何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2013年03月28日

【海外作品紹介】「上級基本セット」的ビルド、martin8721様の貨物駅。狭さ故の、魅力!



  

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=525393

 martin8721様の貨物駅作品。
 カラーリングや雰囲気が、とても1970年代末から1980年代前半的なビルド。雰囲気も当時の「上級基本セット」の作例を大きく拡大したような感じ。よく見ると使用パーツもこだわりがあり、あの時代に存在した部品のみで構成されているのですね。線路も12V仕様です。
 
 あの時代を知るものとして、正しく、懐かしい。
 
 何より嬉しいのは、サイズが64×64の基礎板に収まっているところ。このスペースにレール走行のクレーン・自動車との積み替え設備・サイロ?・二階倉庫のある一般貨物ホームをすべて詰め込んだ密度感! これだけのものがモジュールビルディングと同じ体積になっているとは。
 この種のジオラマは大きければ、或いは今様の精緻精密でなければ……という固定観念を吹き飛ばすパワーも持っていましょう。

 また、狭い空間に詰め込まれているのは中世都市的でもありますし、或いはラピュタの鉱山都市を思い出される向きも有りましょう。

 9V時代のホッパ車が荷役している姿もクラリときます。30−40年くらい昔の東武鉄道末端部の極短引込線……電機+貨車2-3両しか入れないような、数十メートルしかない引込線ににホッパーや積込ホームが密集してた模型的情景を思わせる雰囲気なのですね。つまりは小さく狭いけど、リアルじゃないかというとそんなことはない、と。

 貨物駅、作りたくなって来ませんか?
 流石に70−80年代的コダワリは現在では却って敷居高いですから、今風の部品・技法で小さくまとめるのもありかなぁと思ったりします(赤+青ではなく、ダークオレンジ+ダークブルーでも良いのでしょう。要は無理せずに手に入りやすい部品で!)。
 貨車とか入換機関車とかを引き立てる、良い舞台になりそうです。
 
 
posted by 関山 at 22:40| Comment(4) | TrackBack(0) | 海外作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「クリスマスでも高すぎて買ってもらえね〜な」というのが頭をよぎりましたw
レゴ=高級 といった時代にタイムスリップしてしまいますね。

ボイラー室と煙突が遠景として、とても効いているモデルだと思います。
2階大扉から滑車で吊るして…というのは日本ではあまり見かけませんが
手前の移動式クレーンの造作といい、立体感がいいですね。
Posted by G@ひたひた at 2013年03月28日 23:37
◆G@ひたひた様
 1970−80年代の魅力というのは「レゴ=高級」の感じにあるのかもしれませんね。まぁ、ここは難しい問題もいろいろありますが。今の大衆に媚びてるけど割安なレゴもありがたい存在ですし、その戦略だからこそ、既に報じられてる売上や市場の大幅拡大につながってるのですから……。

 って話はともかく。煙突はたしかに効いてますよね。滑車もあの時代なりの表現なのがコダワリですよね。狭い空間の利用として理にかなっていますし。
 クレーンほか、全体の立体感が素晴らしいのも同感です。レール付き移動クレーンは1970−1990年代前半のレゴ貨物駅の定番で、何時かは作ってみたいなぁ。

Posted by sekiyama at 2013年03月29日 08:37
なにげにこの青い窓枠と大量の青スロープがレアですよね。
古いのを再現するのはなかなか大変って関山さんが書かれてる通りで。


martin8721さんの棚を見てきましたがコレクションの写真にある#7760とか、ツボを押さえたキットにびびっときました(^^

カフェコーナーとグリーングローサーの前をロンドンバスが通ってるとか好きなんだなぁ、ってわかるのがいいですね。
僕もロンドンバス作ろうと思いました。
Posted by かう゛ぇ at 2013年03月29日 12:55
◆かう゛ぇ様
 確かに今となっては青い窓枠はレアですね。屋根の青は「濃青」が代替と見るべきなんでしょうか?

>古いのを再現するのはなかなか大変
 コレクション的こだわりを持っているなら別として、取り敢えず形にしたいなら現行品のほうが敷居は下がりますからね。無論、前者の方向性は素晴らしいです。予算と熱意、あとは嗜好の問題って思います。
(自分は人気のない70年代の古い窓枠部品大好き……苦笑)

 あと、ルートマスターは作ってみたいですよねぇ。日本での運行実績もないわけじゃない(右ハンドル!)っていうのもポイントでしょうか。
 
Posted by sekiyama at 2013年04月02日 03:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック