何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2013年07月30日

【作品紹介】JOKER様の「縁日セット」他/和風エリアは盛り上がる!

 街の基本こそはモジュールビルの純欧州調(レゴの元来)。

 しかして、日本形車両同様に「和風もできる」というレゴの力を見せつけた、和風エリアは去年は予想外の大好評。今年はかう゛ぇ氏の作品に、新たにJOKER様の作品も加わり、よりパワーアップ。

 JAM2013の出展用としてご提供予定されているものを許可得て公開します。
 縁日やら、精細な和建築、特徴を適切に抑えられたコンビニ。楽しい移動販売車など。
 
 1/80な「エコーモデルの世界」(amazon)というのは大げさにしても、1/150の「街コレ」な世界には十分匹敵しておりましょう。

 こうしたアクセサリ、1/80や1/150と同様に、列車を大いに引き立ててくれるのです。
 いや、列車よりも寧ろこっちが魅力的なんてことさえも(笑)。主役を食ってくれて上等! それでこそジオラマ、鉄道模型のレイアウト。
 何より、「車両が背景」なんて普段はできない贅沢なのですから。



 縁日セット。JAMという鉄道模型の「お祭り」にふさわしい!
 賑やか、そして楽しげ。ここにはかう゛ぇ氏の神社も繋がってきます。


 縁日別角度から。提灯の効果はとてつもなく大きいです。


 和建築。居酒屋。1棟をじっくりと眺め回してみたい精細なモデル。二階で涼んで居るおじさんの風情が素晴らしすぎます。これも夏の祭の周辺にふさわしい。

 この裏を抜けていく郊外電車の2連、なんてドキドキする情景になりましょう。


 和建築。理髪店。これまた精細なモデルです。軒テントやら回転看板の作りなど10000番代的仕様。和モジュールなんて商品展開あったらこんな感じになるのでしょうね。
 待ちのベンチやら、漫画詰まった本棚?など見えるのも素晴らしい。
 
 一気に時代が下って……



 ……コンビニ2種。お馴染みの「7」っぽい店、「L」っぽい店です。
 16×16の空間にコンビニが圧縮されているというだけでも驚異的なモデル。商品は勿論、レジカウンターとかその上のホットケースまで再現されてるようです。
 JAMの展示というより、普通に4幅車を前において撮影とかしたくなっちゃいます。

 で、勿論、車もあり。

 移動販売車。オート三輪。ターレット。
 街を楽しくリアルに。ターレットは港でも駅でも大活躍!
 拙作は乗用車に偏ってますので、この種の車をご用意してくださるとほんとうに嬉しい。

◆◇◆◇◆◇◆

 以上。JOKER様の出展予定を紹介いたしました。
 が、これとは別にかなり強烈な「鉄道車両」(自由形)も出していただける予定です。
 こちらも後日紹介。賛否分かれそうなのですが、個人的には「あり」です! お楽しみに。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(8) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これはツボです!
私の中では既に車輌が食われているくらいの衝撃ですw

鉄道模型はレイアウト&ストラクチャーが重要な要素…という事を
車輌ばかり作っていて盲目になっておりました。

学生の頃は、髪を切らずに旅行に行き、
街の情報は散髪屋で仕入れる…とかよくやってたのですが、
このモデルはその楽しい思い出を喚起して、涙モノですよ!

縁日もイイ! 居酒屋の2階もいいですね〜!
夏祭り気分を、こんな形で味わえるとは思ってもみなかったです!

JAMの楽しみが増えました。
いいものを見せて頂き感謝!
Posted by G@ひたひた at 2013年07月31日 01:56
同じく、激しくツボです!

個人的にちょうど純和風の建築物を作るには…と思案していたところだったので、まさに「これだ!」という感じです。

ひたひたさんと同じくJAMで拝見出来るのが楽しみです!
Posted by awazo at 2013年07月31日 20:26
居酒屋が大好きです!とってもきれいな日本のいい時代を見せていただいた感じですね。軒先ののれんがなびいている感じがとてもすてきです。
Posted by satoatsu at 2013年07月31日 22:11
耳をすまぜば祭りの喧騒が聞こえて来そうな縁日。かヴぇさんのこれまた、良い雰囲気の神社との組み合わせすれば、引き立て合う事、必至ですね。
居酒屋は白壁が、床屋は、焼き板っぽい壁がたまりませんね!
妻面上端の鬼瓦表現も、これが無くては締まりがないですが、ポチスロでしっかり再現されてて素敵。
モジュールハウスの様にシリーズ化されたら、コンビニ含めて間違い無く買ってしまうクオリティです。
実物が見たいです!
Posted by taizoon at 2013年08月01日 00:29
ご紹介ならびにレスありがとうございます。
そしてご参加・ご来場予定の方々に改めてご挨拶をさせていただきます。
昨年の盛況ぶりに感銘を受けまして、
今年は是非参加させていただこうと思った次第ですが、
正直鉄道はほぼ無知なので、レゴファンという立場だけで色々考えてみました。

レスをいただいた方それぞれに、こういう情景に色々な思い入れがあると知り、
面白いと同時に作った甲斐があったと嬉しい限りです。
もし興味をひかれた方は、まだ数日ありますので是非挑戦してみてはいかがでしょうか?
私もできれば、あと一棟何かいきたいと思っています。

関山さんへの私信になってしまいますが、
出展予定のトレインが完成しましたので、今日明日にでも画像をお送りします。
Posted by JOKER at 2013年08月01日 08:47
日本の建物はイイですねぇ( ´ ▽ ` )ノ
昭和を感じる作品も素敵です。
日本建物限定でいずれオフ会も良いかも♪
Posted by SUU at 2013年08月01日 19:18
◆G@ひたひた様
 車両単品のイメージのあるG@ひたひた様でしたが、大昔BFTには優れた地下鉄駅を造っておられましたよね。あの流れの作品もまた拝見したくなりました。

 って話はさておき、散髪屋・居酒屋は、旅がまだまだ楽しかった「あの時代」を思わせるものは有りましょうね。自分は間に合わなかった世代ゆえ、あこがれ半分ではありますけれど(苦笑)。
 いやまぁ今の旅も十分に便利で楽しいですけど、愉しむ文脈は変わってしまったのかもしれません。


◆awazo様
 awazo様の車両とかの雰囲気にもしっくり来ますよね。鉄道の現場の近くにもこの種の商店は似合うものですし。そういえば「国鉄物資部」なんてあったなぁ(笑)。職員以外にも普通に安いスーパーとしても機能してましたっけ。
 建物系の作品も楽しみにしております。まずは詰所とかから?


◆satoastu様
 居酒屋ののれんの なびき方は気が付きませんでした。
 さり気なく良いお仕事されてますよね。
 二階の涼んでる様子。昔の夏ってクーラー無しでも涼しかったんですよね……。

◆taizoon様
 縁日と神社、出会うのが今から楽しみです。
 白壁と焼き壁は気が付きませんでした。でも日本の民家だとどちらも大事な要素ですよね。鬼瓦はシンプルながら「ベスト!」というべき表現でしょうか。和モジュール、みんなで造って集めたら凄いことができてしまうかも……。
 何時かはそんな企画ができればよいなぁと思ったりもします。


◆JOKER様
 いや、紹介してて「改めて、大物だなぁ」と思い直した次第です。
 
>レゴファンという立場だけで色々考えてみました。
 良い所、欠如しているところを補完するような企画、誠に有難い限りです。和風要素は去年は予想外に好評でありましたし、今年のJAMのテーマ「昭和物語」とも合致です。
 このご参加は大変に有難いものです。
 車両を食ってしまったってかまいません。印象に残ったものの勝ちなのですから(笑)。

>私もできれば、あと一棟何かいきたいと思っています。
 この上に更に1棟ですか。期待しております。
 和風エリアはより強化……。洋風エリアも負けないように頑張りませんと(自分も関わってますから)

 あと、予想外の「お題」も紹介記事書くのが楽しみです(笑)。
 
Posted by sekiyama at 2013年08月02日 00:21
◆suu様
>日本建物限定でいずれオフ会も良いかも♪

 本当に、いつか考えたいです。
 個人的にはレゴ元来の欧州風(モジュールビル。あるいはBFT)が大好きなのですが、そろそろ欧風も「当たり前」になってきた感はありますかも。

 すぐにとか、来年のJAM、とかいうのは些か性急ですが、日本風をベース・メインにというのはあり得るテーマですよね。
Posted by sekiyama at 2013年08月02日 00:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック