何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2013年11月28日

【ヒント・アイディア】小ネタ、横組設計時の略記法

 ほんとに小ネタです。というかなんで今まで気が付かなかったんでしょ。

 設計(メモ書きレベルの。含む脳内)するとき、寸法は横方向には29ポッチ「29P」とか、縦方向には5プレート「5P」とか記したりします。で、問題になるのはどっちも略すると「P」ってこと!
 順組オンリーなら問題にもなりませんが、トレインビルドでは横組は必須です。今時、というかもう10年以上前からずっと。「2ポッチ=5プレート」の公式は基本中の基本! 
 でも、これも略すると「2P=5P」……。
 縦横で「P」が入り組んで脳内までごちゃごちゃになります。

 さて。ポッチというのは日本固有の言い方で、国際標準?だと「スタッド」ですね。
 略すりゃ「S」。つまり、横方向には「29S」とか記しゃいいんじゃ……? 件の公式も「2S=5P」で、あらすっきり!

 たったこれだけのことで、横組も捗るってものです。
 ちなみに、現在も横組だらけの題材を考えてるところです。全長30ポッチ……じゃなかった30スタッドは75プレートな感じで。
 
posted by 関山 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒント・アイディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック