何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2013年06月26日

【作品紹介】Mugen様の#31012 ファミリーハウスの組換作品。より完全なモダンハウス


 その他の写真(brickshelf)。
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=530445

 毎度、各セットの魅力を最大限に引き出した組換作品を造ってこられるMUGEN様の最新作は、勿論、新製品#31012ファミリーハウスが題材です。

 奇を衒わぬ、メインモデルを進化させたようなモダンハウス。

 まず、閉状態。右手の階段上の縦長窓群にはメインモデルの面影を残すます。左手のバルコニーのアーチは2ndインストを思わせる。良いとこ取りに。
 中途半端な車庫は省略。居室を優先。
 野外の暖炉・煙突もレゴの家の一つのお約束ですよね。

 ドア脇のクリアブロックは実物の「ガラスブロック」的な雰囲気あり。


 開いた状態。ガラリと印象が変わってきます。
 注目すべきは、メインモデルと違って開状態でも建物としてサマになっていること。おそらく南向けとおもわれる大きな窓が並んだ面は、理想的な住宅建築としての説得力が有りましょう。
 また、開状態・閉状態何れもロック機構が有効。オリジナルの良い所を残していると。

  

 開状態で美味しいのは、裏側から見た時のドールハウスモード。
 アーチを生かした、美しい断面。無論インテリアもあり、一階は広めの使い勝手がよさそうなリビング。メインインストでは省略されてたキッチンまであります。
 2階はメインモデルよりも広めの寝室。無論、照明ギミックも忘れていません。メインモデル譲りの大吹き抜けとマッチング。
 大型の観葉植物として、グリーンを室内に引き込んでいるのも面白い。


 中途半端な車庫・狭い寝室・キッチンがない、折角の開閉式なのに開いた状態ではサマにならない……など、メインモデルの「やや難」な部分を全て解消した、より完璧なモダンハウスというべき作品。既にbrickshelfでは結構なアクセス数を稼いでいる模様。新製品の組換モデルには皆様興味が有るのでしょうね。

 そんなわけで、セット内組換という遊び、もっと盛り上がって欲しいものです。この遊びには「所有パーツ数」の差別・区別なく誰でも参戦できるのですし、今は良い素材にも恵まれているのですから。
 

posted by 関山 at 18:34| Comment(4) | TrackBack(0) | セット内組換作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつもながら、よく整理された美しい組替えですね。
2ndモデルよりも良く出来てる。

3列に並んだ窓や芝生と敷石のレイアウト、ベンチ等、とてもセンスの良さを感じます。

開閉ともロック機構が生きてるのがまたイイですね。
Posted by G@ひたひた at 2013年06月27日 02:05
紹介ありがとうございます。普段は製品が出てから作るのが遅いので、今回は早めに取り組んでみました。

メインモデルと差別化させた分、シンプルめなデザインになったかなと思います。開、閉状態どちらでも様になるようにしたのは一番心がけたポイントでした。
インテリアもなるべく作りました。小物類が作りやすいパーツ構成なのが助かります。少し前のクリエイターの製品でもインテリアが無かった事を考えると進化を感じます。
元セットに有ったロック機構も思った以上に優れていたので採用しました。

#31012は前評判通りの良セットですね。メインモデルのデザインは秀逸ですし、パーツ構成も良心的なのが有りがたいです。フィグが付くようになったのも良いです。(願わくばクリエイターだけでもにっこりちゃん顔だったら嬉しいなぁ。)
昔だったら一万円近くした規模の建物モデルが五千円位で購入出来る様になったのも大きいですね。

組換は盛り上がって欲しいですよね。記されている通り経済的な点やビルドの向上等々メリット有りますし、限られた中で意外な物が組めたり、完成出来たら達成感あるので、作っていても面白いですから(^^

#31012組換はもう1、2作組めそうなので、またアップ致します。

G@ひたひたさん
ありがとうございます!
Posted by Mugen at 2013年06月27日 23:49
開状態にすると、細長い煙突が屋根&壁面とぴったりマッチするところが絶妙です。
私は組み替えが苦手(大味でパーツを大量に余らせてしまう)なので、
Mugenさんの高度な組み替えは「ため息もの」です。
Posted by Azur at 2013年06月28日 08:37
◆G@ひたひた様
 敷石のレイアウトは仰るとおり見事ですよね。全体には「モダニズムの住宅建築」という本物の家建てるのと大差ないセンス要求されてるわけで、すごい作品だと思います。

 あと、#31012のロック機構はやっぱり大事ですよね。なんで今まで無かったんでしょ(笑)。
 それから、G@ひたひた様の方での組換作品も楽しみにしております。


◆Mugen様
 凄いスピード感です。組換はやはり出て間もない、新鮮なうちが「旬」かもしれません。
 で、この作品見て自分も火がついて、「白駅」を手がけた次第と(笑)。その意味でも感謝しています。

>開、閉状態どちらでも様になるよう
 これはやはり意識されていたと。この種のモデルでは大事だと思います。あと開いた状態がイマイチなのはメインモデルの数少ない欠点ですものね。

>シンプルめなデザイン
 現実に有りそうなデザインだと思います。片流れの屋根で、そこにベランダが飛び出している作りは良い意味でMugen様らしい個性かなぁと思いました。先の#31009組換と同じ設計事務所の仕事って感じです。

>少し前のクリエイターの製品でもインテリアが無かった事
 インテリアどころか、2階の床がなかっりしましたよねえ。今となっては信じられませんが(笑)。#4954(2008)は傑作でしたけど、今見ると辛い要素が(苦笑)。あと窓が少なくて背面全て壁だったり。
 やっぱり正当に進化してますよね。

>フィグが付くようになったのも良いです。(願わくばクリエイターだけでもにっこりちゃん顔だったら嬉しいなぁ。)
 同感。へんなコンセプト上の縛りでミニフィグ付けないよりは、ここは柔軟に考えてくれたのは正解だと思うのです。あと、ニッコリ希望も同感。

>限られた中で意外な物が組めたり、完成出来たら達成感あるので、作っていても面白いですから(^^
 意外なものって、実は「制限」が産みだしたりするんですよね(笑)。
 達成感というのは、「パズル的」な面白さといえばよいのかしら。「ゲーム的」と言っても良いかも。
 自由なビルドとは違った脳内麻薬的な楽しさはあるんですよね。
 
 「次回作」も楽しみにしております。
 自分ももうひとつくらい遊んでみたいと思っています。


◆Azur様
 煙突の処理が巧いですよね。開いた時と閉じた時で印象が変わってくる部分ですし。

>大味でパーツを大量に余らせてしまう
 最初はそれで大丈夫だと思います。実際クリエイターの2nd/3rdモデルも壮絶にパーツ余らせますし(意図的にそうなってるという話も)、昔の箱裏モデルもパーツの一部しか使わないものは当たり前でした。
 つかきり、は飽くまで理想の一つです。

 あと、一度形になってからの「改良」「付け足し」も有効です。
 一度で、一発で完成するというわけではないです(少なくとも自分の場合は)。
 
Posted by sekiyama at 2013年06月29日 00:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック