何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2013年07月07日

【組換作品】#31012でモジュールビルに挑戦。二重アーチなカフェ、本日開店

 パーツ構成的に所謂10000代のモジュールビル規格に合わせた組換は可能だろうとは思ってました。

 何よりモジュール規格にしておくと、他の手持ち建物と並べたりイベント等に出しやすい。保管へのモチベーションが維持しやすいメリットもあります。

 外見面では、大きなアーチの中に、小さなアーチが並んだ二重アーチという意匠がパーツ的に容易なのも自明。また、尖頭アーチ用の片アーチまで入ってます。これらを積極的に使わない手はありません。
(というより、みなさんモダニズム系ばかりやるので対抗意識もメラメラと……)




 構想設計1時間、制作8時間。なんとか完成。

 まず、建物系組換のセオリー屋根部分から組んでいくのですが実質仮組ですからすぐに壊れる崩れる。壊れて直してを幾度度繰り返したことでしょうか。
 あと、先におおまかな形つくって、あとから強度とか他箇所でのパーツ取りとか考えて「最適化」を行うので、それもまた時間と手間を消費しています。
 造園とか内装は最後の苦しみいや愉しみ。
 

 モジュールとは称してますが、開閉機構とそれに伴うヒンジ出っ張りあるので厳密にはモジュールビル規格ではありません。まぁ並べて違和感なけりゃいいかな程度です。
 ただ、ブロック系パーツをほぼ残りなく使い切った割に、思ったほどボリュームは出せませんでした。製作者が仮住まいゆえ「ペットショップ」他がすぐ出てこないので並べて比較撮影はできませんが、確実に高さ方向へのボリュームは不足です。クリエイターと「あのシリーズ」はやはり別の次元にあるんだなぁと再認識させられました。

 「5120円で、16999円の半分(8000円)できりゃいいや」という考え方は甘かった……。それだけ、10000代のパーツ単価は神レベルってことでもあります。

 余り部品。ブロック系はほぼ使いきり。一方で屋根スロープは若干余りましたが。
 車を作るのは諦めました。インテリアで黄色使いますしねぇ。


 広げた状態。
 大アーチをデザインのキモに。そこに左手は小アーチ二連を組み合わせ。右手は尖頭アーチで仕上げました。左が西方風、右が東方風? 

 西方サイドは普通に南欧とかにありそうな感じで。ベランダのドアは内開き。この発想がなけりゃベランダ諦めてました。

 東方サイド。アール・ヌーヴォーって言葉が設計・製作中に一度も頭に浮かんで来ませんでしたが、何故か自然にヌーボーしちゃってます。
 ガラス面が多いので、19世紀末的な意味でのモダンではあります。

 左右東西共通する屋根ですが、破風部分を考えるのにも作るのにもえらく骨が折れました。この手の造形は「理屈よりは試作」です。
 煙突は半ば意地で、あれってレゴの建物のアイデンティティみたいな要素ありますよね。煙道は最小限辻褄あう程度に。

 なお、窓は全て裏返しで使っています。窓枠が太く見え、古い建物の木製サッシの感じが出せるかと。また、ガラスが奥まるので彫りが深く見えるメリットもあります。
 インテリア。
 尖頭アーチ側の意匠から、はじめは宝飾店的なものが頭にあったんですが、Azur氏のレストランを思い出してか……或いは深夜作業で無意識下で体がコーヒーを求めてたのか(爆)、カフェとなりました。

 1階に簡易な調理設備とカウンター席。2階にソファ席。まぁカフェらしいかと。外見はクラシックですがインテリアはモダン系です(パーツの都合上)。
 全体の雰囲気からよくあるシアトル系や古典的純喫茶とかじゃなくて「オーガニック」とかそんな感じ?

 照明ギミック(入れるのが当然になってしまった感あり)は、屋根の片隅に固定。角度調整で常時ONにもできます。




 点灯状態。階段とか二階が照らされるのは良いものです。
 ライトブリックそのものは2009年ころからの部品ですが、積極的に使う気にさせたという意味で2013年は記憶されるべき年になりましょう。この#31012への採用と、mazta-k氏の室内灯は大きかったですね。


 オーガニックカフェ、本日開店でビラ配り。

 車との相性ですが、やっぱり2CVとかGSとか古いシトロエンがしっくりきてます。


 先に作った「白駅」と並べてみました。#31012だけで街(と言うより、「町」とか「里」?)を一つ造ってみたい誘惑に駆られます。流石に3セット目に踏み切る勇気ありませんが(7月は出費だらけ)。

 他の写真はこちらに(brickshelf。検閲済)
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=530983


◆◇◆◇◆◇◆       ◆◇◆◇◆◇◆



 今回、パーツ単価という意味で10000代のパフォーマンスがわかってしまいました。
 とはいえ、手軽さではクリエイターハウスに良さがあります。良い補完関係であってほしいものです。
posted by 関山 at 21:26| Comment(3) | TrackBack(0) | セット内組換作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アーチが活きてますね〜。二重アーチとなるとパーツを喰いそうですが、建物のボリュームも有りますね。広げた姿は存在感が有って貫禄充分ですよ。

表と裏で表情が違って両方とも表として成り立つのが良いです。公式のモジュールビルは裏側が少しさみしいのでお得感が有ります。東方サイドの片アーチは特徴的で味わい深いですね。
吹き抜けが大きいので両サイドともライティングされた状態が綺麗です。段付きの屋根も良い感じです。


#31012組換は確認できた限りでは菅笠さんとriskyさんも手掛けていらしてますね。お二方とも作家性が出ていて素敵な作品です。
自分も3作目完成出来ましたのでUP致します。
Posted by Mugen at 2013年07月08日 21:14
アーチを前面に出してもジグザク屋根効果で建物の印象がガラッと変わるのですね!
正面からみるとピエロの顔(水色ポッチが目で赤ポッチが鼻)みたいで可愛いです。

>クリエイターと「あのシリーズ」はやはり別の次元
sekiyamaさんのカフェは、クリエイターの限界に意匠&構造両面から挑戦している意欲作だと思います。「小さくまとまるな!」というメッセージのようにもみえます。

白駅&カフェが並んだ画像をみて、私も教会とレストランを並べてみたくなりました。

>#31012だけで街を一つ造ってみたい誘惑
屋根&壁の色が統一されてヨーロッパの街並みに似た風景ができますね。
想像しただけでワクワクします。
建物が何棟くらいあったら街らしく見えるでしょうか?…すでに妄想中(爆)

Posted by Azur at 2013年07月08日 21:40
◆Mugen様
 いや、おっしゃるとおりパーツ食いました。
 でもアーチの奥行き感が出て満足度は高いです。

 開閉状態とも気に入っていただけたようで何よりです。

>建物のボリューム
 古い建物って壁分厚いですから、それが再現できてよかったと思ってます。

>表と裏で表情が違って
 パーツ的には同じ顔にすることもできたのですが、それじゃ詰まらないので変えてみました。公式モジュールは最近は裏面もマシになってきましたが、以前のは無愛想でしたよね(笑)。

>東方サイドの片アーチ
 尖頭アーチはこれから流行りそうな気配ですよね。今度のLOTRがちょっと楽しみだったりします。すぐに何かに転用するってわけではありませんけど。

>吹き抜けが大きいので
 狙ったわけではないのですが、上手く一階までも灯りが廻ってくれました。
 段付き屋根は苦労した甲斐がありました……。本当に造っては壊れ、の繰り返しでしたので。

 あと、菅笠氏・RISKY氏のも記事にしました。
 本当に作家性が出て面白い題材ですね。しかし盛り上がってるのが日本ローカルなのがちょっともったいない(笑)。いやMugen様の作品がきっと起爆剤に……。


◆Azur様
 大アーチも使い方次第で表情を変えられることがわかってよかったです。
(というか、Mugen氏の三作目で早くも別の表情が……)
 破風のある屋根は最初は考えてなく、普通の屋根で済ませるつもりでしたが、小窓が余りそうだったのでちょっと頑張ってみた由です。結果として建物のボリューム感も出すことが出来ました。

> 正面からみるとピエロの顔
 これは製作者は全然考えてませんでした。
 顔を意識してたら、もうちょっとわかりやすいデザインにしちゃってたかも知れません。でも、それじゃあざとくなっちゃうかも知れませんね。

>クリエイターの限界に意匠&構造両面から挑戦
 ありがとうございます。
 やはり限界には挑戦したつもりですので。

>「小さくまとまるな!」
 いや、小さくまとめるのも大事なことと思いますから。
 セットのボリューム的に、小さなものを複数作るって方向性も考えられますし(笑)。

>白駅&カフェが並んだ画像
 これは撮っておいてよかったです。片方は1990年代前半の製品がモデルですから、2000年代以降のモジュール規格とは世界観あわないはずなのですが……(苦笑)。

>建物が何棟くらいあったら街らしく見える
 2棟並べるだけで組み合わせというか世界が出来ますから(少なくとも邑には見えましょう)、3-4棟あればかなり変わってくると思います。それでもモジュールビル1棟分のコストと考えることもできるのですよね。

 あぁ、3セット目が欲しいです(爆)。
  
Posted by sekiyama at 2013年07月10日 05:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック