何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年12月27日

【レゴ製品】新モジュール #10232 「Palace Cinema」派手派手な中華風!



http://www.eurobricks.com/forum/index.php?showtopic=77433
情報源Eurobricks

 レゴの公式で突如発表された画像の模様。他画像及び、価格や時期などの情報は未だありません。
 カテゴリは「#10233 Horizon Express」に次ぐ、「Creater Expert」。まぁこれは日本で、モジュールビルやエメラルドナイトといった10000代エキスパートモデルも「クリエイターシリーズ」として発売してきた流れが逆輸出されたものでしょう。

 モデルになったと思われる、ハリウッドの映画館「Chinesetheatres」
 中華風を意識した派手派手な映画館です。
 
 次期モジュールが映画館という情報は少し流れておりましたが、この方向性は良い意味で予想外でした。ゴシック系のビルか、お馴染みアールデコ的な装飾を予想しておりましたので。
 派手で潰しが利かないように見えて、これはこれで華やかで嬉しいデザインじゃありませんか。個人的には嬉しいデザインです。


 製品部分拡大。
 屋根表現はPeachtree氏の作品を思わせる、製品らしからぬ円筒による瓦表現です。先頭の屋根もこのシリーズに相応しい出来。壁面のダークタンとタンのバランスも堪りません。窓枠が茶色なのも渋さを醸し出していましょう。
 1階部分はポスター並んだ左側面と、ちらりと見える右側面では仕様が違いそうです。
 あと、黒い大型オープンカー(旧式のキャディラック? 如何にもなハリウッドセレブ風)が付属します。運転手付きで女優にカメラ回っていることからするに、やはりハリウッドにあるような、出演者の舞台挨拶もあるような映画館の想定なのでしょうね。
(余談ですが、この映画館の前でレゴの映画版権系テーマのミニフィグでイベントやらせても楽しめそうです。LOTRやSuperHeros、無論STARWARSのファンにだって楽しめる題材が「映画館」なのでしょう!)

 あとはインテリアが気になるところです。
 高さのある建物ゆえ、二階席まで表現されてれば良いのですが。
 或いは、一階はエントランスに割り切り、二階部分劇場という作りかも? 
 
posted by 関山 at 22:55| Comment(3) | TrackBack(0) | レゴ製品(除トレイン) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なぜここで中華風なんでしょう・・・?(^^;
素直にタウンプランの映画館の焼き直しでいいと思うんですけど。

やっぱり人種のいっぱいいるアメリカを意識したモデルなんでしょうね。
ちょっとがっかり。

買ってスパニッシュ風あたりに組み替えるのがいいんでしょうか。

カメラ持ってるのはアジア人という設定?
Posted by かう゛ぇ at 2012年12月28日 09:34
今回は公式サイトの発表まで情報がもれなかったんですね。やりますね。

全体的にはいいのですが、とうとうシールなしの伝統は破られました。

2階部分の外壁ものっぺりとした印象なので、内装に期待です。
Posted by 似非英国紳士 at 2012年12月28日 09:34
◆かう゛ぇ様
 うーん。タウンプラン映画館(アールデコ)のままだと新商品としてのインパクトに欠けますでしょう。その意味ではチャイニーズ・シアターは面白い題材を持ってきたと思うのですが。あと、街の角の建物として或る種の派手さというか華やかさも必要でしょうし。
 スパニッシュ風、というのは実は同感ですので、その方面の組み換えもありかもしれません。なんであれ、中華風もスパニッシュ風もロスアンゼルスだと当たり前かもしれませんけど。

◆似非英国紳士様
 #10000代大物は割と情報漏れませんよね。
 シール……プリントならいいですがどうなることかしら。でもまぁ映画の看板やポスターはシールでも致し方無いかなぁと思ったりもします。

 内装は写真でもチラリとしか見えないのが却って興味そそります。内装写真出てくるのは楽しみです。
Posted by sekiyama at 2012年12月30日 00:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック