何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2013年03月24日

【作品紹介】AP様の国鉄ED17 26号機(旧ED51)。よりスリムに、力強く。

 AP様の国鉄ED17 26号機(旧ED51)が完成したようです。前回記事の地点でも完成度高く、「武骨ながらどこか軽快」な実車の特徴的なフォルムを再現しておりましたが、よりブラッシュアップ姿で再登場。

 先方の記事
http://blogs.yahoo.co.jp/yakko35_21/53915900.html
 

 完成版


 比較。前回版

 前面の小顔化(上下方向に2プレート縮小)と、全長の2ポッチ延長が効いています。前者のお陰で全身が軽快に見えるようになりましたね。
 台車と車体の間を埋めるエアタンクも効果的で、この種の電機らしい「腰高」にすると起こりうる、台車と車体の隙間をうまく埋める(第1軸・第4軸上の板バネも目立つディテールですが。レゴ車輪のうえにやると板バネが二重になってしまってちょっとヘンですね。省略はひとつの見識です)。
 フロントエプロンとその周りものっぺりしてないのが良い感じ。

 前回発表時は肝心の側面があんまり見えなかったのですが、ノースブリティッシュの特徴、ポケット形ベンチレータは間に1プレートの隙間あり、AP氏らしい凝った組み方です。
 ベンチレータ二組の間にある小さな側窓はL形パネルで表現。よく雰囲気が出ています。
 

 反対側側面。このサイドはあっさりに見えて、実は件のポケット形ベンチレータもあるため、やはり縦横混じりの凝った組み方。横組まじるとスジっぽく見えるのですが、この機関車には却って「それらしさ」を強調していましょう。
 なお、ヘッドライトは「フィグヘッド」を使用しているそうです。φ1円筒ブロックでは細すぎ、φ2円筒ブロックでは太すぎ……なヘッドライトですが、このアイディアはなるほど、と。
 意外とフィグヘッドはカラバリありますので(%3626b)、この手法使える車種は多そう。


 黒貨車を従えて……。貨車と並ぶと、この機関車の腰高感が強調され、「軽快かつ重厚」な雰囲気が伝わってきます。ここまで来ると、電機と言うよりは蒸機的な存在感、といいましょうか。
 なお、先方には客車牽いてる写真もあります。元来ED51としては旅客列車用ですからやはり似合っているのです。模型的にも使い勝手は良い機関車でしょうね。
 
posted by 関山 at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ED17にデッキ付きがあったなんて知らなかったですw
改修後の、特に顔の比率がいい感じです。
車輪径が小さいにもかかわらず、
ここまでそれらしく腰高な感じに持って行ってしまわれるとは
流石にAPさんらしいですね

このベンチレーターw
執念ですね
何かこう、もう、魂が宿っている気がします…
Posted by G@ひたひた at 2013年03月25日 02:50
こんばんは。
ブログにも書きましたが雑誌で見て一目ボレして製作に取り掛かりました。全体のバランス取るのに試行錯誤しましたけど、組んでいて楽しかったです。

>横組まじるとスジっぽく見えるのですが、この機関車には却って「そ>れらしさ」を強調

まさにそんなことを考えてました。実車には見当たらないスジが何故かそれっぽく見えるなぁと。

G@ひたひたさん、ご無沙汰です。
ご指摘のように動輪がもう少し大きければよりED17ぽくなったと思います。BBBホイールに変更するのも手かもしれません。
ただ車体内部はベンチレーター部分が結構食い込んでおりPF化は難しそうです。
執念というよりは少々インチキな組み方してるんですよw
Posted by AP at 2013年03月25日 22:27
◆G@ひたひた様
 ED17はED50・ED51・ED52・ED13の4形式まとめた形式ゆえ、形状バリエーションは豊富ですね。後天的改造で更に細かいバリエーション増えていますし。
 ED51改造のは特に個性的で、美しく楽しい機関車だと思う由です。

>車輪径が小さいにもかかわらず、
>ここまでそれらしく腰高
 このさじ加減というか、バランスは巧すぎます。

 ポケット形ベンチレーターは、ノースブリテッシュの「キモ」ゆえ、執念入るのは当然でしょうね。その値打ちが伝わってくる部分ですよね。

◆AP様
 組んでて楽しそう、というのは作品拝見して伝わってきます。車体スジの表現は難しい部分ですが、このモデルでは省略?されているにも関わらず、それっぽさのある絶妙なバランスと思う由です。

 この種の題材での車輪のBBB化・動力のPF化はまた難しい課題でしょうね。技術面もさておき、この種の電機の1200mmクラスの動輪をBBBミドルにしてしまっていいのか? という迷いはあります(EF58とかEF10もそれに合わせなきゃ整合性が……)。
 自分もED51は何時か作りたいので、どうしようかという感じ。

 旧型電機でもED12の1300mmならBBBミドルで、ED54の1500mmならBBBラージでと迷う余地もないのですけれど(笑)。
Posted by sekiyama at 2013年03月29日 08:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック