何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2013年05月28日

【ニュース】レゴコミュニティの調査結果と、それに思うこと。

 bricksetより。

 取り敢えず、翻訳版(google+最低限の修正)貼ろうと思いましたが、長くなるので「続きを読む」以降へ。
 bricksetの記事にソースは張ってないのですが、おそらくはレゴ社の公式のものでしょう。

 要点纏めてみます。
 ・アジアと中欧で関心が深まっている。
 ・回答者のうち10代(13−18)は13%。他に大きな勢力は25−34と、35−44のグループ。
 ・女性は8%
 ・レゴに費やした金額では東欧・北米がトップ。ニュージーランドやオーストラリア、西欧では低い。
 ・ファン活動は北欧・中欧・南欧で盛んである。

 割りとまとめにくい記事、いろいろ感じられるところのある記事ですが(気になる方は原文読まれることお薦めします)、レゴ社がファンコミュニティに関心を持っているのは過去の調査とか、或いはEurobricksやBricksetなどへの積極的な接触?などで明らかな傾向ですね。ただし。
 自分もこのアンケートには回答した覚えがあるのですが、問題点は上げておきます。

 まず、英語のアンケートです。英語圏以外で正常な結果出るでしょうか? 少なくとも日本では「日本語」でないと敷居が高いでしょう。そもそもEurobricksのトップページ辺りは常に読んでないと調査そのものに接触できないですし。

 また、正直レゴ社が想定してるコミュニティのイメージが掴めません。
 元来の対象年齢層を意識したものか? 大人のファンであっても、製品素組のコレクターとガチなビルダーではかなり意識は違うはず。
 コミュニティは「公式イベント」的なものか、「オフ会」的なものか。或いはオンラインで完結しているものか……? オンラインコミュニティにしても、レゴ社公式か、レゴ社お墨付き(Eurobricksのような明らかに情報提供受けているところ。そのかわり情報制限あり)か、完全な「在野」か?
 コミュニティも英語で国際的なものと、ローカル言語のもので性格は違ってきます(「画像掲示板」と「brickshelf」使い分けてる方も多いでしょう)。

 それにしても望まれるコミュニティのイメージはどんなものでしょうね。

 公式のブログやBBSがいいのか、また、定期的に公式オフ会などがあるといいのか……?
 或いはそうした活動はファンに任せきるのがよいのか? ファンに任せるにしても何らかの協力・援助はあったほうが良いのか、そうでないほうが良いのか?
 この辺、ちょっと答えが見えません。

 個人的には、現状存在しない「公式オフ会」的イベントは欲しいなぁと思っていますが。「公式」が場所と機会だけ提供してくれれば、あとは既存の非公式な組織がイベントを盛り上げてくれるんじゃないかなぁと思ったりします(もちろん、自分も参加しますよ。レールと車輌最大限に持ち込んで!)。

 「LUG(Lego User Group)といえるほどのクラブがない」「公開されたオフ会が少ない」というのは10年来、管理人が思い続けている日本のレゴコミュニティの問題だと思っていますから。
 
 LEGOコミュニティチームは彼らの最新の調査の結果の概要を発表しています:

 親愛なる、LEGOファンコミュニティ
2013年4月、当社は四半期LEGOファン調査のインストールを実行した、と私たちはあなたと結果を共有したいと思います。
13歳以上の5,000以上のLEGOファンがアフガニスタンからベネズエラに参加し、ほぼどこの間である。今回は、複数の言語でだけではなく、英語での調査を提供し、および応答の全体的なベースが育ったようにやったアジア(この調査では18%、2012年第1四半期では5%と比較して)と中央ヨーロッパ(15から参加2012年第1四半期に9%と比較して、この調査では%)。
 ティーン(13-18)は調査の受験者の13%を占め、そして参加大人のファンの最大の二つのグループが25-34と35-44からのものが含まれていた。今回は、女性は調査の受験者の8%未満を占めて - 女性はスキュー男性よりも古いとLEGOの社員と話をしたり、男性よりもオンラインでMOCSのビデオや写真を投稿する、北米からのものである可能性が高くなります。
調査から、我々は強力な地域差があることを学びました。まず、あなたは、あなたが支払った価格と比較して購入したLEGO製品のために得る値を知覚する方法に違いがある - 東ヨーロッパと北アメリカ人は最高値を受けて、オーストラリア、ニュージーランド、西ヨーロッパ、最低。また、アメリカ人は両方とも自分自身と他人のために、LEGO製品にほとんどを費やしている。
北部、中部、そして南欧の外のファンが、彼らは他のLEGOファンとのイベントに参加するための良い機会を持っていた感じはありません
 一般的には、東と西ヨーロッパのファンは特に、このように感じる。中央ヨーロッパのファンは、どうやら、他のすべての地域のファンよりも、過去3ヶ月間いつもより感動的な彼らのLEGO趣味を発見した。
違いにもかかわらず、いくつかの類似点もあります世界中のファンがLEGOファンコミュニティが強く、彼らは同様にファンと非ファンによってLEGO製品の知識のために認識されていることを感じています。ファンコミュニティの参加は、LEGO 'もの' Onlineに関するコメントや個人的にLEGOについての会話を持つことによって、北欧最強かかわらず、普遍的に高いです。 MOCSのビデオや写真を投稿するだけでファンの3分の1以上が、南ヨーロ​​ッパで半分以上によって行われます。同様に、LUG集会に出席するファンの唯一の四半期は、過去3ヶ月で行っている活動ですが、南ヨーロッパで42%持っている。
最後に、我々はそのLEGOコミュニティエンゲージメントとイベントチームとのなじみが高くなる可能性があることを学んだ。我々のチームを知っているファンがレゴ製品の価値をより肯定的な認識を持っているし、慣れていないファンもイベントでより多く参加するように見える。我々は新しいラグで持っている多くの活動は、我々のチームの知識を押し上げるに役立つことを期待しています。
私たちに改善する機会を可能にするための調査に参加したあなたの人々に感謝します。私たちは、次の調査ではあなたの回答にとあなたの継​​続的関与と地域社会への参加を楽しみにしています。
と親切なに関しては、ユンミAntorini、CEEチームに代わってコミュニティストラテジスト。
以下より。
http://www.brickset.com/news/article/?ID=6610
posted by 関山 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | LEGOニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック