何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2013年09月03日

【イベント:JAM】2013 JAM 驚異の中央駅

 PeachTree氏渾身の作、中央駅に関しては別記事にしなけりゃいけないなぁ……と思っておりました。JAMのレゴブースレポートの締めくくりとしてお送りします。


 中央駅のあるエリア全体。750mm×1800mmのテーブルからはみ出さんばかりのサイズ。
 そして、このエリアのとてつもない密度! ここだけを覗きこんで行かれるお客様も多々。

 飽くまでJAMでは建物よりも線路・列車が主役なのですが(ここはBFT等とは違うところ)、このテーブルに関してのみは建物が主役でした。
 ブース全体を作りこむ……のは原状不可能ですが、一部のみを作りこむことは十分に可能なのですね。

 構成ですが、向って左側が駅本屋部分とホーム1本で1線、右手にホーム部分でここは2線。

 駅の雰囲気はイギリス風でもあり、個人的には東欧(含むロシア)を思い浮かべました。なにより派手にならない程度に華やかな色遣いも絶妙! 色数抑えりゃリアルに見えるわけではないことを教えられる感じ。また、ガラス窓の細かさが建物としてのリアルティを増してもいましょうね。
 アーチの天蓋も角度が適切です。白でクリアグラスなのは明るさという面でプラスなのですね。


 ホームと天蓋。屋根端部分の装飾の凝り方も注目。角屋根なのに、丸屋根のように見える意匠。構内の緑やら照明灯などにも注目です。
 勿論、佇んでいる欧州系の蒸機も似合います!
 背後の駅本屋のボケ具合が、規模の大きさを物語る……。


(この1枚はG@ひたひた氏の撮影。使わせて頂きました)
 天蓋内部。斜めの補強柱は実用でもあり、美しくもあります。天井の高さも印象的。
 この空間に居るとJNRな急行型電車も「旧式なインターシティ……?」に思えてくるので不思議ですね。

 それにしてももっと早くこのアングルに気がついていれば、もっと似合う列車を並べて撮りまくりましたのに(苦笑)。


 線路側より。駅本屋部分は正しくモジュールビルな規格とディテールです。内側・裏側の作りこみもすごい。右手に見えるのは小規模な駐泊所。ポーランドの電機が待機中。
 左手手前に見えるのは信号所。鉄道の施設もまた完璧に揃っています。


 この中央駅のすごいところは、内部の作りこみにもあります。
 駅本屋部分のエントランスホール。なんて情報量の多い作品なのでしょう!
 しかして、全てがまとまっている。出札口の時刻表?や、床の埋め込みスロープ! 


 駅本屋部分の二階はバー/レストラン。カウンターのグラスやボトルにも注目です。
 右手には構内見下ろすバルコニー。あと、目立たないところにバケツやモップ。作りこみ、物凄いです。


 別角度より。右手にコジャレたエントランスやパーテーションも確認できます。グリーンも大事です。
 左手は厨房。広々と。整然と。

 さて。大変惜しいことに、駅の1階を拝見する機会を逃してしまいました。こちらも作りこまれているのでしょうね……。


 ホーム片隅の売店。古い電車の一部を再利用したもの。本物かフェイクはわかりませんが、こうした意匠は楽しいものです。売店の商品もまた素敵。魅せ方が巧すぎます。
 

 その他画像はこちらに(検閲済。但しあと2−3枚ですが)
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=533728

 この中央駅は出来れば来年も、二枚看板のうちの1つ(もう一つは言うまでもなく片岡氏の斜張橋!)として登板願いたいものです。
 3日間ありましたが、まだまだあの濃さを味わい尽くしていないのですから。
 
posted by 関山 at 20:35| Comment(5) | TrackBack(0) | イベント(JAM) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
撮影は人任せにする方ですが、BFTの時に大後悔したので、
今回はちょっと意識して撮影してたのですが、
記録はやはり、複数人数でやるべきですね。

これだけ無数の撮影ポイントがあれば、
まず、3日以内に気が付かないポイントって、結構ありますので、
それぞれ自分が気に入った所は押さえておくべきですね。

他の人が撮影した画像を見て、初めてその重要性に気が付きます。
得意な画角やアングルの癖が、人によって全然違いますし。

涼しくなって来たので、JAMに間に合わなかったネタにも取り掛かりたいのですが、
最近、やっとBFTの残骸をパーツ箱に戻し始めた所ですw
Posted by G@ひたひた at 2013年09月04日 02:11
存在感抜群の中央駅ですが、いかつい感じはあまりなくて、
ほっとできる雰囲気なのが素敵だと思います。
天蓋や窓枠、屋根の縁が白くて明るいのに加えて、
天蓋の大きなアーチ、駅正面の円柱、屋根の半球状の飾りなど、
曲線をポイントに使っているので優しい印象になったのでしょうか。
JAM会場では見ることができなかった建物内部が拝見できて嬉しいです。
sekiyamaさんもご覧になっていないという1階の構造がとても気になります。
Posted by Azur at 2013年09月04日 08:11
記事ありがとうございます。
この駅は2011年末にPeachtreeさんのブログ(&棚)に
紹介されたんですが、その後の進化は記事になってなく、
そもそもブログが今年になって更新されていないので
是非本物を見たかったです(涙
Posted by logos at 2013年09月04日 08:54
素晴らしい!です。
エクステリアだけでも圧巻なのに、内部まで緻密に組まれていているのですね。
中央駅構内でちょっとしたツアーができそうです。
来年はこの駅へ乗り入れできるようなモノを用意したいです。
Posted by 薬師山 at 2013年09月05日 19:23
◆G@ひたひた様
 写真・動画、複数の目って大事ですよね。
 それに加えて自分の目もあれば言うことなし。ただ、撮影にかまけていると肉眼で見る機会を逸したりもするので加減も難しいのですが。
 今回は幸いにも複数視点は成功できたと思います。

>得意な画角やアングルの癖が、人によって全然違いますし。
 結構学べるところありますものね。
 「あ、ここ撮ってなかった悔しい!」を次回の糧にできりゃ儲けものです。

>BFTの残骸を
 えーと、JAMじゃなくてBFTですか(笑)。
 とはいえ、当方もBFT残党の建物のレストアそろそろ掛かりませんと。再デビュウさせてあげたいのです。もう5年も前なのですね。

◆Azur様
 イカツイ感じがない、のは同感です。
 この種の建物、実物でもそうですが下手すると権威主義的に見えてしまうリスクありますものね。
 曲線の多用も、おっしゃるとおり成功されてますかと。
 
 この建物内部はまだまだ見せ所がありそうです。来年も登板願いたいものです。

◆Logos様
 この「完全形」になったのはこの会場が初めてだったそうですよ。
 まだ展示の機会は作りたいと思いますので、その折はぜひともお願いします。

◆薬師山様
> 中央駅構内でちょっとしたツアーができそう
 同感です。ここだけで1日じっくり拝見・撮影の価値がある場所でした。
 
>来年はこの駅へ乗り入れできるようなモノ
 本線系でしょうか。今年の小型車両軍とは違ったセンスが顕れそうで楽しみです。
 
Posted by sekiyama at 2013年09月06日 02:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。