何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2013年03月27日

【作品紹介】mazta-k様、グリーン車の内装の東西対決/287系試作品

 先のMugen氏のスペーシアの素晴らしさはインテリアにもありました。
 対応してか否か? mazta-k氏が683系サンダーバードと、E259系新NEXについてグリーン車のインテリアを作ってこられました。

http://maztak.blog.fc2.com/blog-entry-54.html
 先方の記事

JR西日本 E683系

 JR東日本 E259系
 
 本物は、JR西日本の方がゴージャスで、JR東日本の方はグリーン車にしてはシンプル……なようです。巧くそこの差異を表現されているような。いや、E259もシートバックの分厚さは魅力なようですが。

 それにしても、683系のフットレストと重厚な肘掛けは見事ですね。後者ですが、タイルをポッチ間に立てただけというシンプルさも魅力です(余談ですが、タイルやプレートをポッチ間に立てるのは1970年代までは公式のインストでも普通に見られました)。どんな車両にも導入できましょう。



 こちらは試作品のJR西日本 287系電車
 実物に関しては、オンボロ485系改183系から一気のこの新車に変わり、愛称もダサかった「北近畿」が「こうのとり」になってびっくりしましたね。近郊型だけではなく特急型にも気合入れまくりです。
(東はどっちも手抜きし過ぎか……)

 先方の記事
http://maztak.blog.fc2.com/blog-entry-53.html
 
 試作品では前面の真っ赤が気になるのですが、ここが予定通り白になれば「美白フェイス」になるのでしょう。683系での角ばった顔から(実物も角張ってますよね)、つるつるの半流線型になり、イメージがガラリと変わる。ヘッドライトの位置、角度も面白いです。ポチスロには未だまだ可能性ありそう。
 また、スカート部分の絞り込みが綺麗。

 なお、この編成の先頭車はクモロハ(普通・グリーン合造車)。窓割りがちょっと特殊です。
 しばらく先になると思いますが、完成が楽しみですね。クモロハの内装とか、クモハの2丁パンタとか見所は多そうですし。
 
posted by 関山 at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お忙しいところご紹介ありがとうございます。

Mugen氏のスペーシアに刺激されたことは確かです。
座席導入はずいぶん前から計画していましたが、あの完璧な内装を見て、
完全にやる気スイッチが入りました(笑) 

683の肘掛け、フットレストは個人的にもお気に入りです。
ただ683のグリーンはまだ乗ったこと無いんですよね...
しかし、ポッチ間にプレート挟むのは公式でもあったんですね。

E259のグリーンは東にしては結構良い座席だと思います。革張りですし。
あの値段を保つなら、2x1列&重厚なフットレスト/肘掛けにすればいいかと。

現在、製作中の287系も仰る通りネタ満載ですね。
こちらも特にクモロハの内装、頑張ってみたいと思います。
ポチスロも可能性無限大な気がします。
このおかげで組み方の選択肢が増えますからね。
Posted by mazta-k(マツタケ) at 2013年03月28日 22:48
◆mazta-k様
 スペーシアの内装はインパクトありすぎですものね。まぁその前のN700もすごかったですが。
 自分もスイッチ入って早くET403の内装作りたいのに引越恨めしい……。

 683グリーンは良い意味で681系のバブル仕様が引き継がれてるって感じです(笑)。それが維持できてるのが凄い。まぁ681/683系は普通車もかなり完成度高いのですが。西はいいなぁ。ついでに言えば九州もいいなぁ。

 E259というか、束がグリーンで4列に固執するのは理解不能です。まぁ管理人みたいな貧乏人の乗車を防ぐ意味では、コストパフォーマンスの低いグリーン車もありなのかもしれませんが(苦笑)。そういえばパリの近郊電車の1等車は内装とか全く2等車と同じという単に階級社会を維持するだけという素晴らしく反社会的なシロモノでしたっけ。ユーレイルパス1等持ちだったので乗りましたけど(笑)。いや欧州の1等車一般はそんなことないんですけどね。
 あと、束でも普通グリーンは出来良いと思います。まぁ熱海とか高崎位までの乗車ならありだなぁと。

 287系、クモロハ内装楽しみです。合造車はインテリアの作りがいありそうですものね。ポチスロ54200は2004年からの部品ですが、この9年間で確実にビルドを変えてきた凄い部品だと思います。
Posted by sekiyama at 2013年03月29日 08:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック