何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年12月28日

【作品紹介】AP様の#10133 GP38の色替え作品。GP38はカラバリ無限大?



http://blogs.yahoo.co.jp/yakko35_21/53722146.html
 先方の記事

 AP様の#10133 GP38の色替え作品です。
 EMDのGP38という機関車は後継のGP38-2も含めれば極めて大量に(3000両近く!)、そして各鉄道向け※に納入されたものですから、カラーバリエーションは「あって当たり前」なのですよね。

 ※アメリカではディーゼル機関車もまた自動車のようにメーカー主導で作ったものをユーザーが購入するという形が一般にとられます。GP38というのは形式名と言うよりは自動車の「車種」という認識で間違い無いです。ちなみに#10219はSD45がモデルですね。

 AP様の作品は黒とグレー、そこにライム色の帯という渋く、そして今様な感じのするもの。
 ロード・スイッチャーというのは元来実用品ですから、モノトーンはしっくりくるものですし、そこにライム色が入ることで企業色というか、アイデンティティが生まれたような気がします。
 また、蛍光系のカラーが差されてると警戒色としての実用性も感じられます。

 さて。
 レゴのGP38……#10133(BNSF)は先方の記事にもありますよう、今や相場高騰してしまった製品ですが、基本造形は今も通用するものですから、こうした色変えで「再生」してみるのも面白そうです。ロード・スイッチャーとして比較的「小柄」なのもレゴ向け。
 「黒」の他、「赤」「白」「黄」「青」など基本色ベースで、その組み合わせ取り合わせでもアメリカの機関車らしい雰囲気になりそう。ロゴやマーキングでも遊べそうですし。


 画像検索「GP38」より。部分部分に色を「挿してる」カラーリングも少なくないのですね。
 
 
posted by 関山 at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内の作品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック