何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2013年02月20日

【レゴ製品】2013年後半製品の気になるところ「クリエイターハウス」篇

 画像はfbtbより。画像フォルダの一覧こちら。

 速報ではありませんが。但し、或る程度時間が経つと情報もまとまってくるものです。


 #31010 Treehouse  US30ドル税別 356ピース
http://www.flickr.com/photos/fbtbnet/sets/72157632753112105/

 本格的な家というより、少年の遊び場的なニュアンスが強いです。それでも、いやそれだから魅力的。前にも記しましたが、レゴ版「ぼくのなつやすみ」ですね。
 パーツ数は#31009よりも多いのですが、建物を作ることよりも寧ろ、ディテール面に費やされてる感じがします。あと小物にも。
 そういう面ではクリエイターらしくない?
 しかし、クリエイター以外のレゴだったらパネルとか使って手を抜く?ところも、全部ガチにブロック組というのが、このシリーズのこのシリーズたる所以と。


 2本の幹の上に立てられている、という設定のようですね。


 箱写真。楽しさが伝わってくる!
 価格帯としては#31009コテージより少し上なのでしょうか。
 あちらが真面目に小さな家を立てるセットであるのとは、良い意味で差別化出来ていると思います。


 気になるセカンドモデル拡大。小さな農業倉庫? ハーフティンバーが萌えです。緑がいっぱい楽しい雰囲気。#31009と合わせりゃ本当に郊外のダーチャという風情。


 サードモデル拡大。ボートハウス。屋根から背後がいい感じに緑に侵略されてますね。
 ロハスって瀕死語が脳内に蘇ってきそうですよ。


◆◇◆◇◆◇◆    ◆◇◆◇◆◇◆



 #31012 Family House US70ドル税別。756ピース。
http://www.flickr.com/photos/fbtbnet/sets/72157632758065586/

 今までとは二味くらい違う、モダンな家。
 敷地いっぱいのボリューム感も今までにはない魅力でしょう。良い意味で壁も窓も屋根も存在感があります。また、屋根の濃赤と新茶の混ざり方もごく自然な感じ。こうした「混ぜ」はユーザの作品でも普及するかもしれません。

 裏面。小さな窓が却ってリアルティ? 表のガラス張りとは好対照といえましょう。通りに面した部分は防音やプライバシーからこんな感じで壁ばかりの家ってありますものね。
 煙突が2つあるのは面白い。あと、メインの煙突の基部には「レンガブロック」が使われています。

 さて、ヒンジが見えますのは?


 無論……開閉式だから! 広げてドールハウス的に遊べるのはやっぱり魅力。開状態で固定できるのはちょっと新しい。
 なお、各2階というか上半部は勿論取り外し可能。
 アーチの使い方は巧いですね。ただ、閉じた状態で車庫とリビングが繋がってしまうのは……? まぁ愛車家の家と割り切ればこんな作りもありでしょう。ガレージにはこだわった1台を収めたいものです。但し、全長13ポッチが限界なので車は選びますが。


 屋根というか、上半部を外したところ。
 家具は残念ながら「完備」ではありません。但し、今はFriendsなど家具作れるセットも充実していますからそれほど問題にはなりますまい。ソファをもう一つ、あと階段の下にでもキッチン作りたいところです。
 あとは……思い切って半端なガレージを改装するか? 無理に屋内ガレージにしなくても、こっちに水回りとかもってきても良かった気がします。台所もバスルームも作れそうな空間ですものね。


 箱写真。ライトブロックがギミック。前作のようなサウンドブロックよりは現実的でしょう。特に、今回の家の作り的にはライトブロックは効果的。ちなみに交換用LR41電池は意外と安いもののようですよ?
 主人が持っている無線機は……ラジコンカーの送信機という設定。遊びこころいっぱい。


 セカンドモデル拡大。
 良い意味での「普通の家」もできます、と。コンサバティブな貴方にもピッタリ?
 とはいえ、33度屋根ブロック中心の構成はやはり新鮮。庭のジャグジーは先代からの引き継ぎ。
 あとこのモデルもよく見ると「開閉式」のようです。分かってる! セカンドモデルにありがちな格落ち感もありませんから、こっちも作ってみたい。


 サードモデル拡大。小さな工場。
 珍しい題材でありますし、変わり身の大胆さがいいですね。
 ただ、ちょっと建物にボリューム感が少ないような?
 工場というのは面白いですから、ここは改良のしどころかもしれません。


 というわけで。
 両製品とも若干の突っ込みどころはありますが、それでも今までなかった新鮮な魅力たっぷり。2005年から数えて8年目の「家系」として、脱マンネリに十分成功していましょう。
 新規ユーザのみならず、今までレゴの家系買ってきたヘビーユーザにもアピールする力、持ってましょう。
 
 
posted by 関山 at 23:43| Comment(3) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ツリーハウスはイイですねー
「秘密基地はかくあるべき」という要素が全て詰め込まれてる感じで、ニンジャゴーやチーマで遊んでる層でもかなりシンパシーを受けるデザインです。
ちょっと改装すればイーグル族の鳥小屋…もとい家のようなファンタジーライクなイメージに改装しても面白そう。

本命はツリーハウスですがファミリーハウスも中々どうして魅力的。
家モデル2つはどちらもかなり垢抜けてますし、工場モデルは逆に80年代的なノスタルジーがあってもし買ったらガチでどれ組むか迷いそうです;
うーむ、キャラクター性のないシリーズは欲しい欲しいと思いつつも結局流してしまう自分としても、これは両方とも買ってしまいそうですw

PS.この間ちょこっと話したオフ会は(暫定的にではありますが)3/23に開催日を定めて準備&参加者募集してます。
この日取りだと参加は厳しいとは思いますが、一応経過報告をば〜
Posted by イグ at 2013年02月21日 00:49
#31012 は70ドルですか。
5000円だったら3箱は逝かないといけませんね。

4幅車が意外にがんばってますね。
もうちょっと既製品っぽくてもいいようにも思いますが。
Posted by かう゛ぇ at 2013年02月21日 10:00
◆イグ様
 メカではなく、建物系でのレスですので、正直驚いております(笑)。

 と、思いましたら
>「秘密基地はかくあるべき」という要素
 というスタンスですね。でも納得です。このデザインならアクションテーマの層に、クリエイターをアピールすること出来るかもしれませんものね。

>イーグル族の鳥小屋
 その発想は思いつきませんでした(爆)。
 ひょっとしてレゴ社の狙いはそれかも?
 いやでもファンタジー系展開はありでしょうね。
(普通に「森の人」とか「エルフ」とか)

>工場モデルは逆に80年代的なノスタルジー
 なるほど! 云われてみるとそんな感じがします。これも悪の組織が使ってても似合いそう?

>、これは両方とも買ってしまいそうですw
 部品力もえらく高そうですものね、どちらのセットも。クリエイターの身上だと思います。なんだかんだで損はしないようにできてるんですよね。

 オフ会、お誘い有り難うございます(そちらの頁も拝見しました)。いろいろあってきついスケジュールで動けなさそうで申し訳ないです。


◆かう゛ぇ様
 あちらで税別70ドル(あっちは定価=実売)ですから、普通に考えると日本の実売6000台かしら? でも、その価格なら1セットはありだと思ってます。無論、何かの表紙に5000円台なら複数ありですよ? セカンドモデル・サードモデルも組んでみたいですから。
 4幅車は……なんかクリエイターであることに悪い意味でこだわってて、あんまり素直なデザインじゃないかも。大型フェンダー大型タイヤじゃないのは好感ですけど。


Posted by sekiyama at 2013年02月22日 01:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック