何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2013年01月01日

【鉄道作品(日本形)】東芝DD41形ディーゼル機関車 華やかなアメリカンスイッチャー


 DD41は、かう゛ぇ様のDD90(DD41の別名)作品を拝見した時から制作熱が燃え上がってたお題です。
 構想数ヶ月、制作6時間。2012年最後のお題として、ギリギリで形になりました。

 実物についてはこちら参照。
 1954年にアメリカの提携先技術で以って東芝で製造。そのおかげでアメリカンスイッチャーっぽい、日本離れした形状をしていました。1形式1両の試作機関車。というよりはメーカーのデモンストレータ、或いはショウモデル的な機関車と云うべきでしょうか。
 自重60トン、全長11.2mと小柄ながら電気式。用途は入換用。

 暫くはDD41 1として国鉄へは貸し出し。後に国鉄が購入しDD90 1に改番。大宮地区の入換機として1971年まで使用されました。この種の試作機としては長生きした部類でしょう。

 なお、日本におけるアメリカ技術のディーゼル機関車としても稀少例の一つですし(他はDD12と釧路臨港鉄道DE601のみ)、東芝の製造したディーゼル機関車としても希少な一例です(国鉄形式としては唯一。JRになってからはHD300が量産中ですが)。

 技術的意義は兎も角、日本の機関車としてはもっとも華やかな装いを身にまとい、そして流線型の掛かったスタイリングは美しいものでした。お陰で特殊な機関車の割に資料は豊富です(画像検索)

 制作題材に選んだのは言うまでもなくデビウ当時の「赤白ツートン、翼模様」の姿。

 車体の方は件の「翼模様」さえ再現できれば特に語るまでもなく。でもレゴによるディジタルな表現にしては巧く行ったと自負。

 車軸配置は実物のB-Bを、小型ボギー車作るときの常で「1-B-1」にアレンジ(車輪位置が少しはリアルに見える)。
 動力は9Vモータ貼り付けだだけで、技術面では特に新味はないです。ただ、実物の分厚い台枠が気になったので、台枠部分はタイルで横組みにしました。


 こんな感じの足回りに、車体を載せた造りです。


 前面の斜めの部分は「はめ込んだ」だけ。ぴったりはまって抜け落ちません。


 第二エンドから。この面も斜めというのが難易度あげています。多少の無理とやっつけで処理。

http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=519532
 brickshelfこちら(検閲中?)

 帰省前の慌ただしい中で写真とったので貨車など用意できませんでしたが、時代的にこの華やかな機関車が相手をしていたのは真っ黒な黒貨車ばかりのはず。同僚も真っ黒な蒸機ばかり。
 さぞかし、派手で目立っていたことでしょうね。それでも「働き者」であったのは既に記したとおり。

 それから、不遇続きだった東芝のディーゼル機関車も今やHD300(これも電気式!)が量産されていますから、(技術的には無縁と言え)遙か先代のDD41も報われた感がありましょう。

============================================

 そんな訳で、年初の挨拶に変えて。
 いきなりゲテモノ? ですが、2013年はまじめにペース上げてがんばりますよ!
 
posted by 関山 at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 鉄道作品(日本形) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
新年早々DD41がくるとは!!
意表をついた記事に新年はじまって30分を待たずにやられたって感じです。

うちのDD90も若干手を入れてみました。
できれば今夜、初夢に間に合うように、遅くとも明日、明後日くらいには写真を撮って出す予定です(^^
Posted by かう゛ぇ at 2013年01月01日 00:34
明けましておめでとうございます!
昨年はお世話になりました。今年も遊んでください。

新年早々、カッコイイ車輌ですね。色も紅白でお正月向き♪
関山さんのビルドに刺激を受けて、更に飛躍したいと思います!
Posted by エフ at 2013年01月01日 07:56
昨年は色々とお世話になりました。
今年もよろしくお願いします。

上がっているのは先日見せてくださった車両ですね。
アメリカンテイストで国鉄車には見えませんよね。

Posted by mazta-k(マツタケ) at 2013年01月01日 11:45
あけましておめでとうございます
本年もよろしくお願い申し上げます

新年いきなりの新作、カラーリングが美しいです。
今年もトレインは盛上りますね。
Posted by m&m at 2013年01月02日 11:19
◆かう゛ぇ様
 いや、かう゛ぇ様の作品が先にあってこその作ですよ。あと、こっちは9Vで動力系ズルして?ますし。DD90の形状でPowerFunction内蔵ってやはり凄いです。

 DD90小改良も拝見しました。大きくした手すりはやはり効果的です。手すりってディーゼル機関車の「要素」として大きいんですよね。電気機関車よりも手すりがインパクトにんること多いような気がします。

 それにしても、同じ機関車ながらDD90のカラーリングも素敵なんですよね。白い台枠が美しすぎる。もう一両というには「重い」お題ですが。


◆エフ様
 喪中故おめでたい……と言えない状況ですが、でもこのカラーリングは新年作品向けではありましょうね(笑)。
 新作。期待しております。
 自分もペース上げていきたいと思います。

◆mazta-k様
 昨年はいろいろ濃厚にお話する機会に恵まれました。今年もまた、と思います。

 アメリカンテイストで国鉄車に見えない、というのはDD41を一番適切に表現していましょうね。ほんとそれだけぶっ飛んだショウモデルだったのでしょう。
 この時代の試作機は先に日立のDF90も作りましたが、他にも魅力的なお題が多々残っています。もう何両か手がけるつもりですよ。

◆m&m様
 こちらこそ、旧年はお世話になりました。
(JAMでの新橋停車場と和風小物のインパクトは大きかったです!)

 カラーリングは「事実は小説より……」を地で行ってると思います(笑)。架空鉄道の架空機関車でこのデザインは難しいでしょう(笑)。
(余談ですが、DD41のモデルになったアメリカの入換機でもここまで派手なのはそうそうないのです)

>今年もトレインは盛上りますね。
 新製品の年、というのは大きいですね。
 盛り上がってほしいものです。 
Posted by sekiyama at 2013年01月02日 16:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック