何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2013年02月19日

【購入レビュウ】#5766 ログハウス メインモデルとセカンドモデル

 2011年製品ゆえ今更感はありますが。でも現行バリバリの品です。

 購入は発売間もない2011年7月ころ。アメリカでは30ドル税別なのに、日本では4000円程度という価格がちょっと非道だったためあちらから購入。一応、今の日本の実売(3554円)なら許容範囲ですが。

 購入後直ぐにメインモデルに組みました。

 裏面にも窓があります。クリエイター家系は裏面ノッぺラボーがそれまでは普通だったので、結構インパクトがありました。

 また、裏面は開閉できます。このギミックは2011年製品より採用されています。

 「校倉」な表現に感心はしたものの、いまいち押しは強くなかったような。
 理由は明瞭ではありませんが、やはりサイズが「半端」な印象があったからでしょうか。迫力あって大きいわけでもなく、かといって小さく締まったモデルでもないと。
 個人の小屋としては大きすぎ、何らかの公的な施設としてはちと小さい印象が否めません。


 とはいえ、4幅車とのサイズ対比・相性には違和感がありません。
 
 不満ならクリエイターなのですから組換すりゃいいのですが、いろいろあって手がつけられないまま2年経過。
 ですが、#31009の発売でクリエイター家系の組換の楽しさに気が付き(特に開閉式モデル!)、まずはセカンドモデルの公式な開閉式を
組んでみました。40分ほどで完成。

 植物を取り込んだデザインはこの製品のコンセプトに相応しいでしょう。
 正面の大きなアーチも好ましいデザインです。窓は開かないものという割り切りも気になりません。



 あまり画像が出回っていない、閉じた状態。

 メインインストにはないインテリアもあります。暖炉の出来も立派。
 左側にはロフトがありますが、これはインストにあった「補強」をすべて省略して実現したもの。2005年の#4866(家デザイナー)以降、屋根スロープには内部補強が伴ってますが、個人的には不要だと思ってます。
(いや、子供の時力入れすぎて組みかけの屋根をバラバラ、なんて経験繰り返してますけどね。必要な理由もわかってますが)


  但し……意外とボリュームがありません。
 サイズは#31009の組換作(公式ではなく拙作の方)と大差がないのです。
(拙作ほど無理してませんから単純比較は禁物ですが)


 かと言って、余剰パーツはさほど多くありません(屋根補強パーツは上の写真からは抜いています)。
 それほどに開閉式というのはパーツを大量消費するお題でもあるのでしょう。

 こうして考えてみると、最小限のパーツで最大限のボリュームであり、かつ「校倉」な表現もあるメインモデル設計の「巧さ」も再認識させられます。
 そもそも日本人的には大振りに感じられるサイズも、アメリカ人的にはジャストサイズなのかもしれませんしね。

 製品として傑作であるのは云うまでもなく。
 #31009コテージほどのお得感はありませんが、大量の茶色は魅力でもあります。

 次回は、お約束組換拙作篇です。

◆◇◆◇◆◇◆             ◆◇◆◇◆◇◆
   

 現状の価格なら、おすすめできましょう。
 古典レゴの今様と言える#31009とは違う、バリバリに今のレゴといえる魅力はあります。
 
 

posted by 関山 at 16:39| Comment(2) | TrackBack(0) | レゴ製品購入レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
僕も買いましたが、茶色のパーツを手に入れるためのキットですよね(^^;
なんかびびっとくるインストでもないですし、なんでこれがキットで出ているのかよくわかりません。

組み替え用と思ってるんですけど、うちの娘が組んだのでいつ崩したらいいのやら(^^;;
Posted by かう゛ぇ at 2013年02月20日 14:27
◆かう゛ぇ様
 そこまで酷くもないかなぁというのが自分の印象です。
 やはり日本での価格設定ミスが全てだったんじゃないかって思います(苦笑)。3000切ってたら何箱も買ったような気がしますよ。でも最終的には茶色部品取りでしょうけどね(笑)。鉄道車両の古めのやるのに茶色はどれだけあっても無駄にならない色ですから。
Posted by sekiyama at 2013年02月22日 01:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。