何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2013年10月01日

【雑談】何時かは出てくると思ってたこの発想 「アニ鉄! アニメと鉄道の素敵な関係」

 おもいっきり余談からですが、1984年に「レイルマガジン」誌が創刊された当時、そのポップカルチャー的な編集に小学生ながらたまげたものです。
 この世界では初の「軽く」「柔らかい」編集でした。

 それまで鉄道趣味誌といえば技術専門誌の流れで一般向け趣味誌だしてた「鉄道ピクトリアル」とか、社会派自称してた「鉄道ジャーナル」、妙に高尚というかスノッブ路線が鼻についてた「とれいん」みたいなのしかなかったわけです。「鉄道ファン」は中庸ながら、他の流れでやはり硬めな編集でした。

 管理人は他誌(主にピク)も読みつつ、「レイルマガジン」の独特の雰囲気に当てられて行きました。
 それにしても主観で「カッコ悪い(確か京王の7000系)」とか書かれた新車紹介なんて他の雑誌じゃ考えられないですし(あとで怒られたらしい)、当時は存在さえもタブーだった現金輸送車マニ30の模型化作例+形式図載せちゃったり(あとで物凄く怒られたらしい)、良い意味ではっちゃけてました。

 そんな雑誌ですから読者欄も良い意味でなんでもあり。
 イラストコーナーはもちろんですが、替え歌あり、アニメイラストあり。鉄道趣味界のアウトかファンロードというのは言い過ぎかもしれませんが、かつてなかった熱さがあったのです。
(ちなみに他誌はといえば、「ファン」「ピクトリアル」は真面目なニュース投稿主流。「ジャーナル」は(主に)国鉄に意見投稿して国鉄からコメントが付く……なんて世界でした)

 ですが、さすがにアニメネタは読者コーナーにとどまっていました。
 この辺が1990年ころまでの話です。

 で、幾星霜(新車がデビウして、それが廃車になってもおかしくないくらいの期間)を経て。

 2013年夏。ついに「出るべき一冊」が出てきました。いや、鉄道会社の萌キャラとか、「痛電」ことラッピング車両も当たり前になって久しい今となっては寧ろ遅いと云うべきか……。
 そういえば、萌え+軍事なんて雑誌は随分先行して複数社から出てますよね。

 

 版元がレイルマガジンと同じくネコ・パブリッシング。まぁ鉄道趣味関係ではここしか出せないでしょうね(笑)。あ、イカロスならおかしくないか(笑)。
 また、アニメ系のメディアから出てこなかったのは幸いかもしれません(どうしても情報の質が下がります)。

 この1冊が、アニメファンと鉄道ファンの相互乗り入れ直通に貢献するのでしょうか……?
 また、鉄道ファンを意識したアニメ企画なんて方向に繋がれば楽しいのですが
 思えば、ミリタリー(海陸空)は随分先行して、相互のファン増やすのに貢献していますものね。
 やって出来ないことはないと思うのです。
 

 
posted by 関山 at 20:44| Comment(7) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
痛車雑誌の痛Gと似たような感じですね。
あちらはカスタムカー誌など発行している芸文社ですし。
クルマ本として見ると若干うっすい内容なのはありますが。

車が出てくるアニメはありますけど、鉄道が出てくるアニメって何かありましたっけ?
Posted by Tamotsu at 2013年10月01日 22:08
結構前にこの雑誌を読みました
「鉄道をアニメ方面から見る」みたいな雑誌は初めて読んだので、かなり印象に残っています

鉄道が主題のアニメ、といったら何でしょうかね?
直近でいえば「鉄子の旅」や「ミラクルトレイン」、昔なら「銀河鉄道999」とか・・・。
そういえば、「新劇場版エウ゛ァ」のスタッフには鉄オタが多いとも聞きました(DD51やシキ800とか出てましたし)

個人的には、ラノベの「RAILWARS」を映像化してくれると良いのですが、JR派の私からすると複雑な気分です(国鉄万歳!な内容ですし)
Posted by どん at 2013年10月01日 22:48
「おもひでぽろぽろ」の鉄道シーンが、既に資料的価値を持っていますね。
東北本線内のED75と、山形到着寸前のEF71+ED76がちゃんと描き分けられていましたし、帰路は昼行で仙台廻りの行程…といった現実的な設定も良かったです。旧カラーの475系やキハ20系も出て来ましたし。
CGが無かった時代に、手描きの秒間24コマで迫って来るあけぼの号は迫力がありました。

最近では京津線や223系(?)が出て来た中二病〜かな…室内だけですが、湖西線内のサンダーバードや、小浜線の125系も地味に出てましたね。

RMの初期は、色々な意味で弾けていましたねw
10〜20号前後だったと思うんですが、本代浮かす為にイラスト送って献本頂いていましたw まだ腕木信号やキハ35があった頃の姫新線とか描いた記憶があります。
Posted by G@ひたひた at 2013年10月02日 02:25
◆tamotsu様
 突っ込まれると思ってたのですが、この手の流れは車雑誌も掴むの早かったですね。まぁ車雑誌のほうが硬派軟派の幅も広いですから(あと鉄道趣味誌よりは市場も広い)当然のことでしょうが。

 対象が元来のカスタムカーファンとは違いますから、内容薄めにせざるは得ないのかもですね。

> 鉄道が出てくるアニメ
 鉄道が主体、は凄く少ないです。
 作劇化(特にエンタテインメントとして)し難いのは分かるんですけどね。
 下手に作ると悪い意味で湿っぽい話にしかならないですし。そんなの見たくないよ!
(というか、今のアニメファンの指向にも合わないでしょう)
 組織とかいう意味ではミリタリと共通性もあるはずなんですけどね。あっちほどはっちゃけた話が造れないみたいです。

◆どん様
 8月に出てますから、ちょっと記事化が遅れてしまいました。
 鉄子の旅は放送範囲がCSのみっていうのが不利でしたね。原作は読みましたけどアニメは殆どみてないです。ミラクル☆トレインは女性向けなのでパスしてしまいました。これも原作はチラよみしたことありますが(笑)。銀河鉄道999とその続編は言うまでもなく、ですが、この作品には「言いたいコト」多すぎるので語るのは別の機会に(苦笑)。

 エヴァは新劇というか旧TV版のころから鉄道ファン評価高かったです。新劇はそこが極まってますね。

 RAILWARSは気になってます。いつか読まないと。
 国鉄バンザイ……は鉄道ファンの大多数を意識するとしかたないかもしれないですね。

 そういえば電車でDっていう有名すぎる同人誌もありました。


◆G@ひたひた様
 「おもいでぽろぽろ」はすごかった。ジブリ的……というよりゃ高畑的コダワリ・完璧主義が炸裂してたと思います。「あの時代」を見事に切り取ってます。あぁ、久しぶりに見たくなりました。

 そういえば「王立宇宙軍」も架空の星の軌道系輸送機関きちんと描いてましたね(笑)。

 中二病ほか京アニ系も拘りが凄いですね。リアルティを追求されてる。「聖地巡礼」とか、地元のまちおこしの流れと結びついて、この意味ではアニメにおける鉄道描写がよくなる傾向なのは嬉しいです。
(まぁ、最近でも酷いのは酷いんですが。3扉のキハ40でパンタ乗ってたりとか。ロングのカットではモノレールが懸垂式なのに、アップでは跨座式とか)


>RMの初期
 あ、話題が合う方いてくださって嬉しいです。
 あの弾け方は感動的ですらありました。ただ、今読むと痛いところもちらほら(笑)。
 車とかビデオ撮影のような展開は面白かったです。そういえばスノッブ路線の某誌と戦争状態だったのも傍から見てると面白かったなぁ(笑)。ネット普及以前だからのような気はしますが。

 余談ですが、今のRMMもヘタウマ漫画とか妙に味があって安心させられます。
 
 で、初期RMにG@ひたひた様のイラスト載っていたんですか? こんど探さなくては(幸いにも?手許にはもうないので、少々の時間が掛かる予定でし……)。

 
Posted by sekiyama at 2013年10月02日 05:34
アニメ制作会社のアンサースタジオ(「ゴルゴ13」や「しまじろう」のスタジオ)のホームページにある社員の企画(アイデア?)掲載ページに、『軌道救助隊』とかいうアニメ企画のネタがありました。

面白そうなのに、実現しなかったのが残念です
Posted by どん at 2013年10月02日 13:25
すっかり忘れていましたが、80年代末期の、りんたろう監督のOAV「X電車でいこう」がありました。EF5861が暴走しまくるやつです。鉄道模型も出てたような気がします。

あと、劇場版(だったかな…OVA?)の「究極超人あ〜る」に飯田線ネタがたっぷり入ってましたよw…下村山駅から伊那上郷駅までの、電車と人間の競争ネタは、ナイトスクープで実際に検証された事もありました(笑)
Posted by G@ひたひた at 2013年10月02日 14:21
◆どん様
 情報有り難うございます。「機動救助隊TETS」ここですね。
http://www.answerstudio.co.jp/html/w_tets/j_works_tets_1.htm
 いや、こんな企画がありましたとは。この手は元来のキッズ向け企画でももっと考えられても良いでしょうね。そういえば、仮面ライダー電王も好評だったみたいですし。


◆G@ひたひた様
 X電車で行こうは原作短編小説は読んでます。OVAは幻の作品かと思ったら(DVD化されてない)、今は(以下略。原作は正直嫌いな作品なのですが(嫌いの理由言うとネタバレになっちゃいますね)、相当にアレンジされてるようなので観たほうがよいのかな。

 あ〜るのOVAは大好きな作品です。あの時代とは思えぬ濃さ・濃ゆさですよね。原作は青春のバイブルだったりしますよ。日本中の文化系クラブが「光画部」意識してたんじゃないかしら、あの時代……。

>電車と人間の競争ネタ
 学生のとき、先輩が挑戦してましたっけ。成功してました。


 しかし、こうした作品群って単発的であって、流れとして続かないのはちょっと残念ですね。その意味じゃミリタリーは羨ましい(笑)。最近じゃ空→陸→海、って順番で盛り上げってますしねぇ。
Posted by sekiyama at 2013年10月05日 01:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。