何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2013年06月05日

【brickshelfより】12幅ホームメーカーフィグスケールの列車/PF操重車/自由形豪華客車編成

 引き続き、2011年9月ころの作品より。
 いろいろ「熱かった」時代です。それにしてもリアルタイムだと見落としが結構多いので驚くやら呆れるやら。brickshelfのサムネイルは意外と情報量が少なく、気をつけていないと大物見逃しが少なくありません。
 実は、12幅ホームメーカースケール作品も、フルアクションのPF操重車も、7幅豪華客車編成も当時はほぼノーチェックだったんです。あぁこの記事書いててよかった……。


◆asperka様の 12幅ホームメーカーフィグの列車
  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=468612
 10幅や12幅の作品は時折みられますが、世界観の構築が難しい……。しかし、これは如何に?
 観光用の蒸機列車モチーフ。ミニフィグではなく1970年代のホームメーカーフィグ(レゴファミリーとも)スケールで作られています。このスケールも面白そう。

 機関車はかなり精細で、機関車のこと知ってる方の作ですね。6幅車輌前提のノーマルレゴレールとの相性もそれほど悪くはありません。
 

◆plasticfantastic様の デンマーク国鉄のディーゼル機関車
  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=484895
 よくある凸型のディーゼル機関車ですが、キャブの赤塗がユニーク。大胆な配色。
 作品自体も7幅で、かなり精細です。丸みをもたせたボンネット、L形パネルを使った分厚い自製台枠。


同じくplasticfantastic様の デンマーク国鉄の操重車。PF実働!
  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=484897
 PowerFunctionで実際にブーム上下とウインチ巻き上げ、クレーン回転を実装した操重車。
 美しく、そしてテクニカル。機能も形状も素晴らしい。テクニックのパネルなどの大型パーツを使いこなしているのも注目されましょう。
 この作品で割り切られているのは、電池BOXとPFの受光ユニットを隣の有蓋貨車に持たせたセパレート形であること。おかげでモーターの3基搭載にすっきりした外見を実現しています。

  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=476231
 比較の意味で拙作(2011年作)。こちらはブーム上下とウインチ巻き上げのみ機能+9V自走。
 電池BOXと受光ユニットも一両にまとめています。その分、形状には無理が出てしまいました。
 ワンピース型か、セパレート型か? この種の題材作るときは悩みの種……或いは工夫のしどころになりそう。なお、実際にこの種の車両が出動するときは救援車(客車・貨車)など従えるので、セパレートの割切りは「あり」なのですね。


◆Hendrik681様のバナナ輸送用冷蔵車
  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=485438
 ブロックモザイクで表現された、バナナのイラストが楽しい! 貨物列車にこの種の華やぎ欲しいものです。なお、欧米では青果輸送にも冷蔵車使うことがあるようです。輸送距離が長いためでしょう。


◆maweklego 様の、白い#7938 超特急列車
  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=484227
 パーツ構成などで理論上は可能なのは事実ですが、まさか実現された方が2011年地点でいらしたとは……!  なかなかインパクトがあります。また、赤とは違った上品さも。このバージョンも市販してくれたらなぁ……。


◆do2様の、ドイツ国鉄54形蒸気機関車(ExBayrG3-4H)12Vの今様
  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=485525
 今様の表現の入った12V作品。ドイツの54形。1Cのテンダ機で日本のC50の様。
 作品は#7750(!)に代表される12V的なベースと、車体のディテール表現の今様な部分がうまく共存しており、独特な上品な雰囲気があります。
 12Vはあの時代の部品や表現に絞って楽しむべき……と思ってましたが、この方向性もあるのですね。
(唯一のツッコミ、せっかくなのでレールは12Vにして欲しかった)


◆Monteur様の、自由形豪華客車。7幅の7両編成
  
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=483569
 ドイツの「ラインゴルド」用客車をベースに、ダブルルーフやカラーリングなどのアレンジを施したフルスケール、7幅の美しい7両編成。
 カラーリングは窓パーツ入手の関係でしょうか? されど、あの紫色で揃えてしまうと上品かつ重厚に見えてきます。派手な金帯も貸切観光列車などではよく見られるものですし。

 見所は多々あり。7幅ならではの精細な車端部。デッキとドアの位置関係やら、妻面屋根カーブの美しさは溜息が漏れる……。台車や床下にも拘りが見えます。
 同じ作者の精細な蒸気機関車(18 200形流線型など)との組みあわせは至高……。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(8) | TrackBack(0) | Brickshelfより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Monteur様の客車、素敵ですね。
クリブリで4866が半値近くなのを見て、このトレイン窓がタンだったらと思っていましたが、完成形とリンク先の緑の蒸気との組み合わせを見ると自分の考えが狭い・間違いだって事がよくわかります。
10194にも似合いそうですし、牽かせる客車をどう増備するか悩んでいたので、模倣させて頂こうと思います。
Posted by ユウユウ at 2013年06月06日 12:43
白い超特急、中間車だけなら1両作りましたよ。
この前、赤の超特急に1両挟んで遊んでましたw


Posted by mazta-k(マツタケ) at 2013年06月06日 16:22
◆ユウユウ様
 いやいや、あの紫は誰もが使いにくいと思う色ですよ(笑)。自分もせめてダークブルーかダークグリーンならって思ってたクチですもの(笑)。
 その意味では、敢えてダークパープルでここまでの作品作られたのって凄いですよね(余談ですが、Mugen氏も同じような使い方をされてます)。緑の蒸機が似合ってるのも同感です。

◆mazta-k様
 あ、白い超特急作られましたか。あれは難しそうなのは屋根部品くらいですよね。理想を言えば24ポッチの赤いトレインプレートで、赤白の完全逆転することかも知れませんが。
 編成に組み込んでみるのも確かに「リアルな違和感」あっていいかもしれません。湘南色の中に1両だけステンレス車……なんて編成とか思い出しました。
Posted by sekiyama at 2013年06月09日 02:33
sekiyama様
さっそく土曜日に4866を2箱購入してきて、10194の客車と同じ組み方で仮組をして見ました。ラインは黄色に置き換えて組んでみたのですが、トレインベースと屋根の色で悩んでいます。
Monteur様の色の組み合わせが綺麗なので、そのまま模倣するのが良いのかなと思いつつも、ベースを濃灰、屋根を黒になんてどうだろうとも思っています。
ただ、10194の客車とも連結させたいので、屋根は同色の方が収まりが良いのかなとも考えるのですが、経験不足とパーツ不足で纏まりません。sekiyama様の御意見を聞かせて頂けたらと思います。
よろしくお願いいたします。
Posted by ユウユウ at 2013年06月09日 23:49
◆ユウユウ様
 #4886使って#10194風客車は名案ですね。中間色同士ですからきっと似合うはずです。それにしても#4866が未だ入手できただけで運良かったと思います(笑)。有るところには残ってるもんなのですね。

 #10194と雰囲気揃えられるなら、トレインプレート新濃灰・屋根は新灰の方が統一感は出るでしょうね。でも、黒屋根でも違和感はないと思います。実際、昔の客車列車の写真を見ると車両によって屋根の色がまちまちなんて当たり前でした。屋根に使う素材(ルーフティングの布)やその処理、或いは汚れ方(蒸気機関車時代は特に)が違うとか。取り敢えず、手持ちにある方で試すとか、安く手に入れられる方にしてみる……で宜しいのでは無いでしょうか?

 なお、こちら参考になりますかも。mugen氏の作品です。
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=488037
Posted by sekiyama at 2013年06月11日 21:29
豪華客車参考になります
セブンスター計画実施中ですので。皆様の客車の設計が参考になって
助かってます。そしてのちにブログでも報告しますが先に簡易報告しておきます。
今回は8両フル編成で製作しています 車体色は黒にしました。
その他内装も完工
台車もMugen様の東武100系をモチーフとして製作しています。
写真は7月7日に公開します。
Posted by ryokuchakuma at 2013年06月11日 23:03
sekiyama様
4866、近くのクリブリに10個近く在庫が在りました。記事のタイミングが丁度良かっです。
色に関してはもう少し考えてみます。考えが纏まったら他のパーツと併せてカンザンブリックに注文を出そうと思いますので、よろしくお願いいたします。
Posted by ユウユウ at 2013年06月12日 23:55
◆ryokuchakuma様
 「セブンスター」、かなり進んでいるようですね。例によって実物に先駆けての落成か? 楽しみです。内装は必要でしょうね。列車の性格上。

◆ユウユウ様
 有るところには残ってるものですね……。
 色は現物あわせてのテストがやはりベストです(形は違う部品でも。雰囲気は或る程度つかめましょう)。十分に検討されますように……。

>他のパーツと併せてカンザンブリックに注文を出そう
 宜しくお願いします。
 なお、見積もりとって「安い方」にするというのも最終手段としては有りですよ(笑)。
Posted by sekiyama at 2013年06月14日 04:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック