何でも扱っています。4.5Vトレインからスター・ウォーズにバイオニクルも!
教材用等の大量調達もお任せください

◆◇◆◇◆◇◆
レゴの「全て」を世界から。日本語日本円・品切れなしのパーツ調達!
絶版パーツ、絶版セットもOK。廉価な中古も扱。


絶版になった特殊部品が欲しい、基本ブロックや特定色の大量の調達がしたい、
とにかく「安く」レゴが欲しい……というビルダーの声にお答えします。
注文を受けてから調達を行うため、即納体制は取れません。
しかし、当店に在庫切れはございません!

カンザンブリックは、日本のレゴビルドを変えてみせます!


◆◇◆◇◆◇◆
カスタムパーツ(BBB他)・カスタムキット(ME Models)の取寄せも

2012年12月25日

【実物鉄道】実験線やメーカーの試験線という設定は如何?

 鉄道玩具や鉄道模型でお馴染みの「円を一周する、オーバルな配線」。こんなの実物の鉄道じゃないよ! って突っ込まれがち。

 でも、山手線や大阪環状線は反証するにはちょっと大きすぎる(笑)。シカゴのLはもう少し小ぶりですが、それでもまだデカい。

 じゃ、鉄道研究施設の試験線や、車両メーカーの試験線(テストコース)は如何でしょう?
 前者では国立(くにたち)の鉄道技術研究所にあった環状試験線が有名でした。昭和34年頃設置、平成になる頃までは残存していたようですが(当時の地図でも確認できる)、使用されていたのは1970年代までだったようです。
http://www.geocities.jp/takeshi_departure/souken.html
 こちらに現地レポあります。但し環状線には触れていませんが……。

 この試験線、施設外にもまたがっていたため踏切数カ所があり、試験時は封鎖の必要があって使用頻度は極めて低かったとか。市街地にあった施設ゆえの制約。但し、ここで電車走らせたらそれこそ鉄道模型のレイアウト的な雰囲気になったでしょう。165系の3両編成を無人運転させた……なんて記事を昔の鉄道ピクトリアルで見た記憶もあります(号数不詳)

 日本ではここだけでしたが(戦前に弾丸列車計画進めていた頃、浜松に作る計画はあったらしい。「幻の国鉄車両」(ama)参照)、この種の施設は社会主義だった国では割とポピュラーなようです。
 ソ連(ロシア)では何箇所もあり、それなりに使われてたとか。詳細はわかりませんが。1982年に放送されたNHKスペシャル「シベリア鉄道」では取材されたらしいのですが。
 あと北京の環状試験線は割と有名で(鉄道博物館も隣接)、使用頻度も低くないとか(但し、騒音問題など起きているようです。ここは今の中国らしい)。
 北朝鮮の鉄道地図(「将軍様の鉄道」(ama)参照)でもそれらしき場所が確認できます。

 さて。
 日本では過去のものになってしまった環状試験線ですが、現在三菱重工業の三原製作所(広島県三原市)ではなんと新設計画があるようです。
 三菱重工は鉄道車両への参入は意外と新しく第二次大戦中から。そして撤退は1970年代末頃……国鉄からの発注が無くなった頃です。事実上機関車専業ゆえの撤退でしょう。
 但し、モノレール(サフェージュ式)や新交通は製造開発を続けており、その流れでLRTなど開発……更には鉄道システム全般への参入を考え、試験線新設とか。以下記事参照(同志社大鉄道同好会BBSより)。
http://drfc-ob.com/wp/?p=27409#comments

 余談ですが、近くの山の上から遠望することもできるようです。
 本格的に使われるようになったら「名物」化するかもしれません。企業機密保持上は望ましくないのでしょうが(苦笑)。

 最後に。模型的にこの種の施設を考えてみましょう。
 まず製作中の車輌でも「試作」「試験中」と納得して走らせられます。輸出向けとか輸入したテストヘッドといいはりゃ日本形と外国型混ざっても平気。入換用などで変な機関車動力車居ても可笑しくない。と割と美味しい要素多いのですよね(笑)。

 まぁ拘ると車両工場とか研究施設とかそれなりに気合の入ったストラクチャも必要になりそうですが。
 

posted by 関山 at 00:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 実物鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
札幌の地下鉄にもその昔、苗穂という地名の
付近に屋外試験線がありました。

http://www.city.sapporo.jp/higashi/satsunae/080827discovery_10.html

数百メートルの円に直線を付けた物で、
割りと都心に近いところでした。

現在は既にありませんが、グーグルマップで見ても、
地形に当時の名残が残っています。

http://www.city.sapporo.jp/higashi/satsunae/080827discovery_10.html
Posted by TOM at 2012年12月26日 10:22
◆TOM様
 去年、TOM様の札幌市地下鉄の記事書くときにこの試験線のことも知り、当該記事も読んでいたのですが……何故か失念しておりました。確かに、日本では戦後2例しか無いんじゃないかと思われる「環状試験線」ですね。
(他の新交通システムやモノレールの試験線実験線でも環状のものは無かったはず※)

※よみうりランドや奈良ドリームランドのはモノレールの実験線ではありましたが、同時に遊園地施設でもあるので性格が違いましょう。

 ロケーションといい、存在期間の短さというかはかなさというか、そして実験内容に至るまで余りに魅力的過ぎますよ。試験に供された車両たちも趣味的に興味深いものばかりですし。しかし、試験の最後の方には営業車1000/2000も運び込んだのかしら?

 何はともあれ、情報ありがとうございました。
Posted by sekiyama at 2012年12月27日 20:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック