何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2013年11月07日

【作品紹介】ひだか様の新交通システム(AGT) 坂を登る/2列車相互の自動運転!

 ひだか様の新交通システム(AGT)は順調に開発が進んでいるようです。先ずは登攀を可能に。

 勾配を含むコースでのテスト。

 コース全景。手前は「自作レール」区間。
 実物に有りそうな勾配は余裕でクリアしている様子が伺えます。また、駆動輪数が多い分、ひだか式モノレールよりも登攀能力は高そうにも見えます。

 勾配の繋ぎ部分。公式トラックシステムに合わせてテクニック仕様で滑らかな傾斜曲面を作っています。反対側も同様。


 そして、単線で2列車が相互運転する「自動化」試験。
 この種の乗り物は実物もまた「運転士なしの自動運転」ですから、この意義は大きい。
 
 奥がテスト用に増備された2号車。実用本位ではありますが、単車でモータ・電池・受光ユニットを搭載しているのが注目されます。
 手前はRCXと直結されたPFトレインリモコン。PFとRCXの連動をどうやっておこなってるかというと……。

 ……機械的連動です。RCXの出力でモータを動かし、それがPFリモコンを操作する。素朴なようですが、このシステムもまた可能性を広げそうです。
 問題があるとすると、リモコンが確実に受信していないと停止が確実に行えず、暴走リスクが有ることかもしれません。
 とはいえ、PFの動力車がRCXで自在にコントロールされているのはインパクトがあります。
(理想を言えば、PFリモコンをRCX的に操作できるPF版簡易マインドストームが欲しいってことなのですけども……。Wedoは無線化出来ないのでこの種の用途には向きません。で、NXTはV3でますます肥大化高額化しちゃいましたし。どうにかならないのものでしょうか)

 コース全景。列車検知は光センサー。ポイント2箇所はもちろん電動です。
 2列車が相互に走り続ける様子は凄く楽しい! 展示などにすれば見応えありそう。
 
posted by 関山 at 21:01| Comment(5) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は,PFの赤外線信号自動化のために,http://www.hitechnic.com/cgi-bin/commerce.cgi?preadd=action&key=NIL1046
を購入しました.
EV3のリテール版に標準で入っているものとほぼ同等です.

Mindstorms NXTを持っている人には7000円くらいの投資でできる自動化ですが,それでもやっぱり敷居は高いですね.
Posted by なかやま at 2013年11月07日 22:50
もうここまで開発が進んでたんですね

この新交通システムとモノレール、通常の鉄道の三つがあれば、精密鉄道模型も真っ青の面白いレイアウトができそうです

あと、ひだかさんは九州の方なんですね。HPに鳥栖とマリノアのクリブリの写真が載っているのを見て懐かしくなっちゃいました(もう何年も行ってないので)
Posted by どん at 2013年11月07日 23:23
自動がもやってみたいカテゴリですが、勾配が可能ってモノレールもですがやっぱりいいですね。
レゴトレインもトルクとマグネットの問題がなければ可能とは思うんですけどねw
Posted by SUU at 2013年11月07日 23:25
ご紹介いただき、ありがとうございます。
TEST 4で、AGTらしいところまできた感じでしょうか...

記事の中でも指摘されている暴走は、起こる可能性が十分にあります。
しかしながら、モノレールのように脱線の危険性がない分、妙な安心感があります。

課題がないわけではないので、もうちょっと試行錯誤が続くかもしれません。先に3両以上の編成時のパワーテストでしょうか。
その一方で、そろそろモノレールとの混合レイアウトも考えたいところです。

今回、スイッチ切り替えのモーターは新しいタイプですが、コネクタ変換ができる延長ケーブルを使って、RCXで駆動しています。
なので、まだまだRCXは使えるなと勝手に思っているしだいです。
Posted by ひだか at 2013年11月08日 01:10
◆なかやま様
 なるほどです。マインドストーム関連は社外品が元気なのは興味深いです。
 まぁNXTという地点で、普通のレゴ好きには資金的・技術的にちょっと手が出しにくいものになってしまってますよね。前も愚痴った話ですが、マインドストームに必要なのはEV3のような方向じゃなくて、寧ろ機能の限定による価格や技術面での「引き下げ」だと思うのですが……。
 RCXの頃は、もっと普通のレゴファンでも手を出せる範疇にあったとおもうのです。

◆どん様
 普通の鉄道模型では規格化されにくいモノレールやAGTの動力化は進んでいませんので、別方向の進化といえるのかもしれません。ここらで「なんでもあり」なのはレゴの面白い所だと思います。

◆suu様
 レゴトレインの勾配対応は何処まで頑張れるのか、これはこれで興味のあるテーマです。自作動力で高トルク車を用意、これをオールMでとかいうなら結構頑張れるかも?
 なお、ラック式も昔作りましたが、あれをPF化する方向性も今はありますし。9Vしかなかったころより実験しやすいのは事実でしょうね。

◆ひだか様
 AGTは自動運転……が標準実装ですものね。「らしい」っていうのは納得です。
 暴走しても脱線の可能性が低いということで安心しました。なお、普通の天井のある部屋ならPF赤外線を天井にバウンスさせると精度が上がるような気がします(リモコンを天井向けに)。

 3両編成は見てみたいですね。モノレールとの混合も最終目標として興味深いです。「新橋+浜松町」な光景が叶うなら言うことなしです(笑)。

>まだまだRCXは使える
 RCX……端子をPFにして再販してくれないかしら(笑)。マインドストームジュニアとか称して。メインユニット10000円くらいで出してくれりゃEV3とはぜんぜん違う市場拓けそうなのになぁ。
 
Posted by sekiyama at 2013年11月10日 19:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック