何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2013年04月13日

【作品紹介】かう゛ぇ様の「アニーとクララベル」。古典英国客車の完成



 先方の記事
http://legohouse.seesaa.net/article/354925968.html

 紆余曲折のあった、英国古典小型客車の「アニーとクララベル」がついに完成した模様です。
 まず、「汽車のえほん」シリーズゆえの顔の表現が凄くいい。3幅に調整した顔がバランスいいですし、ほっぺたの○タイルが凄くそれらしいのです。あの新部品は本当に偉大!

 また、側面が実にコンパートメント式の客車らしい。窓部品なしでも、或いは横組など駆使しなくても「窓」は出来る好例と申しましょうか。ドアと窓で高さ1プレート変えてるのも効果的なのですね。タイルやグリルブロックで平坦にならないようにしているのも好感。


 編成にて。絵本でお馴染みのあの姿が遂にやってきました。
 少し前のツートンカラーの客車も良かったのですが、やはりこちらの方が「らしさ」ではずっと上。
 なお、荷物室付き(日本流で言えば「ハニ」相当)のクララベルは窓配置も変えてる細かさ。原作絵本でもそこまでかき分けしてなかったと記憶します。名前付きの客車ですから個性は必要でしょう。そういえば目プリントの1×1ブロックも使い分けされてますね。
 前作のヘンリエッタやトービーも含め、あの世界観は確実に充実しつつあるよう。やはりいつかは大型機のヘンリーやゴードンも欲しい? その前に中型機エドワード? class08なディーゼルとかGWRのダックも忘れちゃいけません。
 そうそう、今回の客車の窓配置的には、気動車のデイジーも作れますかも? 濃緑はちょっと難易度高めですが。

 さて。余談。
 日本の鉄道も明治期は英国様式が多々入っており、小型客車のスタイルは英国と大差なし。そうした客車のあるものは昭和30年代まで救援車(滅多に使わないので古いもので十分)やら、私鉄払い下げ(※)で生き残ったものもありました。さすがにコンパートメント式ではないものの、車体形状にその面影を濃厚に残してたりしたのです。昭和30年代ともなると明るいツートンカラーに塗られて、引っ張るのはディーゼル機関車とか気動車とか電車とか。そうした小型客車を制作する参考になるやもしれません。
 
 ※:私鉄→明治末の国有化で国鉄→大正頃に雑形払い下げで私鉄に→昭和、戦時中の私鉄買収で再度国鉄車籍に→戦後雑形の払い下げで私鉄に……という遍歴歩んだ車さえあったそうです。
posted by 関山 at 23:57| Comment(3) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
紹介ありがとうございます!
ようやくなんとかかんとかできました。

簡単なのはやっぱり縦長トレイン窓の茶色が出てくることですけどね。
基本パーツメインでガラス(クリアパーツ)が入ってなくてもそれっぽくできたかな、と。
ただ最終的にプレートパーツで成形していってるので、パーツ点数がやたら増えるのはマイナスです。
もうちょっと簡単に組めないと。

トーマスのDVDを借りてはじめっから見ていってますが、第一話がトビーとヘンリエッタで、やっぱりこれが一番いいな、と(^^;
あとの車体はあくまで都合上、ウケ狙いで組んだだけですから・・・

そのくせあんまりウケが良いとも言えず。
普通の人に見せると”トーマス怖い”とか言われるんで、かなりショックです。
レゴなんだからイメージだけとフォローはしてるんですが、みんなイマジネーションが欠けてるわーーーーと叫びたくなることが多々。

顔付き車両をやるとしたらあとはチャギントンのブルースターくらいかなぁと。

トビーとヘンリエッタ、トーマスとアニーとクララベル、そしてパーシー。
それに客車も貨車もそこそこあるんで、そろそろ家づくりに戻ろうかと(^^;;
Posted by かう゛ぇ at 2013年04月14日 00:59
久しぶりです
だいぶ前にスーパー宗谷の試作verで
コメントをいただいたものです

久しぶりにスーパー宗谷関連記事を更新したんですけど
少し意見をいただきたいので
時間があるときで結構ですのでぜひ見に来てください!

かう゛ぇ さん初めまして
隼といいます

自分は小さいころからトーマスを見てたので
この作品を見たときに感動しました

しかも顔の表現も省略されてないし
アニーとクララベルの顔もちゃんと違うのが細かくてすごいなと思いました
Posted by at 2013年04月14日 12:32
◆かう゛ぇ様
>縦長トレイン窓の茶色が出てくることですけどね。
 まぁまぁ、便利な部品に頼っては元も子もありませんから(笑)。そこを克服したノウハウは無駄にはなりますまい。この種の経験値って一生ものだと思いますし。
 
>プレートパーツで成形していってるので、パーツ点数がやたら増えるのはマイナス
 ここはまぁ、問題点かもしれません。でも、最近は製品でもこうした物量力押しが増えてて、良いことなのか悪いことなのか……。

>トービーとヘンリエッタ
 脇役とは思えぬ魅力ですよね。スチームトラムという題材の特殊さもハンデになっていませんし。

 あと、よければDVDだけでなく、図書館で原作絵本も借りることオススメします。
(人気あるので貸出中の事が多いのはなんですけれど……)

>普通の人に見せると”トーマス怖い”
 そんなに無理ありますかねぇ。個人的には好きな造形なのですが。
 レゴ好きだと、どこか「贔屓目」で見てしまうのでしょうか……。
 その意味では「普通の人」の視点って大事なのかもしれません。

◆隼様
 コメント書き込まれた記事、諸般の都合で非公開にしてしまいました。そのため再書き込みでお手数おかけして申し訳ございません。

 スーパー宗谷は斜面を使って車体傾斜させているのでしょうか?
 動力は、今後を考えるとPFの方が無難かもしれません。技術的難度は少し上がりますが、克服する価値はあると思います。

 車体は色を揃えてみると印象がガラリと変わるでしょうね。エンジン周りは凄く細密ですよ。

 トーマス……というより「汽車のえほん」は原作絵本派ですが、最近は少数派なのかしら?
Posted by sekiyama at 2013年04月15日 21:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック