何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2013年12月29日

【作品紹介】キハ281系「スーパー北斗」製作中(気分屋様)


 気分屋様から頂いた写真より。

 実車についてはこちら(wikipedia)
 この形式は新型という認識でしたけど(キハ183N等に対して)、もうデビウから21年も経っているのですね。
 先々代のキハ82だったら老朽廃車始まっていそうな車齢ですが、今の車両は外形・性能ともに耐久性というか寿命が長くなってる感があります(安全面の対応はさておき)。
 外見面ではそののちの北海道の優等列車の方向性を固めましたね。


 さて。
 車体構成は気分屋氏ならではの側面タイル貼り構成+横組窓。この作りでは縦方向のラインは難しそうに見えますが、無理なく再現しています。この工法と、この種のモダンデザインの相性の良さを再確認させられましょう。また、車体裾の絞り込みはいかにも振り子車っぽいのですね。
 車体裾の「隙間」はコルゲートの表現にも見え、気になりません。ここは巧い処理だと思います。

 そして、裾に至るまで縦方向の塗り分けが続きます。全身が新濃灰ですから、青とライムのラインのインパクトは鮮烈! 編成組んで走ったらどれほど目立つことでしょうか?

 屋上機器も凝っています。というか、複雑な形をしているんですね。
 台車もエアサス表現に「この手があったか!」という感じ。カチカチヒンジにヒンジ円筒組み合わせる手法はやっぱりモダンな台車な雰囲気たっぷり。


 先頭車。このキャノピーあってこそ、この題材を選ばれたとか。
 この類型車では他表現も行われてはおりますけど、この表現もまたベストなものの一つでしょう。今はインテリア未考慮ですが格好良いコクピット期待したいものです。

 貫通幌枠は実車でもデザイン上「逃げていない」部分だと思うのですが、そこを強調するモデリングもまた好感の持てるものでしょう。このおかげで、とても精細な感じがします。
 スカートの絞り込みは美しい部分ですね。電連付ダミーカプラーもこの前面ではデザインの一部でしょうし。
 完成、期待しております。
 
posted by 関山 at 20:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これはいいですね!
毎日のように見てる車両がレゴで再現されるとワクワクします

車体裾の絞込みもすごいリアルでいい感じです
あの絞込みに関してはこの組み方じゃないと再現しにくいような気がします

屋上機器に関して複雑なのはこのキハ281系とキハ183系くらいだと思います
キハ283系に関しては屋上機器がほぼ無いに等しいですしキハ261系や他の車両はあるにはありますがすごいシンプルですからね

製作されるかはわかりませんがキハ283系を混ぜた編成を作ってもおもしろいかもしれませんね

グリーン車も製作予定なんでしょうか?
なんにせよ完成を楽しみに待っています!!

さていい加減自分もそろそろ完成させないとダメですね
この作品を見てやる気がわいてきました
ありがとうございました
Posted by at 2013年12月30日 01:05
◆隼様
 地元の方がおっしゃると説得力が違いますよ。
 屋根上機器は車種によって違うのですね。で、キハ281は複雑なので、それがまた見せ所に
なっていると。キハ283を混ぜた編成とか、私も期待しちゃいたくなります。

 あとグリーン車もドア配置がユニークですよね。再現は難しそうですが楽しみです。
Posted by sekiyama at 2013年12月31日 00:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック