
 側面細窓は横組化で更に実感的に。1幅の横組みは寸法面で帳尻合わせが難しいはずですが、タイル1枚挟んだ下に3幅分の横組入れて調整していますとは。
 そして、肝心のJRFロゴとレッドサンダーロゴ。二巾分で何の違和感もない表現。隙間上等なのですが、これは全く気になりません。
 それ以上に、ロゴの存在とモザイク感が側面を引き締め、密度感を上げるのに貢献していましょう。

 床下に目を移すと、台車の空気ばね表現や、ボルスタアンカ?表現が目に止まります。電機では足回りのこうした工夫が作品の印象を大きく変えますよね。
 ただ、ボルスタアンカは上下を逆にした方が正解に思えますし、現状ではポイントなどに引っかかりそうに見えるのですが如何でしょうか?

 写真で後ろの台車はPFトレインモータに見えるので、自走は可能……なのでしょうね。
 横組箇所はありますので、PF機器の収容状況は気になるところです。

 ともあれ、イベントなどでの活躍が期待されます。
 コンテナ車も石油系タンク車も似合うことでしょう。
 
posted by 関山 at 23:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
明らかな流線型ではなくて、最近は微妙な後退角を付けた作品が流行っている感じですね…
技術的には結構難しいのに…これも成熟期に入った証拠ですね。

このEF510も、試作段階より更にうまく纏まりましたね。モニタ窓の縁取りは結構表現しにくい所ですが、完成度が高いです。ルーバーは、改めて実機の画像を見ると濃灰が一番しっくり来るのですね。参考になります。
Posted by G@ひたひた at 2014年01月15日 21:51
◆G@ひたひた様
> 微妙な後退角を付けた作品
 実物も、こうしたデザインが多いからかも?
 221−223系の頃のJR西日本もそうでしたし、東京だと東急やメトロ(営団)、京急は微妙な前面傾斜にこだわり持ってる感じがありますね(笑)。
 レゴ作品としてはスロープやカブスロの充実が大きな要因なのでしょうね。

>モニタ窓の縁取り
 クリアブロックの「縁」って結構存在感大きいですよね。上手く生かされた好例でしょう。
 ルーバーの色は悩みどころでもあり、差の見せ所でもありましょう。黒・灰色濃淡・ラメ銀・車体色……。グリルブロかグリルタイルか、或いは更に別表現か……。この作品ではその使い分けも上手く云ってると思うのです。
Posted by sekiyama at 2014年01月16日 06:24
関山様
G@ひたひた様
コメントありがとうございます。

昨年ご紹介いただいたものからほぼ作りなおしてみました。
フロントの表現はいろいろ試してこの形に落ち着いたのですが...写真に撮ってみるとフロントガラス下のスペースが目立ちますね。
また角度も少しありすぎる気がしました。改良の余地ありです。

モニタ窓の縁ですが、見た目だけでなく強度面も考慮したので一番時間がかかった箇所です。コメント頂けて嬉です。
本当はダーククリアを使いたかったのですがこのサイズが見つからず、黒とクリアの混在になってしまっています。

車輪周りの表現は、EH-500の時は手抜きになってしまっていたので、いろいろ試してみました。
ただ、ご指摘の通りポイントはおそらく通過できません(当方所有していないため気づきませんでした)。
表現に関しても改良の余地が大いにあります。

引き続き細かな箇所の直しと、あとは貨車を幾つか作ってみたいと思います。
Posted by yanagin at 2014年01月22日 00:17
◆yanagin様
 ご無沙汰しております。こちらこそコメント有難うございます。

 フロント、隙間はほとんど気になりませんよ。というより、隙間もデザイン・ディフォルメの一部になっているように思えます。角度は好みもありますが、自分はこれくらい強調されている方が好みです。

 モニタ窓もダーククリアではなく普通のクリアで違和感は皆無です。これで正解でしょうね。

 台車は幾らかの改良で更に化けそうですので、楽しみです。台車は公式製品では無頓着が続いてましたので(#10233の連接台車は別)、凝る余地は大きいでしょうね。今後も期待しております。
Posted by sekiyama at 2014年01月23日 01:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。