何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2013年11月27日

【書籍】ちょっと気になる「LEGO Space: Building the Future」

 英語圏では多々リリースされつつある、レゴ書籍の一つです。
 レゴ社自らがアイディアブックを出すことは放擲して久しいですが、外部が出すことは認める(協力する)方針ではあるのですね。
(これは、kindle本も含めれば誰もにレゴ本デビウする機会があるって意味でもあります?)

(既にamazon.co.jpでも発売中。kindle版もあり)

 余談はともかく。この一冊は気になります。
 自分が街シリーズ、汽車シリーズと同じくらいに「宇宙シリーズ」……今で云うクラシックスペース好きであったことを思い起こさせるじゃないですか、この表紙は!

 冒頭はびっくり「スプートニク」から始まる! 「本物の」クラシックスペースとは。
 この他にも現実の宇宙開発史をテーマにした作品続きます。個人的には期待はずれではなく、むしろ嬉しい流れ。ロシアでもアメリカでも博物館に行くくらい、宇宙機もまた好きなメカなのです。

 もちろん、表紙のような「レゴ的」クラシックスペースなモデルも。
 あの時代の製品が、今のクオリティで造られるとこんな雰囲気になるのでしょうか(あぁレゴスペースが別の進化の途を辿っていたら……)

 この1冊、「なか身検索」で見る限り、古いレゴファンが「スペース」に求めるもの、攻撃的でも侵略的でもない(苦笑)、「宇宙開発」をテーマにした作品に溢れているようです。

 また、bricksetにもレビュウが上がっています(いやまぁ、此方で知ったのですが)。
「Top 5 LEGO books of the year」
 Huw氏に依る、今年出たレゴ本の順位付け。堂々の1位。

「LEGO Space: Building the Future」
 こちらは内容レビュウ。絶賛!
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Kindle版買いました。スプートニクにだまされてはいけません。これは、プロローグです。たとえていえば、「2001年宇宙の旅」ってモノリスに驚くサルの映画だと思ったら大間違い、という感じかも(よけいにわかりにくいかも?)

現実の宇宙は17ページまで、あとは最後の225ページまで、みんな大好き宇宙ののりもの大集合です。しかもぜんぶフィグスケール、海外物にありがちな物量大作戦ではなく、日本人も大好きな緻密メカのオンパレードですよっ。組み方も(一部分のメカだけですけど)載ってます。

CuuSooで発売予定のあのメカも・・・。そうか、こういう文脈での提案だったのかってわかりました。
Posted by 薬師山 at 2013年11月28日 22:10
◆薬師山様
 「ちょっと気になった」段階で、「なかみ検索」で見た限りで記事書いてしまったので、中身に関しては的はずれなこと書いてしまったかもしれません。

 2001年の喩えはよくわかりますよ。いやもう適切すぎるくらいに(笑)。

 18−225ページまで、レゴな宇宙乗り物大集合ですか、こりゃ思っていた以上のボリューム有りそうですね。
フィグスケールであるとか、緻密メカとか確かに魅力的に過ぎますね。

 それにしても、本家の「宇宙シリーズ」はもっと渋い路線に戻って欲しいなぁ……。
Posted by sekiyama at 2013年11月30日 00:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。