何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2013年01月08日

【考察】「新マインドストーム EV3」に思う。マインドストームファンのためのマインドストーム……。

 NXTのver2から幾年月、久々にマインドストームのアップデートです。

 情報源brickset
http://www.brickset.com/news/article/?ID=5375



 うーん。正直なところ「コレジャナイ」感が否定できません。

 まず、余りに高価になってしまったこと。349.99ドル/349.99ユーロって……。
 この価格ではもはや円安も円高も関係なく、日本円で実売35000円コースでしょう。大人のレゴファンでさえ気軽に「お試し」はできない価格です。教材目的でも多数の購入は厳しいんじゃないでしょうか?

 そして、「NXT」の問題点。他のレゴ電気系との互換性の無さが何一つ改善されていません。RCX時代は9Vを他の電気系と共用しておりましたが、NXTとPowerFunctionって互換性が全く存在しないままですよね? システムとして「断絶」があるのってどうかと思うのですが。
 
 正直なところNXTって、「レゴのファンのためのプログラミングデバイス」ではなく、「『マインドストーム』のファンのためのマインドストーム」って感じしかしません。往年のRCX時代ではあり得た、既存のテクニックやトレインなどの作品に組み込んでみるって使い方はもはや想定されていない、と。
 そしてもたらされるユーザコミュニティの「断絶」。まぁ今はレゴのファンも増えて分化されてはおりますから、断絶というより区別化という事なのかもしれませんが。それはそれで寂しすぎます。

 無論、NXTという規格とこれまでのNXTユーザもおりますから、そちらを切り捨てる訳にはいかないでしょう。
 また、他のレゴシステムとの共存のために、拡張しきった機能を縮小するってことも許されないのかもしれません。その意味ではEV3の必然性は理解できます。

 それでも「レゴのファンのためのプログラミングデバイス」が切り捨てられたままというのは一抹の寂しさ感じます。いや、PowerFunctionとUSBを繋ぐ教育用デバイスWedo※を一般向けにリリースし直したり、PowerFunctionの受光ユニットをBluetooth(双方向)にしてくれりゃいい※※だけなんですけど。なんでそれが出来ないのでしょうか?
 PowerFunctionって規格が汎用性に優れているだけに、それがプログラミングできないのって残念過ぎますよ。

 ※:wedoにはセンサーもあります。PowerFunctionは標準で双方向対応なのです。なお、WedoのシステムはPCの存在を前提としているため、RCX/NXTのような大掛かりなユニットは必要としません。

 ※※:BTでシリアル接続できりゃ、PCでもスマホでもレゴを制御できちゃう筈です。



 あと、今回一番不要と思う機能は、ユニット単独でPCレスでプログラムできる機能。
 NXTユニットの半端なキーでプログラミングなんかやりたくないですって! そもそも350ドルのロボット教材購入する人や組織が350ドルも出せば買えるPCを持ってないなんて状況はちょっと想像できません。
 一方でスマホ(Android/iOS)対応は褒めて良いと思いますが……。

 NXTのユーザが読者にいらしたら申し訳ないと思いつつ、新マインドストームがレゴのファン的に余りに「コレジャナイ」と思い、敢えて辛口に記させていただきました。
(製品デザインとしてはテクニックパネル使った造形は好感持てるのですけれど)
 
 欲しいのはPowerFunctionベースのプログラミングデバイス。他のレゴシステムと「断絶」のないシームレスで、価格もリーズナブルなシステムなのです。
 
posted by 関山 at 00:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
350ドルもするんですねコレ…ニクラー的にはトサカやEV3ユニット群の外装デザインにばかり目がいきますが、それ目当てに買えるアイテムではなさそうですね。(あ、もちろんそれを目的にする事自体間違ってるとは思ってます(苦笑))
まぁ、それでも普通に電子制御機械を作る事を考えると安価なんでしょうか…?

オフラインプログラミング機能は、PCで入力したプログラムを実際に動かしながら微調整する作業の時に使えるのであれば、一々PCやスマホを開いたり通信したりしなくて済んで便利かも?

マインドストームがロボットキットとして特化していくとなると、PF向けの軽いプログラムが組めるユニットというのは確かにあってもよさそうですね。
Posted by イグ at 2013年01月08日 01:03
◆イグ様
 ニクラー的にはやはり外装に目が行きますよね。とさかとかフェアリングは確かに魅力的ですよ。何らかの流用が出来ればいいですね。

>普通に電子制御機械を作る事を考えると安価

 レゴのセットというより、そっちを基準に考えたほうが良いのかもしれません。不勉強なのであちらの相場もよくわからないのですが。
 ただ、その比較で割安、としても、やはり多くのレゴファンには手が出せないという意味は変わりませんが。
(SWのファンが高価なUCS買ったり、モジュールビルのファンがビル複数買いしたり、トレインファンがやはり複数買い……とは違う次元のような気がします。メインジャンルなら或る程度予算は青天井ですが、そこを離れるとシビアに考えられてしまうでしょうから)


>オフラインプログラミング機能

 微調整用というのは考え及びませんでした。それが出来るなら確かに必然性はあるのかもしれません。それよりはPC等との通信が簡単に出来る方が良いような気もしますが。この辺はちょっと使ってみないとわからないかも、ですね。

>ロボットキットとして特化していくとなると、PF向けの軽いプログラムが組めるユニット

 うーん。現実解としてこの辺は「分化」するのが進化なのかもしれないですね。マインドストームはマインドストームとして、孤高の存在になるのも已む無し、と。
 無論、そうなると普通のレゴを簡易でもプログラミングできる展開はやはり求められる。今はその「途中」なのだと思いたいです。
Posted by sekiyama at 2013年01月09日 01:51
じぶんは買ってみたんですが
NXTのPCレスプログラミングは使えないですが
EV3の方は簡単なライントレースぐらいならPCレスで作れるので
これはいいと思います。
ただ、ブロックに”IF”文がないのが少し残念ですかね・・・
Posted by 通行人A at 2014年06月19日 17:52
◆通行人A様
 PCレスプログラミング機能は実用性があるのですね。
 NXTからのユーザの声の反映なのかも知れません。情報ありがとうございます。
(if文使えないのは、確かに半端な感じはありますかも)

 PC必須なWedoとの方向性の差異は興味深いのですが、より低価格に出来るはずの(またPFという標準電気系と親和性の高い)Wedoのほうが全く一般発売の流れにならないのは不可解といえば不可解です。また、電子系のコストは普及でいくらでも下がられるはずなのにその流れにも乗っていないですし……。RCX並の機能で低価格で電気系はPF互換なんて出来ないのかしらん……。
 
Posted by sekiyama at 2014年06月21日 08:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック