何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2013年10月04日

【作品紹介】G@ひたひた様の713系電車(CAD)画期的前面表現!

 思えば、タン色……普通の言い方をすれば「クリーム色」がふんだんに使えるようになって、レゴで作れる題材は確実に幅が広がって来ましたよね。15年前は存在せず、10年前は未だレア感が強かったのですが。
 今は「基本色並みにありふれた色」の一つになってしまいました(無論、問答無用でありがたい限りです!)。
 だからというわけではないと思うのですが、九州の希少形式713系電車です。
 
 先方の記事こちら 「713系…CADですが。」

 実物はこちら。
 1983年に2両編成が4本のみ製造され、九州西部に配置されたもの。その後交流電化区間の普通列車用には特急型や急行型の余剰車転用の方向となったため、希少車になってしまいました。
 なお、2つ扉両開きセミクロスシートの新性能電車というのは417系に始まってどれも少数派です(転クロの117系や115系3000代は別として)。居住性・製造コスト面から3扉車よりもメリット多いはずなのですが……。
 デビウ当時はクリーム色に緑帯という軽やかな姿が印象的でした。寝台電車改造の715系も同じ塗色で、国鉄末期の九州鉄道近代化のシンボル的雰囲気はありました。
 今は宮崎空港連絡用に内外装を改めて、全車が健在です。


 作品の雰囲気は見事に「クモヤ791」+「117系」です。いや、国鉄電車は同じ設計の反復が多いのでこれで正解(笑)。整合性ばっちり。
 寧ろレゴでの制作だと、同じ型を使いまわせるメリットよりも、色違いでパーツ事情が違ったりするので整合性保つために却って苦労させられたりするんですよね。

 もちろん、交流電車ゆえの複雑なパンタ廻りも魅力いっぱい。
 個性的な、何処か悠然とした側面も雰囲気が伝わってきます。なお、後ろの車両では床下の「手歯止め」に注目。ここを再現した作品ありませんでしたね。確かにカラーリングで良いアクセントになっています。


 そして、圧巻は前頭部
 これまで「国電顔(近郊型・急行型)」はBUCHI氏の113系(もう10年以上前の、而して偉大な作品)以来、半ポッチずらしが定着していましたが、そこに変革を加えるこの顔!
 全体は半ポッチずらしでありながら、パノラミックウインド部のみをヒンジで角度付けるというアイディアは画期的。
 現物を見るまで正当な評価は難しいですが、CADで見る限りは「あの丸み」「流動感」がきっちり現れておりますね。車体幅が広がって見えてしまう問題はありますが、この顔の場合は却って好都合でもありましょう(レゴトレインは普通に作るとウマヅラになりますから)。
 また、手すりやステップの細かさも好感持てるところ。

 実制作されるかどうか不明ですが、こんなお題もあるというヒントになったのは云うまでもありません。
 似たような車体では417系や717系というバリエーションもありますし。

 また、前面表現はいろいろ影響を及ぼしそうです。
 

 
posted by 関山 at 23:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本来は、117系を6輛にするかも的に予備で注文したトレインドアを、117系が4輌で頓挫した場合の救済案(笑)だったのですが、…

…困った事に、ブロックの組み方としては、117系よりも遥かに完成度が高くなってしまい、オマケに顔が美形に出来てしまったので、117系よりもこちらが作りたくて仕方が無い…といった困った状況になっています。

カンブリにお願いしたパーツが届くと、手持ちのパーツでほとんどこのまま作れてしまいますし。

…宮崎に出張した時に、晴天で、緑の水田が広がる中を走る、サンシャインカラーの同車を見たのですが、惚れ惚れする程美しかったですよ!

塗色変更車はあまり好まないのですが、ドーンデザインは良い仕事をしますね。青(紫?)のトレイン窓があれば、こちらの色を作りたいくらいです。…と言うか、大小トレイン窓って、今、何色が手に入るのでしょう…?
Posted by G@ひたひた at 2013年10月05日 02:23
サンシャインは宮崎の方を走っているので、実物を見たことがまだないです・・・

しかし、九州でこのような国鉄型が残っているのは鉄としては嬉しいですが、乗客として見ると、九州が「中古車のたまり場」「車両の墓場」とか言われてた時代の遺産みたいなものなので少し複雑な気分です。普段の生活で乗るならJR車両の方が良いですし(JR派としても)。

ただ、サンシャインみたいに水戸岡デザインが加わると、古い車両でも乗るのが楽しくなりますね。レッドエクスプレスは今でも印象的ですし。
Posted by どん at 2013年10月05日 18:53
お久しぶりです。パノラミックウィンドウの表現に思わず見入ってしまいました。確かに透明ブロックを足すだけでは、いまいちだし角度もつかないので悩んでましたが、目から鱗です。実現したら拝見させて下さい。
Posted by satoatsu at 2013年10月06日 11:39
◆G@ひたひた様
 いや、117系も完成度高いですから甲乙つけがたいですよ。
(間を取って115系3000番代は如何……と余計なことも考えてしまいました。忘れてください)
 
 顔に関しては多少のデメリットあるものの、確実に印象は変わりますね(153系で試してみた感じ)。側面優先ならBUCHI方式、前面優先なら今度の方式が有利な感じがします。

>サンシャインカラーの同車を見たのですが、惚れ惚れする程美しかった
 JR九州の水戸岡デザインは派手なのに、自然・景観との調和は取れていると思います。割と例外なく。単色塗装でもレタリングなどで安っぽく見せてないんですよね。「末期色」と違うところだと思います。
 
>大小トレイン窓って、今、何色が手に入るのでしょう…?
 フルサイズ
 赤・青・紫・タン・黒・白・黄・旧灰・旧濃灰
 ハーフサイズ
 赤・青・紫・タン・黒・白・黄・緑・旧灰・新灰・旧濃灰・新濃灰
 
 ただ、手に入りにくい(=高価な)色が多いです……。レゴ社のトレイン軽視政策ゆえ(怒)。
 ハーフに関しては青は入手難易度高いので、紫のほうがお勧めかもしれません。


◆どん様
 九州に関しては国鉄時代の車両より新車のほうが圧倒的に良くなったケース多いですから、新車が嬉しいというのは分かりますよ。いや世にはそうじゃないケースもありますからねぇ(苦笑。具体例上げるとキリがないですが)。あと、九州でも815系はいただけません。ありゃ失敗作でしょう。キハ200ロング車も運用間違ってますし……。
 まぁ国鉄時代でもキハ30系列の長距離運用とかふざけるなって事例はありましたが。

> 水戸岡デザイン
 レッドエクスプレスはびっくりしました。あと103系1500代も塗装変更が効果的だった例でしょうね。一方で、数の多い415系やキハ40辺りは「敢えて」水戸岡化を控えてるのかしら?

 
◆satoatsu様
 この発想は驚かされましたね。これまでの「定形・定番」できていたところへのアレンジが効果的です。あと、satoatsu様も新作に導入されてみては如何でしょうか(笑)。この手法が使える題材って国鉄型の大多数形式ですから、塗色変更とか改造車も含めればお題は無限のレベルで……。
 
Posted by sekiyama at 2013年10月09日 03:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。