何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2013年03月22日

【作品紹介】K7A4様の、国鉄旧型客車(スハ44系?)



  

 http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=525118

 あのリアルなC62を作られたK7A4様が、合わせて客車を作ってこられました。しかも一気に3両も。
 
 形状のベースは#10194エメラルドナイトの客車(ドアや屋根など)。但し全長を32ポッチに伸ばし、装飾なしの渋い車体、ずらりと並ぶ茶色の小窓で国鉄旧型客車の印象になっています。ディテールは控えめですが、おかげですっきりとバランスの良い形状なのですね(ディテールにおいては「引き算」も大事である事がわかります!)。狭窓が並ぶ姿は特急型客車44系の雰囲気ばっちりです。窓が小さいと全長長く見えるのも視覚的にプラスになっていましょう。

 インテリアもあり。食堂車かサロンカー、或いは「並ロ」を意識した向かい合わせの座席とテーブル。デラックスな設備ではありますが、色彩の清楚さが国鉄の……やはり「並ロ」(2等車。但し3等迄あった時代の)を思わせます。茶色の客車に青い座席、白いクロス。あの憧れの世界観。

 
 客車従えると、C62も魅力を増すってもの!
 この角度ですと、機関車の8-10幅と客車の6幅の差異が気になりません。客車を8幅で作る手もありますが、全長が短く見えてしまう問題もありますので、現状の6幅がベストでしょうか。こうした幅の差って動いてしまうと全く気にならないのもまた事実ですよね?



 動画。幅の差異が気にならないことの証明でもあります。
 振動とか空気の動きが伝わってくる、このスケールならではの迫力!
 

  

posted by 関山 at 20:24| Comment(7) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご紹介、ありがとうございます。

我ながら見事に完成させと思っています。やっぱりC62専用の車両が無いと、なんか味気なかったので。お陰様でC62がよりかっこ良く見えます。当初では幅10の全長52ポッチが予定でしたが、コストや予算、部品の調達の問題の他、一つ余ってた28ポッチの車体プレート及びC62プロトタイプ(改造前)が抱えてた重量問題とそれに伴う歯車の負担及び低速を教訓にオーソドックスなLEGO社スタイルに切り替えました。

客車のモデルは国鉄スハ32系および銀河鉄道999です。席が999のように緑じゃないのは、Pick a Brickで緑色の座席が無かったため。青に切り替えたのはネットで見つけた国鉄スハ32系の車内の椅子の色が青だったため。車内がちょっと寂しかっったためテーブルの上にボトルとコップと目にやさしい緑色の竹を添えてみました。(笑)後はmazta-kさんの「ライトブリックによる、室内灯」があれば完璧です。

ちなみに動画を見てたら3両じゃ物足りなく感じてきたため、当初の考え通り奮発して11両にすればよかったのではないかと思ってます。まあ、とりあえずは客車増量に備えて機関車の軽量化が課題です。と言っても機関車自体はもうこれ以上軽量化出来ないので、残るのは炭水車の軽量化だけです。最悪の場合は後ろから押す機関車を用意すれば何とかなりますので。

以上です。
Posted by K7A4 at 2013年03月22日 22:42
最近入手が楽になってきたこの茶窓使ったらどうなるんだろう?
…と思っていたところです。

なるほど、思っていたよりもイイ感じですね。
狭窓が並ぶと実際よりもかなり長く見えるのもポイント高い…

個人的にはこの作品から、南大夕張とかに居た客車も思い出します。
新灰の屋根が塗装屋根っぽく脳内変換されているからでしょうか…
一輌欲しくなって来ましたw
Posted by G@ひたひた at 2013年03月23日 01:24
◆K7A4様
 客車の存在が、C62を大いに引き立てているというのは同感です。無論、客車単独でも出来良い作品であり、相互作用というのは一番望ましい状態なのでしょうね。

 幅10、全長52の客車! 機関車に合わせるとこの寸法になるのでしょうが、これまで発表されてきた作品的にも「未知数」なスケールでしょうね。今回はレゴ社標準寸法?で正解だったように思えます。

 客車はスハ44ではなく、スハ32でしたか。ちなみに999も映画版のパンフレット表紙だと客車がスハ44(スハフ43)で描かれていました。まぁ999での客車描写はあんまり安定していなかったですね(苦笑)。メカ作監ならぬ客車作監が必要だった(笑)。
 脱線ともかく、スハ32もC62には似合う客車です。

 なお、国鉄旧型客車(三等車/普通車)では椅子モケットの色は緑も青もあり。昭和30年代に緑から青に変わっています。きっかけは151系・153系電車あたりからでしょうか? この辺の新性能電車は新製当時から青モケット。それに合わせて従来の客車なども青モケットに交換していったようです。なお、並ロ(二等車)は青モケットでした。
 室内灯装備は、いつか拝見したいです。

 客車は当初11両予定ですか! 物凄い長大編成ですね。かぎりなく「つばめ」辺りのフル編成って感じですよ。機関車・炭水車の軽量化は限界ありましょうから、炭水車も動力車(トレインモーター×2)などが牽引力増強の手法かもしれません。ただ、機関車と加速性能違うとトラブルも予想されます(ここはちょっと未知数です。テストしてみないとなんとも)
 なお、客車増備でしたら「荷物車」「特別二等車」「食堂車」「一等展望車」辺りも欲しいところですね。999のTV版の雰囲気だと、意図的に展望車なしもあり得ますが。
 

◆G@ひたひた様
 2×2窓の茶・タンは凄く入手性良いんですよね。もっと使われても良い部品と思います。ただ、既に「横組」で窓まわり作ってた人には使いにくい感じはあるのかもしれません。

> 狭窓が並ぶと実際よりもかなり長く見える
 視覚的効果は大きいですよね。

> 南大夕張とかに居た客車
 おおマニアックな!
 それこそ「#79111改」辺りに牽かせたら様になりそうですね。9600やら4110も無論似合いそうです。

Posted by sekiyama at 2013年03月25日 02:16
◆G@ひたひたさんへ
コメント、ありがとうございます。

->狭窓が並ぶと実際よりもかなり長く見える
同感です。でもベースプレートがもうちょっと長ければ良かったかなと思っています。

◆sekiyamaさんへ
->「未知数」なスケール
チャレンジはしてみたいものですが、機関車に掛かる負担の事を考えると無理ですね。さすがのXLモーターはそこまで強くないと思います(笑)

->椅子モケット
勉強になりました。こういう豆知識や雑学は大好きです。

->室内灯装備
編成が完成してから挑もうと思っています。残りの8両を作るために必要な経費を計算しただけで目まいがします。マジで。

なお、客車増備に関しては、このまま同じ車両を作るつもりです。バリエーションは無いですがその代わり統一感はありますので、そっちを重視します。

->炭水車も動力車
この案は受け入れられません。私の哲学では、蒸気機関車は動輪を回してこそであって、炭水車を動力化したら夢が無くなっちゃいます。それに、いかに上手く動輪だけを回し、かつ軽量を維持するかを悩みながら考えるのも醍醐味だと私は考えます。最悪の場合は編成の後方に押す機関車を用意するか、または重連に向いてる蒸気機関車を時間をかけて作る手もありますので。あしからず。

ちなみにふっと思ったのですがこの客車が茶色ではなく、青だったら、SUUさんのビックワンに連結したら、シリウス小隊の編成が完成するのでは無いでしょうか。

以上。
Posted by K7A4 at 2013年03月25日 04:58
◆K7A4様
 客車の10幅フルスケールは確かに重量が問題になりそうですね。8幅さえ重量はシビアだと聞きますし。6幅でも作り方次第ではきつかったりします。

 椅子モケットの件は、お役に立てたなら。昔の国鉄(自分が知ってる1970−80年代)は「青」のイメージ有りましたけど、これも今や昔話です。

>客車増備に関しては、このまま同じ車両を作るつもり
 好みの問題もありますがもったいないような。
 C62が活躍したような時代の国鉄の旧型客車列車だと、急行以上だと特ロ(グリーン車)や郵便車・荷物車が入ってきて、それが華を添える感じに。夜行になれば寝台車や食堂車も。
 999と仮定しても、劇場版の展望車は好み分かれるとしても、劇中に二等車や食堂車、病院車は描写されています(アニメの設定資料では更に変な車種も多々)。戦闘車両はイレギュラーなので常時編成に組むもんじゃないですが……。
 基本同じ形状でも、窓割変えたりインテリア変えたら楽しいと思うのですが如何でしょうか?

>炭水車の動力化
 9V時代はこれしか動力化の方法がなかったんですよ(苦笑)。
 また、高額精密な鉄道模型でも炭水車に動力という製品は若干見られます(機関車本体に動力ない分、設計に余裕できてスタイル・ディテール面で有利)。

 ただ、お嫌いになる気持ちもわかります。鉄道模型でもどんなに精密・リアルな模型でもテンダードライブ(炭水車動力)は嫌だ! という声はありますから。
(自分も動力組み込めないサイズの小型機関車で、動力入りの貨車に押させるという運転はあんまり好みではないです。やむを得ずの拙作はいくつかありますが)

 重連や補助機関車は対策としてありでしょうね。C62の重連(函館本線)はよく写真や動画が出てくるはずで、物凄く魅力的です(C62同士の他、C62+D51もありました)。

 「999」だと、444+444+999+客車とか、999+客車+666の編成は劇中の名シーンですね。

 この辺は、手間かけられる価値はあると思います。
Posted by sekiyama at 2013年03月29日 07:34
◆sekiyamaさんへ

とりあえず客車の件は味気のない統一感で通す方針です。それで物足りなくなったり飽きたら、車内のインテリアを改造すればいいことですので。ただ999の様に最後尾に展望車をつけるかは検討中です。全ては完成した編成がC62単体で引っ張れるかどうかにかかっています。それによって編成の構造が決まると私は思います。

->9V時代
まあこの時代は蒸気機関車にとって一番過酷な時代だったと思っています。2004にBigBenBricksの動輪が出る以前は事実上、レールの上に走る動輪が存在しませんでしたから。今の時代のほうが恵まれていると私は実感します。

->動力入りの貨車に押させる
これについてはLEGOの正規に販売された機関車が動力化の余地がなければ、取る手段です。炭水車も動力化出来ない場合の最終手段だと思ってます。多分、これから発売される#79111のウエスタントレインもその部類に入ると感じます。写真を見る限り機関車および炭水車の動力化の余地は微塵も無いと思います。多分。(苦笑)
私でしたら、違和感を感じない機関車で重連してごまかします。(笑)

以上。
Posted by K7A4 at 2013年03月29日 23:38
◆K7A4様
 客車の形状に関しては好みの分かれるところですね。自分はどうしても1両ごとに個性というか無駄に?バリエーションを持たせてしまうことを考えてしまいますから。でも、同じ形で揃っている方が美しいのは事実です。
(余談ですが、フランス国鉄やAmtrakの客車は用途が違っても基本窓割り同じです。合理的でもあり、設計者の思想も感じられます。一方、日本国鉄[JR]やドイツ国鉄[DBAG]では用途によって窓割りは容赦なく変えてきます。この辺の文化差って意外と奥深いのかもしれません)

>>9V時代
 よくよく考えれば12V時代も、ですね。伝説の#7750蒸機も炭水車動力でした。これも鉄道模型の件と同じで、機関車動力のリアルを取るか、炭水車動力ゆえのフォルムの良さを取るか、という問題で答えは出ないのかもしれません。自分は適材適所で切り分けるしかないなぁと考えてます。
 あと、PowerFunctionになってからが恵まれてるというのは同意です。選択肢は格段に増えました。
Posted by sekiyama at 2013年04月02日 03:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック