何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2013年03月22日

【作品紹介】Mugen様の、東武鉄道100系「スペーシア」。内外とも、完璧!


http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=525123
(引用しきれなかった写真多々あり! 先頭車内部構造など)

 N700系新幹線、そしてえちぜん鉄道や福井鉄道という題材で来られたMugen様の新作は、意外にも?関東私鉄のロマンスカー、東武鉄道100系「スペーシア」を作ってこられました。スムーズな流線型の、難易度の高そうな題材をです。

 肝心の前頭部はフロントキャノピーと同じ部品の「白」を重ねることで表現。この部品をこうして連ねて使うって発想は新しいですね(#10233の好影響とも取ることもできましょうが)。十分になめらか! 斜めのヘッドライト、また車体裾から下を上下逆転組みしているのも上手い処理。
 斜めラインに関しても、省略なし、シールなどの外道なしで綺麗に仕上げています。隙間も気になりません。いやまさか、あの電車がレゴで出来るっていうのは驚きです。

 屋根も綺麗。ポッチ隠しが徹底しているのは先のN700系と共通する表現。すべすべがクーラーキセのみならず、下屋根部分にも及んでいるのですね。ここは徹底していますし、効果も覿面です。

 台車も注目。ゴムタイヤを使うエアサス表現は拙作からですが、今様のボルスタレス台車のほうがこの表現はしっくりきます。

 パンタグラフ。遂に「可動する・リアルな」交差式パンタが実現。クリップの使い方が巧すぎる! ちょっとした「革命」です。
 
 勿論、全車インテリア完備。東武の特急車は国鉄グリーン車級と言われますが、その雰囲気が感じられましょう。肘掛けのしっかりした重厚なリクライニングシート。
 中間車のカウンター部分も勿論再現。よく見るとカウンターの奥も棚や冷蔵庫?の表現があります。カウンターの横には自販機まで。こだわりの空間。
 また、ミニフィグも「東武特急のスチュワーデス」※という雰囲気が感じられる選択です。

 ※:1990年代まで(或いは先代1720系の頃か?)、東武では客室乗務員をそう称していました。

 インテリアというと、コンパートメントもこの電車をこの電車たらしめてる部分!
 テーブルに、廊下との仕切り。廊下には側面灯まで。この作りこみ。無論、外からコンパートメントの仕切りが見えるのもこの種の車両の醍醐味。

 内外ともに見どころいっぱいの力作。正直なところ、本物に一度乗ってみたくなりました(笑)。
 JAM辺りでお目にかかるのが、今から楽しみです。

 また、豪華さって意味なら実はTEE辺りに負けず劣らずな日本の私鉄特急車って題材は刺激的なことも痛感。このテーマはもっと作品が作られても良いのかもしれませんね。
(おっと、mazta-k氏の近鉄「しまかぜ」がありましたね。並びが実現すること願ってます。自分も何か作りたい……)
 
posted by 関山 at 21:41| Comment(4) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最近、色々手を動かしてて、
先程久し振りに棚を見たらいきなりこの作品が出て来てびっくりしました。
顔の造形も破綻無くまとまってますし、
下枠交差パンタがレゴで表現出来るのもレゴトレイン歴史の第一歩かと。
サムネだと普通にHOスケールとかに見えますね。

次から次へと流線型がモノにされていってて、もうついていけない感いっぱいですが、
うまくまとまっているなぁ…w
Posted by G@ひたひた at 2013年03月23日 01:14
!!!
びっくりしました。出来の良さに。中も外も芸が細かいですね。
僕もそろそろ内装をしっかり組まないといけないですね...
フロント斜めラインと菱形パンタの造形は初めて見ました。
菱形パンタも参考になります。
僕の場合はシンプルにシングルアームを2つ合わせた疑似菱形でしたので。

関山さん、しまかぜはまだ計画立ててませんよ...
プレッシャーをかけないでください(笑)
私鉄特急ならスカイライナーがありますから!!

Posted by mazta-k(マツタケ) at 2013年03月23日 08:33
紹介ありがとうございます。
東武の車両を作ってみたかったのと、この種の特急車が好きなのでスペーシアを手掛けてみました。

前頭部はいいパーツが有ったのでスムーズな形状にできました。このパーツは連ねるとポッチの入る部分が少し隠れてしまい接続がし辛かったのですが、蛇口パーツを使うことで解決しました。
斜めラインは白とオレンジスロープの間にタイルがうまく入ってくれました。
屋根は奮発しましたが(笑)、効果が出て良かったです。
交差式パンタグラフはバーやクリップの付いたパーツの組み合わせを色々試して実現できました。

内装はやはり組みがいがありますね。スペーシアのシートは評判良いみたいなのでそう見える様意識しました。カウンターやコンパートメントは良いですね。個室は憧れです。

走らせて自分でも満足しております(笑)。JAM等で披露できる日が楽しみです。


G@ひたひたさん
ありがとうございます!褒めて頂き嬉しいです。

mazta-kさん
ありがとうございます!
JAMで私鉄特急同士の並びの実現できたら良いですね。
Posted by Mugen at 2013年03月23日 23:39
◆G@ひたひた様
> 色々手を動かしてて、
 振り子式の方でしょうか? 楽しみにしております。

 それにしても、交差式パンタ、流線型表現など、この世界の確実な進歩を感じますよね。多くの不可能が可能になってきたのが、この10年ほどの流れなんだなぁと思います。

>もうついていけない感いっぱい
 そんなこと仰らずに! 作りまくれば自然に追いつき、追い越しちゃうものですよ。
 また作品発表楽しみにしております。


◆mazta-k様
 自分もびっくりでした。実は個人的に製作中の話は伺っていたのですが、このクオリティとは思いませんでした。想像以上だったのです。
 内装はmazta-k様もいい線いってると思いますよ。というか自分のほうが最近は手抜き気味かも(笑)。
 パンタは菱形というより、下枠交差型(X形)というより面倒な造形ですね。ワンアームはやる前は割と日本ではよく使われてた形状ですが、レゴだとこれまで動くものは不可能!とか云われてたのです。

 「しまかぜ」余計にプレッシャーかけて失礼。でも、楽しみなのです(笑)。
 でも、「スカイライナー」でも十分に対抗できますね。ウチは作りたい題材多々ありますけど、まずET403の方を完成させませんと。

◆Mugen様
 東武は現在・過去ともに面白い題材多いんですよね。個人的には先代の伊勢崎線急行1800が大好きだったりします(欧州スタイル!)。今の日光線快速6050も好きな電車です(これが好きなので、ついスペーシア乗車の機会を逃し続けてますから罪な電車)。1720は言うに及ばず! と。8000も今見るといい電車ですよねぇ。
 と雑談さておき。

 前頭部のつなぎはうまく行ってますね。蛇口パーツで上下重ねは「彗眼」で、これで多くの不可能が可能になりそうな気がします(クリアのキャノピーを二段に重ねると……関西のあの電車とかできるかしら?)。
 屋根は費用対効果が出ていましょうね。模型だと目立つ部分ですし。

 交差パンタは既に触れられてますが、画期的ですし歴史的です。
 
 インテリアは納得の出来。シートの肘掛け表現が特に素晴らしい。コンパートメントやカウンターは考えてみたら実はTEE並の豪華さなんですよね。日本の私鉄特急(JR九州あたりも含)って「追いついちゃった」感がありますよ。自分も早くET403(TEEじゃないけど)のインテリア作って完成させたい……。

> 走らせて自分でも満足しております 
 編成で走っている姿はさぞかし美しいことでしょう。早く拝見したいものです。
 
Posted by sekiyama at 2013年03月25日 03:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。